NO IMAGE
  • 2022年6月24日
  • 2022年6月24日

「コロナ後遺症」医療従事者に最新の情報提供~東京都が7月にオンラインセミナー開催を発表

 
6月23日、東京都新型コロナウイルス感染症対策本部は、「新型コロナウイルス後遺症オンラインセミナー」を7月31日にweb開催すると発表しました。
医師・看護師・薬剤師などの医療従事者ら1,000名を対象に、新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(いわゆる後遺症)の実態などについて、東京iCDC後遺症タスクフォース座長の小坂健氏や、国立国際医療研究センターの森岡慎一郎氏らの講演があります。同セミナーは後日動画でも配信予定で、東京都外の方も申込可能ですので、ぜひご検討ください。

東京都新型コロナウイルス感染症対策本部は、「新型コロナウイルス後遺症オンラインセミナー」を7月31日に開催すると発表した。医師・看護師・薬剤師などの医療従事者らを対象にしたもので、新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(いわゆる後遺症)の実態などについて理解を深めてもらう狙いがある。【新井哉】

オンラインセミナーでは、専門家や後遺症の治療に当たっている医師らが、「後遺症の実態や治療方法」「最新の知見や情報」などを提供する。

定員は1,000人(先着順)で、7月22日午後5時まで参加申込フォーム(https://www.shinsei.elg-front.jp/tokyo2/uketsuke/form.do?id=1654743045598)で受け付ける。


出展:医療介護CBニュース