家庭でも仕事でも輝きたい!キャリアの話

看護助手(看護補助者)とは? 仕事内容や平均給与を徹底解説!

看護助手の女性と看護師

「看護助手(看護補助者)とは、どのような仕事をするのだろうか」「自分に向いているのだろうか」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。看護助手は大変な面もある一方、メリットややりがいも多くあります。看護助手の概要を知っておくことで、適性を判断できるようになるでしょう。

当記事では、看護助手の仕事内容や平均給与、勤務スケジュールなどを紹介します。やりがいや大変な面、持っておくとよい資格なども解説するため、看護助手の仕事に就くことを検討する際の参考にしてください。

看護助手(看護補助者)とは?

看護助手(看護補助者)とは、資格や業務経験がなくても医療現場で働くことができる職種です。注射や採血などの医療行為は行えないため、主に看護師の補助業務や、患者の介助・身の回りのお世話などを担当します。

医療行為は行えなくても、医療現場でチームの一員として働くことができ、人手不足の医療業界で常に必要とされているやりがいのある仕事です。経験がなくても看護助手になれるため、年齢を問わずさまざまな人が活躍しています。

看護師・准看護師との違い

看護助手と、同じく看護に携わる看護師・准看護師で異なる点は、資格の要否と業務内容です。

職種 資格の要否 業務内容
看護助手 不要 医療行為以外の補助業務、患者の介助等
看護師 国家資格が必要 主体的に診察補助や看護業務を行う
准看護士 都道府県知事免許が必要 指示を受け診察補助や看護業務を行う

資格面では、看護助手は不要であることに対し、看護師・准看護師は必要です。業務面では、医療行為が行えるかどうかの違いがあります。

お一人で悩まず、看護師専任のキャリアアドバイザーに相談してみませんか?

看護助手の主な仕事内容

介助をする看護助手の女性

看護助手の仕事内容は、看護師のサポート業務から患者の入院生活のお世話全般まで多岐にわたります。その中で代表的なものは、次の4種類です。

○看護師補助
看護師の指示を受け、患者が検査や医療行為を受ける際などに、問診票を渡す、診察室へ誘導するといった補助業務全般を行います。
○介助業務
患者の介助全般を行います。例えば入浴、食事や排泄、移動時の介助などが挙げられるでしょう。また、着替えの手伝いやおむつ交換、検査の付き添いなども看護助手の仕事です。
○環境整備
ベッドシーツの交換や洗濯、ベッドメーキング、診察室や病室など病院内の清掃とごみの回収といった医療現場の環境を整える業務も、看護助手の大切な仕事です。
○その他
カルテの作成代行や整理、運搬の業務、使用後の医療器具を洗浄・滅菌・消毒する業務も看護助手が行います。また、患者に書類を渡す、医師に検査結果を伝えるといった、情報の受け渡し作業も仕事内容です。他にも、備品管理や受付業務を行うこともあるでしょう。

【配属別】看護助手の仕事内容

看護助手の仕事内容は、配属先によっても異なります。主な配属先5ヶ所の例は、以下のとおりです。

○外来
外来患者が処置を受ける際の準備や環境整備が中心です。例えば、使用する器具の洗浄・滅菌・補充や、車いす・ストレッチャーなどの管理などが挙げられます。
○病棟
入院患者のお世話や介助業務が中心となります。診療科ごとに臨機応変の対応が求められることが特徴です。例えば産婦人科では、出産直後の乳児のケアなども求められるでしょう。
○オペ室
手術時に医師や看護師が使用する器具の洗浄・滅菌や、オペ室の環境整備を中心に担当します。場合によっては、オペ時のサポートや中央材料室との兼務も発生するでしょう。
○内視鏡室
内視鏡検査関係の医療機器にかかる洗浄や管理を中心に、内視鏡検査に使うベッドなどの環境整備も行います。
○中央材料室
中央材料室とは、病院内で使用する医療器具を一括して管理し、洗浄・滅菌・配置などを行う場所です。看護助手は主に、洗浄・滅菌作業を担当することとなります。

お一人で悩まず、看護師専任のキャリアアドバイザーに相談してみませんか?

