NO IMAGE
  • 2022年8月10日
  • 2022年8月22日

新型コロナワクチン4回目接種の対象拡大せず~厚科審分科会が意見まとめる

 
8月8日、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会で4回目接種の対象者について議論されました。それによると接種対象者の範囲は拡大せず、60歳以上の人、18歳以上で基礎疾患・重症化リスクの高い人、重症化リスクの高い人が多数集まる医療機関・高齢者施設などの従事者が対象となると公表されました。

厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会が8日開かれ、新型コロナワクチンの4回目接種について、対象者の範囲を拡大しないとの意見を取りまとめた。【新井哉】

4回目接種については、重症化予防を目的に、60歳以上の人と18歳以上で基礎疾患・重症化リスクの高い人に加え、重症化リスクの高い人が多数集まる医療機関・高齢者施設などの従事者が対象となっている。

今回の分科会では、4回目接種の対象者を拡大するかどうか議論した。委員からは、いったん対象を拡大したら歯止めを掛けるのが難しいとの指摘が出たほか、既存のワクチンによる4回目接種よりも、オミクロン株対応ワクチンの接種を優先すべきとの意見も出た。


出典:医療介護CBニュース