業界ニュース情報便

vol.55

犯人は患者さん!? 身近にせまる「看護師ストーカー」

近年、看護師のストーカー被害が増えているのをご存じでしょうか。ストーカーになっているのは、実は患者さんということも……。患者さんとのトラブルは上司に報告しづらいため、悩みを抱えてしまう看護師も多いようです。今回は、看護師A子さんが実際に経験したストーカー体験を例に、患者さんへの接し方などを解説いたします。

看護師の熱心な信頼関係構築が「勘違い」に
外科病棟に勤務する、独身でひとり暮らしの看護師A子さん(26才)は、受け持ちをした独身男性患者さんのB氏(43才)からストーカー被害を受けました。
外科病棟は、重症患者さんが比較的少なく、回復して退院していく患者さんがほとんどです。術後の経過によっては長期に入院する患者さんもいるので、その間に患者さんと親しくなることもあります。看護師としては、自分の受け持ち患者さんと信頼関係を築くのは当然のこと。受け持ち意識が非常に高かったA子さんは、骨折で入院していたB氏と積極的にコミュニケーションをとり、信頼関係を構築していました。しかし、A子さんのそういった看護の姿勢が悲劇を生むきっかけとなってしまいました。女性経験の少ない、まじめな性格のB氏は、『自分に好意を抱いている』『自分だけは特別』だと思いこみ、勘違いをしてしまいました。

エスカレートする患者さんの行動
訪室のたびに、A子さんはB氏から「親身に看護をしていただいたお礼に、退院したらご飯をごちそうしますよ」などと声をかけられるようになりました。その言動は日増しにエスカレートし、清拭時には「胸を触らせて」といった驚きのセクハラ発言まで出てくるほど。いくら受け持ち意識が高いA子さんでも、この発言には不快感を覚え、ほかの看護師へ相談することに……。しかし、同世代の看護師もB氏に同じようなことを言われたと話していたので、『自分だけではないのか』と安心し、とくに警戒することなく、それ以降はB氏の発言を聞き流すようにしていました。
B氏が退院する日、退院説明をするためA子さんが訪室したときのこと。思いつめた表情のB氏が「場所を変えて話をしたい」と言い出しました。『退院に際してなにか問題でもあるのかも?』とB氏の申し出を聞き入れ、B氏に言われるがまま、人けのない洗濯室へ。すると、そこでA子さんの想定外のできごとが……。自分の連絡先を渡しながら、「退院してからも会いたい」「ご飯をごちそうするって以前に約束したから、食事に行こう」「連絡先を教えてほしい」と、鬼気迫る表情で迫ってきたB氏。狂気すら感じる表情に恐怖を感じた看護師A子さんは断ることができず、連絡先を教えてしまいました。

家を知られ、ストーカー行為に発展
退院したB氏からは毎日、数時間おきに執拗な誘いのメールが届くようになりました。断ったり、無視をしたりしていると、おとなしそうなB氏からは想像もつかない汚い言葉で書かれた逆ギレのようなメールが届くことも。怖くなったA子さんは、悩んだすえ、『同僚も一緒なら』という条件で食事に行くことにしました。
食事会はとくに何事もなく終わりましたが、お酒を飲み過ぎてしまったA子さん。足元のおぼつかないようすを見たB氏は、『同じ方面なので僕が送ります』と同僚を安心させ、A子さんを家まで送ることに――これが悲劇の始まりでした。
A子さんの住所を知ったB氏のストーカー行為がその日から始まりました。家の前で待ち伏せされたり、在宅中に突然ドアを叩かれたりするなど、行動はどんどん過激に。身の危険を感じたA子さんは、転居したうえに携帯番号も変更して、ストーカー対策をとりました。しかし、ほっとしたのもつかの間。これが裏目にでて、B氏は勤務先の病棟に訪れ、さらには帰宅するA子さんを尾行するようになりました。精神的にも肉体的にも追いつめられたA子さんは、師長へ相談。病院運営改善部や医療安全部が動いて、B氏の出入りを禁止にし、ストーカー行為を免れることになりました。