看護助手の平均給与

看護助手の平均給与(貯金箱)

看護助手における男女平均・男性・女性の平均年収は、下記のとおりです。なお、表の数字は厚生労働省が発表した「令和2年賃金構造基本統計調査」を参考にしています。

男女平均 男性 女性
約312万円 約329万円 約308万円

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」

看護助手の平均年収は、男性が約329万円、女性が約308万円と、男性のほうが21万円高い状況です。超過実労働時間数が多い場合や、大手総合病院のような規模が大きい職場に勤めている場合は、収入が高くなる傾向にあります。

職種別に見ると、看護助手の平均年収は下記のとおりです。なお、下表の金額はすべて男女平均となります。

看護助手 看護師 准看護師
約312万円 約491万円 約413万円

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」

平均年収を職種別に見ると、看護師は約491万円、准看護師は約413万円であることに対して、看護助手は約312万円にとどまります。看護師・准看護師は資格があり医療行為を行えること、看護助手は超過実労働時間数が少なめであることが主な理由です。

看護助手の勤務スタイル

病院で働く看護助手の女性

看護助手の勤務形態は、看護師と同様に交代制勤務となります。夜勤業務や土日出勤もあるため、勤務曜日を固定する・必ず土日を休みにするといった働き方は難しい傾向です。

看護助手の代表的な勤務スタイルとそれぞれの特徴は、以下のとおりです。

二交代制 ・日勤と夜勤の2つのシフトを、日によって交代で勤務
・三交代制と比べて、1シフトあたりの勤務時間は長めだが、1ヶ月あたりの夜勤日数は少なくなる
三交代制 ・日勤・準夜勤・深夜勤の3つのシフトを、日によって交代で勤務
・二交代制より、1つのシフトあたりの勤務時間は短くなるが、1ヶ月あたりの夜勤日数は多くなる
シフト制 ・日勤と夜勤に加え、各病院が独自に定める交代時間に応じて勤務
・早出や遅出など、さまざまな勤務形態がある

看護助手の1日のタイムスケジュール

二交代制で病棟勤務の場合、1日の流れは以下のとおりです。日勤と夜勤では、仕事内容が大きく変わります。

日勤
7時 夜勤担当者から引継ぎを受ける
午前中 朝食の配膳、食事介助、歯磨きのフォロー
排泄の介助、おむつ交換、清拭
病室や病院内の環境整備
12時 昼食配膳、食事介助、歯磨きのフォロー
13時 休憩
午後 入浴介助
水分補給、機器チェックなど
シーツ交換など環境整備
17時 夕食の配膳、食事介助、歯磨きのフォロー
夜勤者へ引継ぎ
夜勤
18時 おむつ交換など
21時 消灯、トイレ誘導
22時 仮眠
夜間 病棟巡回、おむつ交換など
6時 起床時のお手伝い
7時 日勤担当者へ引継ぎ

お一人で悩まず、看護師専任のキャリアアドバイザーに相談してみませんか?

看護助手として働くメリット

医療現場で患者と長い時間接することのできる看護助手には、多くのメリットがあります。

・無資格・未経験でも医療関係の仕事に携われる
医療現場で仕事をしたいと考えても、看護師は国家資格が、准看護師は都道府県知事免許が必要であるため、誰でもできるものではありません

その点、看護助手であれば、資格や経験がなくても看護師など医療従事者と一緒に仕事をすることができます。誰かの役に立ちたいと思ったときに、誰にでも挑戦できる間口の広さが魅力です。

・需要が高く年齢を問わず活躍できる
看護師や准看護師は誰でもなれる職種ではないため、医療現場では日常的に人手が不足しています。そのため、看護師のサポートができる看護助手は需要が高く、年齢に関係なく求められる職種です。

経験がなくても活躍できる職種であることや、担当できる仕事内容が多岐にわたることも、年齢を問わず活躍できる要因といえるでしょう。

・医療や介護に関する知識が身に付く
看護助手は医療行為を行うことはできません。ただし、医療器具の管理・患者の身の回りのお世話や介助業務などは中心になって行います。そのため、医療や介護に関する基本的な知識を身に付けることが可能です。

介護面では介助の基本的な技術が身に付くため、今後のキャリアアップや家庭での介護にも活かせます。

・看護師や介護士を目指す礎になる
看護助手として働くことで、医療現場での勤務経験を積むことができます。看護師を目指す場合、看護助手としての実務経験があれば、資格取得後スムーズに仕事に慣れることができるでしょう。

介護士に転職する場合も、看護助手として働いた際の介助経験や、医療の基本的な知識がそのまま介護業務で活かせるため、即戦力となれます。

看護助手のやりがい

やりがいを感じている看護助手の女性

看護助手は、以下のとおり人の役に立っていることを実感できる場面が多く、やりがいを感じられる職種です。

・看護師や医師のサポートができる
看護助手は、器具やカルテを準備する、検査結果を伝えるなど、日常的に看護師や医師の業務を補助します。多忙な看護師や医師を上手にサポートできたときは、やりがいを感じられるでしょう。

