NO IMAGE
  • 2022年9月21日
  • 2022年9月21日

日医・釜萢氏「1日100万回に積み増し必要」新ワクチン接種、年明けの拡大見据え

 
9月14日、日本医師会の釜萢敏常任理事は定例記者会見で、集団接種や職域接種、個別接種の体制整備を地域ごとに急ぐ必要性を強調しました。オミクロン株に対応できる新ワクチンの接種は20日に開始され、岸田首相は1日100万回超のペースで接種できる体制を整備していく方針です。

日本医師会の釜萢敏常任理事は14日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの年明け以降の感染拡大を抑えるには、オミクロン株に対応する新型ワクチンの希望者への接種を年内の早い段階で進める必要があるとの認識を示した。【兼松昭夫】

釜萢氏は、「1日100万回の接種にさらに積み増しをしなければならない」「総力体制が必要」などと、集団接種や職域接種、個別接種の体制整備を地域ごとに急ぐ必要性を強調した。

オミクロン株に対応できる新しいワクチンの接種は20日に始まることになり、岸田文雄首相は、1日100万回超のペースで接種できる体制を整備する方針を示している。

釜萢氏はまた、新型ワクチンへの切り替えに伴い、現在は5カ月とされている接種期間が短縮されれば「接種可能な対象者は確実に増える」とも述べた。


出展:医療介護CBニュース