危険を感じたら、すぐに上司に相談することが大切
看護師は、ストーカー相手が患者さんだとなかなか上司には報告しづらいものです。しかし、行動がエスカレートすると、自分や同僚レベルではどうにもできなくなる事態に発展してしまうため、患者さんのストーカー行為からは、病院全体で看護師を守っていく必要があります。患者さんの言動に危険や違和感を覚えたら、必ず上司に相談するようにしましょう。

文:看護師 水谷良介

業界ニュース情報便 ほかの記事も読む

  1. vol.88 10月3日(木)@東京「看護師さんのための職場発見セミナー」
  2. vol.87 在宅における“理想の最期”を最新映画から学ぼう!
  3. vol.86 【レポート】ナース服は試着する時代に! 人気白衣ブランド「クラシコ」が期間限定ショップをオープン
  4. vol.85 看護職員を「今後増やす」、病院の3割超 訪問機能持つ病院は半数
  5. vol.84 5月12日「看護の日」
  6. vol.83 訪問看護師の仕事とは 最新映画から学ぶ在宅医療のリアル
  7. vol.82 「人間関係」で悩む看護師必見のアプリ登場! ―開発者インタビュー
  8. vol.81 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(後編)
  9. vol.80 日本初の国際看護学部が誕生/看護師国家試験で不適切問題
  10. vol.79 【2019年合格発表】第108回看護師・保健師・助産師国家試験の合格状況
  11. vol.78 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(前編)
  12. vol.77 【2019年】第108回看護師・保健師・助産師国家試験、気になる合格率・ボーダは?
  13. vol.76 電子カルテ 統一化・標準化を求める動き/特定看護師の課題「医師の理解が得られていない」
  14. vol.75 病院の就業管理がスマホで可能に/特定看護師への期待と課題
  15. vol.74 地方で深刻な看護師不足-民間頼みの現状で、看護協会が紹介業務を強化も
  16. vol.73 訪問看護に新卒採用/「看多機」-介護も医療も自宅で
  17. vol.72 看護師不足は医師不足より深刻/遠隔死亡診断の動き加速
  18. vol.71 19種の勤務時間で働き方いろいろ!/看護学校入学者40才以上10倍
  19. vol.70 72時間ルール変更による夜勤負担を減らすには? みんなの夜勤手当はどれぐらい?
  20. vol.68 スマートベッドで負担軽減?/ナースコール対応、遅くなる理由
  21. vol.69 72時間ルール変更で「月夜勤増加&離職率アップ!?」
  22. vol.67 「特定行為研修制度」って何?
  23. vol.66 要注意! 看護師も気をつけたい「6月病」とは?
  24. vol.65 潜在看護師、短時間から復職/注目の栄養サポートチームって?
  25. vol.64 被災地で心のケア/ウェア型生体センサー
  26. vol.63 終末期リハビリ/「患者さんの暴力」に病院はどう対応すべきか?
  27. vol.62 国試出題傾向変更で批判殺到/医療的ケア児の通う学校に看護師
  28. vol.61 色効果が患者さんに好影響/児童養護施設
  29. vol.60 看護師の夜勤短縮/自宅で看取り
  30. vol.59 最新治療を動画配信/栄養チューブの誤挿入
  31. vol.58 全国初「医療コンシェルジュ」/新事業・看護師出向
  32. vol.57 大卒プラス2年で看護学学士/看護師国試の新傾向
  33. vol.56 過酷さ増す看護師の労働環境/他
  34. vol.55 犯人は患者さん!? 身近にせまる「看護師ストーカー」
  35. vol.54 コミュニティナース/護身術
  36. vol.53 学費と給料から考える、看護師のコスパ
  37. vol.52 医療現場の未婚化加速/他
  38. vol.51 准看護師の応募者が減少/夜間巡視を助けるライト