・患者やその家族に寄り添うことができる
患者と接する機会が多い看護助手は、患者の気持ちに寄り添いフォローすることも大切な仕事です。コミュニケーションを重ねることで、心を開いてもらえたり感謝の言葉をもらえたりしたときは、大きな喜びを感じられます。

・医療現場の土台を支えることができる
医療器具の洗浄や環境整備など全ての仕事が、医療を土台から支える責任を伴う仕事です。その分、やりがいも大きいといえます。

看護助手の大変な一面

看護助手はメリット・やりがいが多い一方で、大変な一面もあります。医療機関や配属先によって状況や大変さが異なるため、事前によく確認しておくと安心でしょう。

・人間関係で悩む場合がある
看護助手は看護師や患者と接する機会が多いため、コミュニケーションが円滑にいかない場合は苦労することもあるでしょう。

・慣れるまでは体力的に大変
介助業務やおむつ交換のような力仕事があったり、基本的に勤務時間中は立ちっぱなしであったりと、慣れるまでは体力的に大変な仕事です。

・休みが取りづらい
二交代制や三交代制などのシフトで交代で夜勤しながら働くため、まとまった休みや、休みたい日に休みを取ることが難しい大変さがあります。医療機関によって比較的休みを取りやすいところもあるため、勤務先を選ぶ際に確認しておくとよいでしょう。

看護助手が向いている人

患者とコミュニケーションする看護助手の女性

ここでは看護助手に向いている人の主な特徴を紹介します。

・コミュニケーションを取ることが苦にならない人
看護師や医師、患者など多くの人と接する機会がある看護助手は、コミュニケーションの機会も多めです。各所との連携や患者の心情を推し量ることが求められる場面も多いでしょう。そのため、自分から進んで情報の共有や収集ができる人は、看護助手に向いています。

・タフな人
体力面や精神面でタフな人は、看護助手にとても適しています。力仕事や、1日中病院内を動き回ることも多いため、特に体力や筋力は求められるでしょう。

・臨機応変に対応ができる人
医療現場では患者の状態の急変や、突然の患者の受け入れなど想定外のことが多く起こります。また、看護師などの指示に従って仕事をする場合は、日によって仕事内容が変動します。そのため、状況に応じて迅速に責任感を持って対応できる人は看護助手に向いています。

・新しいことを覚えることが好きな人
日々、新しい治療法や新薬、医療器具などが導入される医療現場では、毎日が勉強です。新しいことに出会っても臆せず、知識を身に付けていきたいと思える人は看護助手としてスキルアップできるでしょう。

・チームプレーが好きな人
看護助手の仕事は、看護師などとの連携が必要なものばかりです。患者の状態を看護師とこまめに共有し、気になったことをそのままにしないことが、適切な治療につながります。他者と連携して動くことが好きな人は、看護助手の適性が高いといえるでしょう。

お一人で悩まず、看護師専任のキャリアアドバイザーに相談してみませんか?

看護助手が向いていない人

看護助手に向いていない人の特徴は、以下のとおりです。該当する場合でも看護助手になれないわけではないため、参考程度にとどめてください。

・他者と接することが苦手な人
看護助手は、看護師や患者とコミュニケーションを取る機会が多くあります。また、患者の身体介助業務を担当する場合は、他者の身体に密着する必要があるでしょう。他者と会話したり触れ合ったりすることが苦手な場合、苦労する場面が多いといえます。

・自発的に行動することが苦手な人
看護助手は、患者の様子が変化した場合や、予定が変更になった場合などには、自分で考えて行動することを求められます。そのため、指示がないと動けない人や、自分で考えて行動することが苦手な人は、看護助手には向きません。

・協力して動くことが苦手な人
医療現場で仕事を進めるためには、他者との連携が不可欠です。そのため、人と協力することが苦手な場合、業務を円滑に進めることが難しくなるでしょう。

看護助手になるためには?

看護助手の勉強をする女性

看護助手になるためには、資格や経験は不要です。ただし、有資格者や経験者は採用時に有利になったり、職場における周囲からの信頼や評価が上がったりと、さまざまなメリットがあります。業界の知識や経験があることで、自分自身が自信を持って安心して仕事に取り組めるようになるでしょう。

ここからは、看護助手になるうえで持っておくと有利になる資格2つと、活かせる経験を紹介します。よりスムーズに看護助手として仕事を進め、活躍したい人は参考にしてください。

看護助手認定実務者試験を受ける

看護助手認定実務者試験は、全国医療福祉教育協会が実施する民間の資格試験で、看護助手に必要とされる知識や技能を確認する内容となっています。試験の概要は下記のとおりです。

