業界ニュース情報便

vol.82

「人間関係」で悩む看護師必見のアプリ登場!―開発者インタビュー

株式会社ジェイ・バン(代表取締役・稲場真由美)が独自に開発したアプリ『伝え方ラボ』(https://j-ban.com/el/)が、各方面で注目を集めています。

看護師の人間関係の悩みも劇的に解消される?

『伝え方ラボ』は、相手に合った伝え方、受け止め方、関わり方を教えてくれる便利なクラウドアプリ。スマートフォンやタブレットでも使用でき、活用して他者とコミュニケーションを取るだけで人間関係がスムーズになると評判です。看護師という職業は、患者さん、家族、医師、同僚、院内スタッフ……など、人と接することが圧倒的に多いからこそ、コミュニケーションの問題で悩むことが多いはず。悩み解消に一役買ってくれそうなアプリの中身を聞いてきました。

取材・文/洗川俊一

性格統計学をベースに開発されたアプリ『伝え方ラボ』とは?

ビジネスモデル特許を取得したコミュニケーションメソッド

感謝の気持ちを伝えたつもりが伝わっていなかった……
仕事をお願いしたつもりが伝わっていなかった……
気を遣っているつもりなのに、どうもあの人は苦手で仕事がうまくいかない……

社会人であれば誰もが経験したことがあると思いますが、小さなミスコミュニケーションから、人間関係が悪くなっていきます。自分ではそれほど意識していなくても、それがどんどん積み重なれば相手との溝は深まるでしょう。

「わたしはかつてインナーの販売代理店を経営していたのですが、人間関係が原因で経営危機に直面したことがあります」

そう語るのは、『伝え方ラボ』の開発者である株式会社ジェイ・バン代表取締役の稲場真由美さん。ビジネス特許を取得している『伝え方ラボ』の理論となる「性格統計学」の研究をはじめたのは、自身の失敗体験からだったといいます。

性格統計学とは、稲場さんがコツコツと蓄積してきたのべ12万人とのコミュニケーションの記録を解析し、体系化したもの。データの対象は、お客様、取引先、スタッフなど仕事がらみの人たちだけではなく、知人や友人、家族という身内の人たちまで、稲場さんのまわりにいる人すべてでした。データを重ねたことでわかってきたのは、人それぞれに受け止め方や求めていることにちがいがあることだったといいます。

「自分とタイプがちがう人に対しては、いい方を変えることでうまく伝わり、相手がやる気になり、ものごとがうまく進むことを発見しました」

稲場さんは、経営危機の窮地から、自身が考えたノウハウをスタッフやお客様に実践し、4年間で売上を28倍(28000万)にV字回復。コミュニケーションの改善が人間関係を良好にし、人間関係の改善が業績アップに直結することを自ら証明したのです。

そして12年前、蓄積したデータを「性格統計学」として体系化し、このメソッドを広めるために起業を決意することになります。

人間のタイプはたったの4タイプしかない?

性格統計学では、人を4つのタイプに分類します。その分類方法は、非常にわかりやすい24分割。

ひとつ目の軸は、相手に合わせて動くのが苦にならない人(相手軸)か、自分のペースで動きたい人(自分軸)かという軸。ふたつ目の軸は、臨機応変に行動する人か、計画を立てて行動する人かという軸。このふたつの軸から、4つに分類します。

相手軸のタイプを「Peace(ピース)」自分軸で臨機応変なタイプを「Vision(ビジョン)」自分軸で計画性を重視するタイプを「Logical(ロジカル)」と定義付けます。さらに「ピース」は、臨機応変な「ピースフレキシブル」と、計画性重視の「ピースプランニング」にわかれます。

それぞれの特徴を簡単に紹介すると次のようになります。

あなたはどのタイプ?

