家庭でも仕事でも輝きたい!キャリアの話

オンコール勤務とは? 休日オンコールの過ごし方・手当の相場

看護師

オンコール勤務の看護師

看護師の勤務形態には、2交代制や3交代制形式のシフト制以外に、オンコール勤務があります。オンコールは、患者や利用者の緊急事態に備える施設では重要な勤務形態であるため、看護師として働く人や看護師を目指す人にとって一度は耳にしたことがあるでしょう。

今回は、オンコールの勤務形態やオンコール当日の過ごし方、支給される手当の相場を解説します。オンコール勤務はどのような人が向いているかも紹介するため、職場を選ぶ際の参考にしてください。

オンコールとは?

オンコールとは、看護師が緊急事態の発生時に迅速な対応ができる状態で待機する、勤務形態のことです。施設によっては「待機」「福直」「電話当番」などとも呼ばれます。病院内で待機する「当直勤務」とは異なり、オンコールの待機中は院外で過ごすことが可能です。

ただし、オンコールが入った際は即座に業務に従事できるよう、常に連絡可能な状態を保たなければなりません。施設によってはオンコール専用の携帯電話を用意し、担当看護師へ支給するところもあります。

オンコール勤務のある施設

オンコール勤務は、看護師の常駐や大人数を必要としない職場の中でも、下記のような施設・現場で導入されています。

  • 24時間体制で患者に対応する施設
  • 患者が急変する可能性がある施設
  • 急患が運び込まれる可能性がある施設
  • 手術室
  • 産科
  • 入院病棟
  • 慢性期病棟
  • 特別養護老人ホーム
  • 訪問看護ステーション

オンコールの担当者は、出勤者の少ない夜間や休日に交代制で割り当てられることが一般的です。不測の事態に備えてメインとサブの2人体制を敷くところも多くあります。

オンコール勤務の頻度

オンコール勤務の頻度は、1カ月あたり4~8回が目安です。多くの施設で、所属する看護師間の持ち回りで交代勤務制を取るため「30日÷看護師の人数」で計算することができます。2人体制を敷く施設の場合は、倍の日数が割り当てられることが一般的です。

オンコールの担当日に鳴る電話の回数も、施設によって異なります。終末期・医療依存度の高い利用者や独居の利用者が多い施設、利用者自体が多い施設などはオンコールも多い傾向です。

オンコール勤務や呼び出しの頻度は、施設の規模および利用者の傾向によって異なります。実際にどの程度オンコールが起きるか気になる場合は、施設の見学・面接時に確認するとよいでしょう。

マイナビ看護師の転職サポートは、平均年収の相場もお伝えできます!

休日オンコールの過ごし方

オンコール勤務をしている看護師の休日

休日と名がついているとはいえ、オンコール勤務はいつ電話が鳴り、呼び出されるか予想できません。オンコールの電話連絡は、「即時対応が必要な緊急事態」である場合が多いため、相応の心構えが必要です。

ここでは、オンコール勤務となった日の過ごし方や注意点を解説します。

必ず出勤にならず日常生活は送れる

オンコール勤務の日は、連絡が入り次第すぐに駆けつけられる状態を保っていれば、日常生活を送ることができます。近場であれば、散歩や買い物に出かけても問題ありません。

オンコール時の対応は、出勤が必要な場合と電話連絡のみの場合に分けられます。医療機関に勤務している場合は、「オンコール=即時出勤」となるケースがほとんどです。

一方、介護施設や訪問看護ステーションに勤務している看護師は、オンコールがあった場合でも出勤が必要とは限りません。介護や訪問看護の場合、緊急対応以外にも他の職員・利用者の家族が、指示の確認や不明点を質問する目的で電話をかけてくるケースも多くあります。口頭の説明で伝わる場合は、電話による指示のみで十分です。

いつでも電話に出られる状況にする

オンコールの担当日は、「いつでも・どこでも」電話に出られる状況を保たなければなりません。そのため、外出中はもちろん、入浴中や睡眠中などでも常に電話をそばに置いておくことが大切です。

また、施設によってはオンコール専用の電話を支給します。普段使いなれない機種の場合は、事前に操作方法を確認する・うっかり置き忘れないよう二度三度と確認することもポイントです。