試験日程 年4回(3月・6月・9月・12月)
試験会場 ・在宅受験
一般は自宅で受験
※在宅受験は日本国内のみ・会場受験
対象となる通学受講生は学校、スクールの教室等で受験が可能
受験料 ・一般受験は、5,000円(税込)
・認定機関の通学受講生の場合は、4,500円(税込)
試験形式 マークシート形式で35問出題
試験時間 90分
出題内容 「看護助手業務と役割の理解」と「患者の理解」からそれぞれ10問、「看護助手業務を遂行するための基本技術」から15問出題
合格基準 6割以上の正答率
合格率 60%から80%程度

(出典:全国医療福祉教育協会「看護助手認定実務者試験」

看護助手認定実務者試験は、受験資格が不要で誰でも受験できることが魅力です。試験に合格することで看護助手として必要なスキルを有している証明となるため、即戦力として見てもらえ、採用時や待遇面で有利となります。

試験に向けて勉強することで専門知識が身に付くため、仕事を始めた直後からスムーズに看護師からのニーズに応えられ、安心して仕事ができることも魅力です。

また、介護の仕事をする場合にも有利に働くでしょう。看護助手が経験する介助業務に関するスキルは、介護業界でも必要とされているためです。試験勉強をする際は、公式のテキストと過去問題集を使って独学する方法か、通信講座を利用する方法があります。通信講座を利用する場合は、全国医療福祉教育協会認定の講座を利用すると、修了課題の基準点クリアで資格認定を受けられるためおすすめです。

お一人で悩まず、看護師専任のキャリアアドバイザーに相談してみませんか?

メディカルケアワーカー®の資格を取る

メディカルケアワーカー®は、医療福祉情報実務能力協会が実施する民間の資格試験で、2級と1級の2種類があります。概要は下記のとおりです。

試験日程 年3回(3月・7月・12月)
試験会場 在宅試験
受験料 2級 7,700円
1級 8,700円
出題範囲 2級 ・学科は20問出題
「病院環境衛生学」「医科薬科学」から出題
・文章作成を800文字程度
学科出題範・ガイドラインから出題
1級 ・学科は25問出題
「病院環境衛生学」「医科薬科学」「基礎心理学」「実技緒論」から出題
・文章作成を800文字程度
学科出題範・ガイドラインから出題
合格率 2級 72.7%
1級 75.8%

(出典:医療福祉情報実務能力協会「メディカルケアワーカー®(看護助手)検定試験」

メディカルケアワーカーの資格試験を受けるためには、受験資格を満たす必要があります。2級は、医療福祉情報実務能力協会が規定する実務経験1年以上か、協会認定の講座の受講修了が必要です。1級を受けるためには、2級を合格する必要があります。なお、1級と2級の併願受験も可能です。

資格を取得することで実務能力が証明され、採用時に有利になったり資格手当がもらえたりするなど多くのメリットがあります。また、将来介護の仕事をしたい場合や、現在介護の仕事をしておりスキルアップしたい場合にも役立つでしょう。

メディカルケアワーカーは公式のテキストや問題集がないため、独学する場合は各学科に対応した参考書を自分で探して購入する必要があり、難易度が高くなる傾向です。そのため、効率的に学びたい場合は通信講座を利用することをおすすめします。

介護関連の資格や実務経験を活かす

看護助手の業務には、患者のお世話や介助業務など介護で高齢者に対して行う業務と同様のものが多く含まれています。そのため、介護職員初任者研修や介護福祉士など介護系資格があれば歓迎されるでしょう。

他にも、入浴や食事の介助や、ベッドから車いすに移動する際のサポートなどの経験があれば、そのまま看護助手の業務で活かすことができます。また、高齢者の多い医療機関であれば、介護施設における高齢者対応の経験者は喜ばれるでしょう。

まとめ

看護助手は、医療行為以外の看護師の補助業務や患者の介助などを行う需要の高い職種です。資格がなくても医療現場の仕事に携わることができます。人の役に立てることを実感でき、やりがいやメリットの多い仕事ですが、体力的に大変だったり休みがとりづらかったりするデメリットもあります。

看護関係の仕事に挑戦したいと考えている人は「マイナビ看護師」で求人を探すことがおすすめです。勤務形態や雇用形態、勤務地などこだわりの検索条件から、自分に合った求人情報を簡単に探せます。

お一人で悩まず、看護師専任のキャリアアドバイザーに相談してみませんか?