  39. vol.50 看護協会が提言する「病院で働く看護職の賃金のあり方」とは?
  40. vol.49 新卒看護師育成で定着率アップ/特定行為に係る看護師の研修制度
  41. vol.48 和歌山県・看護学部新設/週1時間から働ける
  42. vol.47 保育所整備などで働く看護師をサポート/養成課程を一部共通化
  43. vol.46 看護師の「9割超」が身体、精神の疲労を訴える/「高学歴看護師」が増加
  44. vol.45 「災害ナース」の事前登録制度が開始/看護師教育の年限4年を要望
  45. vol.44 看護師の離職率/求人倍率最高も、ミスマッチで就職には繋がらず
  46. vol.43 看護師の「夜勤72時間ルール」が変わる
  47. vol.42 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ2
  48. vol.41 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ1
  49. vol.40 15年連続年休取得の割合50%割れ/他
  50. vol.39 2016年度診療報酬改定 看護師への影響は/他
  51. vol.38 入院患者の満足度、過去最高に/他
  52. vol.37 がん細胞を分離・回収する装置開発/他
  53. vol.36 卵巣がん新薬、腫瘍消失効果確認/他
  54. vol.35 X線胃がん検診、当面は「毎年も可」/他
  55. vol.34 脂肪肝治療のカギとなる物質発見/他
  56. vol.33 災害医療分野の人材養成プログラム開始/他
  57. vol.32 心臓マッサージに新提言/他
  58. vol.31 看護師の届出制度について/他
  59. vol.30 人工血液の臨床試験開始/他
  60. vol.29 糖尿病の貼り薬、開発か/他
  61. vol.28 SOSを発信できるアプリ開発/他
  62. vol.27 痰の自動吸引システム開発/他
  63. vol.26 「心の病」労災認定、過去最多/他
  64. vol.25 准看護師から看護師への道広がる/他
  65. vol.24 新型出生前診断、35歳以下でも判定可能か/他
  66. vol.23 肥満による乳がんのリスク2.25倍に/他
  67. vol.22 認知症ケアの「ユマニチュード」とは?/他
  68. vol.21 血管の位置を確認できる装置、開発/他
  69. vol.20 医療器具使用履歴を「刻印」で簡単管理/他
  70. vol.19 「舌下免疫療法」公的保険対象に/他
  71. vol.18 世界初、精神疾患に関わる遺伝子の働きが明らかに/他
  72. vol.17 生理的なプロセスで眠りをもたらす睡眠薬/他
  73. vol.16 子育て中の看護師に朗報、新保育制度開始/他
  74. vol.14 突発性難聴に対する新たな治療方法が明らかに/他
  75. vol.15 PNSの導入で新たな課題が浮き彫りに/他
  76. vol.13 針なし注射器の開発に成功。実用化への期待高まる/他
  77. vol.12 看護職員の7割以上が疲労感、3割が「切迫流産」に/他
  78. vol.11 看護職員の腰痛訴え85%以上に/他
  79. vol.10 アルツハイマー病、一滴の血液で診断可能に/他
  80. vol.09 スマートフォンで患者の危険を素早く察知/他
  81. vol.08 感情の表現力の低下が、燃え尽き症候群を引き起こす/他
  82. vol.07 見舞い用の花、持ち込み禁止の見直しも/他
  83. vol.06 特定行為にかかわる看護師の研修制度、検討事項も多く/他
  84. vol.05 「勤務編成の基準」ガイドライン策定の実現について/他
  85. vol.03 診療報酬改定をきっかけに病院の大リストラがはじまる/他
  86. vol.04 日本での外国人看護師の受け入れ条件は厳しすぎる?/他
  87. vol.01 注目される「看護専門外来」は、高度化する医療を支える礎に/他
  88. vol.02 いま問われる、男性看護師との円滑なコミュニケーション/他