【ピース】
和を大切にする気遣い上手な人で、人の役に立つことがやる気の原動力になるタイプ。

【ビジョン】
自分の感性や可能性を大切にしていて、柔軟な発想とチャレンジ精神を持っているタイプ。

【ロジカル】
どんなことも納得を大切にする現実派で、目標を持ち、計画的にものごとを進めるタイプ。

全体に占める割合はピースが約35ビジョンが約25ロジカルが約40になります。

タイプ別に伝え方を変えるだけで人間関係が良好になる!

その4タイプそれぞれに合った伝え方を教えてくれるのが、『伝え方ラボ』です。相手の心に響くから、相手はもちろん、自分自身もストレスを溜めることがありません。

たとえば、相手を褒めるならこんなちがいがあります。

人によろこばれたい、役に立ちたいという性質を持つ「ピース」には、「ありがとう」や「おかげで助かりました」など、感謝の気持ちを言葉にして伝えれば心に響きます。感情豊かな「ビジョン」には、リアクションがなにより重要で、オーバーに「すごーい!」と褒めたりすると、心に響きます。

そうした単純な褒め言葉が心に響かないのが「ロジカル」。ロジカルには、「○○が●●ですばらしいね」とか、「この○○は、さすがに○○さんだね」など具体的にほめることが大切になるそうです。

感謝を伝えるときも、仕事上の報連相もすべてタイプごとに心に響く伝え方があります。同じことを同じように話しても、ある人にはスムーズに伝わるのに、ある人には伝わらなかった経験は誰でもあるはず。でも、それは自分が悪いわけでもなく、相手が悪いわけでもないのです。ただ、相手が異なるタイプだったからなのです。

「そう考えていくと、わたしたちは4分の3の相手に対してストレスを感じながらコミュニケーションを取っていたのです」

ただし、相手のタイプを理解していれば話は変わってきます。そこにこそ、このアプリを使う意味があります。

社内コミュニケーションを円滑にするツールとして、『伝え方ラボ』を活用している大手宅配会社、人材派遣会社、自動車修理販売会社などでは、良好な人間関係の構築、チームワークの向上、仕事の生産性アップにつながると好評です。ハウスメーカーにおいては、さらにお客様へのプレゼンを工夫して、売上アップにも役立っているそうです。

自分がよろこぶことなら相手も必ずよろこぶとは限らないからこそ、人間関係は難しいのかもしれません。4分の3の相手は自分とはちがうわけですから、考え方も嫌いなこともちがってあたりまえ。でも、相手が求めていることにしっかり応えてあげれば、人間関係が悪くなることはないのです。ちなみに、相手のタイプがわかっていれば、たとえ自分の心に響かない伝え方をされてもストレスになることはありませんよね」

人の悩みの9割は人間関係にある――

その悩みの種と考えらえるのは、伝え方、受け取り方、かかわり方から生まれるコミュニケーションギャップです。『伝え方ラボ』は、人間関係の悩みを解決してくれる便利なコミュニケーションアプリとして活用できそうです。

『伝え方ラボ』を体験しよう!

529日(水)~31日(金)に東京ビックサイトで開催される「第7HR EXPO」に『伝え方ラボ』が出展されます。当日は、稲場真由美さんの無料セミナーが各日13:0013:00で開講予定。参加希望の方は、株式会社ジェイ・バンのホームページ(https://j-ban.com/news/hr2019/)、もしくは、フリーダイヤル0120-580-708にお問い合わせください。

 

【プロフィール】

稲場真由美(いなば まゆみ)

人間関係研究家。196510 富山県生まれ。一般社団法人日本ライフコミュニケーション協会代表理事、株式会社ジェイ・バン代表取締役。16年間のべ12万人の統計データによるコミュニケーションメソッド「性格統計学」を考案開発。10年間、セミナー・講演、カウンセリングやコンサルティングを通して普及を行い、2018年1月、念願だったマルチデバイス型ウェブアプリ『伝え方ラボ』を開発(ビジネスモデル特許取得)。「すべての人のよりよい人間関係と幸せのために」を理念に、『伝え方ラボ』を活用した研修やコンサルティングを個人・法人問わず幅広く行っている。