家庭でも仕事でも輝きたい!キャリアの話

  1. 助産師の仕事はきつい? 看護師との違いや大変と感じる理由・対策法も
  2. 看護師に向いている性格とは? 向いていないと感じるときの対処法も
  3. 准看護師ができないことは何? 仕事内容やキャリアアップの仕方を解説
  4. フィジカルアセスメントとは? 5つの手順と2つのコツについて解説
  5. 看護師の約9割がストレスフル状態!?心理カウンセラーと考えるストレスとの向き合い方
  6. インシデントレポートとは? 報告書の書き方もわかりやすく解説
  7. 心理学の資格は独学で取得できる? 種類や活かせる分野を解説
  8. 保健師の給料相場|職場別の仕事内容から資格を取得する方法まで
  9. 保健師になるには? 必要な資格・難易度・仕事内容・将来性などを解説
  10. 助産師の給料相場|活躍している場所や給料を上げる方法も
  11. 公認心理師とは? 受験資格の取得ルートや合格率を解説
  12. 助産師と看護師の違いは? 資格・仕事内容・平均年収など6項目で比較
  13. 看護師の夜勤はどんな働き方? 2交替制・3交替制のスケジュール例
  14. HCU(高度治療室)とは? 看護基準やICU(集中治療室)との違いを解説
  15. 「看護師」「看護士」正しい表記は? 看護士の定義・仕事内容も
  16. バイタルとは? バイタルサインの正常値・測定方法を丁寧に説明
  17. プリセプター制度とは? メリットや役割・必要なスキルを解説
  18. アドバンス助産師とは? 取得するメリットや申請方法・更新方法も
  19. 診療看護師(JNP)とは? 役割や受験方法・求められるスキルを紹介
  20. 申し送りで連携すべき内容と伝え方のコツを紹介
  21. 企業で働く保健師とは? 仕事内容や給料事情を紹介
  22. クリニックとは? 病院との違いを看護師向けに解説
  23. 看護師の結婚率とは? 報告の仕方や必要な手続きを解説
  24. 看護師のワークライフバランスはどう実現する?病院の取り組み事例や「家庭との両立」のアイデア
  25. トリアージとは? JTAS法とSTART法の違いも丁寧に解説
  26. 自己肯定感とは?高める方法や低い人の特徴、専門家監修のチェック方法も
  27. 特定看護師とは? 研修の概要・必要費用・目指すメリットも
  28. 医療情報技師とは? 職場・給料相場や資格の難易度も解説
  29. 看護助手(看護補助者)とは? 仕事内容や平均給与を徹底解説!
  30. 当直と宿直・夜勤の違い|看護師向けに労働基準法に関する対処法も解説
  31. 自衛隊看護師とは? なり方・給料・仕事内容を解説!
  32. オンコール勤務とは? 休日オンコールの過ごし方・手当の相場
  33. 職場の人間関係がつらい|関係を良好に保つコツ・NG行動・相談方法
  34. 異動の挨拶のポイント|社内・社外向けの挨拶例文と挨拶状のマナー
  35. 仕事に行きたくないのはなぜ? みんなの対処法とNG行動も
  36. 保健師とは?働く場所・仕事内容・資格取得方法を紹介
  37. 産休・育休はいつから取れる? 制度の概要から給付金まで丁寧に解説
  38. 准看護師とは? 正看護師との違いや給料を解説
  39. 看護師は休みを取りやすい? 休日事情と4つのお悩み解決策を紹介
  40. 助産師とは? 資格取得のルートや仕事内容を紹介!
  41. 仕事を辞めたい時に取るべき行動は? 辞めるかどうかの判断基準も
  42. 看護師のキャリアアップ方法は? 4つのパターンとおすすめの資格も
  43. 看護師の種類|准看護師など4つの看護職と認定看護師など4つの資格
  44. 看護師は副業をしても良いの? おすすめの仕事や注意点を解説
  45. 看護師の一年目がつらい… 辞めたいと感じる理由や給料を紹介
  46. BOCプロバイダーで口腔ケアを極めよう!
  47. 病院から「訪看」に出向?! 未知の世界で得たものは……
  48. 看護師は夜勤明けに何をしてる? おすすめの過ごし方を紹介
  49. 男性看護師の割合や平均年収は? キャリアアップの方法も紹介!
  50. 看護師になるには? 主婦や社会人でもなれる? 資格取得の方法や費用を解説
  51. ワークライフバランスの意味とは? 最新の取り組み事例やメリット、実現アイデアを徹底解説
  52. 「病院の外」でのキャリアを選んだ看護学生のストーリー
  53. 出版社勤務を経て看護を学び、新卒で訪問看護ステーションに入職!
  54. 助産師経験を生かした「政策提言」で日本の医療を変える!
  55. ベテランナースが「クリニカルアドバイザー」に転身したワケ
  56. 【漫画】精神科訪問看護師はじめました