ジェイ・バン
https://j-ban.com/news/hr2019/

業界ニュース情報便 ほかの記事も読む

  1. vol.92 【参加費無料】豪華セミナーが集結! マイナビサンクスフェスタ開催【12月8日(日)12:15~】
  2. vol.91 名匠ニコラ・フィリベール監督最新作『人生、ただいま修行中』インタビュー&聖路加国際大学の特別授業レポート
  3. vol.90 ジェラート ピケ×クラシコのコラボ! 仕事のモチベーションが上がる白衣の着心地を体験レポ
  4. vol.89 映画『人生ただいま修行中』看護師の卵40人の成長を記録した150日間の感動奮闘ドキュメント!
  5. vol.87 在宅における“理想の最期”を最新映画から学ぼう!
  6. vol.88 10月3日(木)@東京「看護師さんのための職場発見セミナー」
  7. vol.86 【レポート】ナース服は試着する時代に! 人気白衣ブランド「クラシコ」が期間限定ショップをオープン
  8. vol.85 看護職員を「今後増やす」、病院の3割超 訪問機能持つ病院は半数
  9. vol.84 5月12日「看護の日」
  10. vol.83 訪問看護師の仕事とは 最新映画から学ぶ在宅医療のリアル
  11. vol.82 「人間関係」で悩む看護師必見のアプリ登場! ―開発者インタビュー
  12. vol.81 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(後編)
  13. vol.80 日本初の国際看護学部が誕生/看護師国家試験で不適切問題
  14. vol.79 【2019年合格発表】第108回看護師・保健師・助産師国家試験の合格状況
  15. vol.78 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(前編)
  16. vol.77 【2019年】第108回看護師・保健師・助産師国家試験、気になる合格率・ボーダは?
  17. vol.76 電子カルテ 統一化・標準化を求める動き/特定看護師の課題「医師の理解が得られていない」
  18. vol.75 病院の就業管理がスマホで可能に/特定看護師への期待と課題
  19. vol.74 地方で深刻な看護師不足-民間頼みの現状で、看護協会が紹介業務を強化も
  20. vol.73 訪問看護に新卒採用/「看多機」-介護も医療も自宅で
  21. vol.72 看護師不足は医師不足より深刻/遠隔死亡診断の動き加速
  22. vol.71 19種の勤務時間で働き方いろいろ!/看護学校入学者40才以上10倍
  23. vol.70 72時間ルール変更による夜勤負担を減らすには? みんなの夜勤手当はどれぐらい?
  24. vol.68 スマートベッドで負担軽減?/ナースコール対応、遅くなる理由
  25. vol.69 72時間ルール変更で「月夜勤増加&離職率アップ!?」
  26. vol.67 「特定行為研修制度」って何?
  27. vol.66 要注意! 看護師も気をつけたい「6月病」とは?
  28. vol.65 潜在看護師、短時間から復職/注目の栄養サポートチームって?
  29. vol.64 被災地で心のケア/ウェア型生体センサー
  30. vol.63 終末期リハビリ/「患者さんの暴力」に病院はどう対応すべきか?
  31. vol.62 国試出題傾向変更で批判殺到/医療的ケア児の通う学校に看護師
  32. vol.61 色効果が患者さんに好影響/児童養護施設
  33. vol.60 看護師の夜勤短縮/自宅で看取り
  34. vol.59 最新治療を動画配信/栄養チューブの誤挿入
  35. vol.58 全国初「医療コンシェルジュ」/新事業・看護師出向
  36. vol.57 大卒プラス2年で看護学学士/看護師国試の新傾向
  37. vol.56 過酷さ増す看護師の労働環境/他
  38. vol.55 犯人は患者さん!? 身近にせまる「看護師ストーカー」
  39. vol.54 コミュニティナース/護身術
  40. vol.53 学費と給料から考える、看護師のコスパ
  41. vol.52 医療現場の未婚化加速/他
  42. vol.51 准看護師の応募者が減少/夜間巡視を助けるライト
  43. vol.50 看護協会が提言する「病院で働く看護職の賃金のあり方」とは?
  44. vol.49 新卒看護師育成で定着率アップ/特定行為に係る看護師の研修制度
  45. vol.48 和歌山県・看護学部新設/週1時間から働ける
  46. vol.47 保育所整備などで働く看護師をサポート/養成課程を一部共通化
  47. vol.46 看護師の「9割超」が身体、精神の疲労を訴える/「高学歴看護師」が増加
  48. vol.45 「災害ナース」の事前登録制度が開始/看護師教育の年限4年を要望
  49. vol.44 看護師の離職率/求人倍率最高も、ミスマッチで就職には繋がらず
  50. vol.43 看護師の「夜勤72時間ルール」が変わる
  51. vol.42 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ2
  52. vol.41 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ1
  53. vol.40 15年連続年休取得の割合50%割れ/他
  54. vol.39 2016年度診療報酬改定 看護師への影響は/他
  55. vol.38 入院患者の満足度、過去最高に/他
  56. vol.37 がん細胞を分離・回収する装置開発/他
  57. vol.36 卵巣がん新薬、腫瘍消失効果確認/他
  58. vol.35 X線胃がん検診、当面は「毎年も可」/他
  59. vol.34 脂肪肝治療のカギとなる物質発見/他
  60. vol.33 災害医療分野の人材養成プログラム開始/他
  61. vol.32 心臓マッサージに新提言/他
  62. vol.31 看護師の届出制度について/他
  63. vol.30 人工血液の臨床試験開始/他
  64. vol.29 糖尿病の貼り薬、開発か/他
  65. vol.28 SOSを発信できるアプリ開発/他
  66. vol.27 痰の自動吸引システム開発/他
  67. vol.26 「心の病」労災認定、過去最多/他
  68. vol.25 准看護師から看護師への道広がる/他
  69. vol.24 新型出生前診断、35歳以下でも判定可能か/他
  70. vol.23 肥満による乳がんのリスク2.25倍に/他
  71. vol.22 認知症ケアの「ユマニチュード」とは?/他
  72. vol.21 血管の位置を確認できる装置、開発/他
  73. vol.20 医療器具使用履歴を「刻印」で簡単管理/他
  74. vol.19 「舌下免疫療法」公的保険対象に/他
  75. vol.18 世界初、精神疾患に関わる遺伝子の働きが明らかに/他
  76. vol.17 生理的なプロセスで眠りをもたらす睡眠薬/他
  77. vol.16 子育て中の看護師に朗報、新保育制度開始/他
  78. vol.14 突発性難聴に対する新たな治療方法が明らかに/他
  79. vol.15 PNSの導入で新たな課題が浮き彫りに/他
  80. vol.13 針なし注射器の開発に成功。実用化への期待高まる/他
  81. vol.12 看護職員の7割以上が疲労感、3割が「切迫流産」に/他
  82. vol.11 看護職員の腰痛訴え85%以上に/他
  83. vol.10 アルツハイマー病、一滴の血液で診断可能に/他
  84. vol.09 スマートフォンで患者の危険を素早く察知/他
  85. vol.08 感情の表現力の低下が、燃え尽き症候群を引き起こす/他
  86. vol.07 見舞い用の花、持ち込み禁止の見直しも/他
  87. vol.06 特定行為にかかわる看護師の研修制度、検討事項も多く/他
  88. vol.05 「勤務編成の基準」ガイドライン策定の実現について/他
  89. vol.03 診療報酬改定をきっかけに病院の大リストラがはじまる/他
  90. vol.04 日本での外国人看護師の受け入れ条件は厳しすぎる?/他
  91. vol.01 注目される「看護専門外来」は、高度化する医療を支える礎に/他
  92. vol.02 いま問われる、男性看護師との円滑なコミュニケーション/他