オンコール勤務の日は、いつ連絡があっても対応できるよう下記の点に注意しましょう。

  • すぐに手に取れる場所に携帯電話を置く
  • 電源が入っていることを確認する
  • 十分な充電量を保つ
  • 電波が入る状態を保つ
  • サイレントモードにしない
  • 着信音が聞き取れる大きさに設定する(最大が望ましい)
  • お手洗いにも携帯電話を持って行く
  • 入浴時には防水できる袋に入れて持ち込む
  • 眠るときは枕元に置く

「オンコール=即対応」が基本です。近場への外出であっても映画館や博物館など、携帯電話の電源や音量を落とさなければならない場所は避けるようにしましょう。

遠出や飲酒は控える必要がある

施設にもよるものの、オンコールの担当日は基本自宅待機、もしくは外出しても職場まで30分以内の範囲に限定されることがほとんどです。つまり、オンコールが鳴り次第「30分以内に勤務しなければ、患者の命に関わる事態を招きかねない」ということでもあります。普段は電話対応のみで済む職場であっても、万が一の場合を考慮し、必ず近場で待機するようにしましょう。

また、医療行為に関わる以上、明瞭な思考・指示能力を保たなければ大きな事故を引き起こしかねません。たとえ出勤せずに済むことがわかっている場合でも、飲酒は控える必要があります。

マイナビ看護師の転職サポートは、平均年収の相場もお伝えできます!

オンコールを担当した際の手当

オンコール勤務をしている看護師

ある程度自由に過ごせるとはいえ、行動の制限や精神的な緊張もあり、半分休日・半分勤務といえる日がオンコールの担当日です。それでは、オンコールを担当した際、どの程度の手当が支給されるのでしょうか。

下記は、全国訪問看護事業協会が調査した、平日(17時~翌9時)のオンコール勤務で支給される手当の相場です。

1,000円未満 1,000~2,000円 2,000~3,000円 3,000~4,000円 4,000~5,000円 5,000円以上 設定なし
その他
未回答
メイン担当者 6.6% 34.2% 31.0% 10.1% 3.8% 4.1% 10.1%
サブ担当者 25.0% 12.9% 6.4% 2.9% 53.9%

(出典:一般社団法人全国訪問看護事業協会「訪問看護ステーションにおける24時間対応体制に関する調査研究事業」

オンコールのメイン担当者となった場合は1,000~3,000円、サブの場合は2,000円未満が相場となります。オンコールで出勤した場合の手当は、実働分に合わせて時間外手当が支給される・定額制で決まっているといったケースがほとんどです。

基本的に、オンコールは法律上の労働時間にあたりません。そのため、オンコール勤務に対する手当などの対応は施設によって異なります。オンコールがある施設での勤務を希望する際は、オンコールの規定を事前に確認することが大切です。

マイナビ看護師の転職サポートは、平均年収の相場もお伝えできます!

オンコール勤務が向いている人

オンコール勤務をしている看護師の女性

以下のような性格の人は、オンコール勤務に向いているといえるでしょう。

  • 主体的に対応できる人
  • 臨機応変に対応できる人
  • コミュニケーションが得意な人
  • 責任感が強い人
  • 夜勤が苦手な人

特に介護・訪問看護などでオンコールの電話が鳴った場合、出勤するにせよ指示を出すにせよ、看護師が的確な判断を下さなければなりません。その場その場で状況に応じて臨機応変に対応しつつ、周囲と連携する力が必要とされます。

また、介護が主体の施設や訪問看護ステーションなどは、看護師が常駐する必要がないため、平日の日勤のみとなる傾向です。オンコールへの対応も電話連絡で済むことが多く、規則正しい生活を送りやすくなります。

オンコール勤務がつらいときは?

オンコール勤務が月にどのくらい割り当てられるか、どの程度連絡が入るかは勤務先によって異なります。責任感の強い人ほど、「オンコールだから気が抜けない」と頑張り過ぎてストレスを溜め込むことも珍しくありません。身体や心の健康に支障をきたすほど「つらい」と感じているときは、「オンコールなし」の職場へ転職することも一つの方法です。

正社員でもオンコールをなしとする職場には、訪問看護ステーションや老人ホーム、クリニックなどがあります。日勤のみとする職場が多く年間休日もしっかりと確保できる上、各種手当・福利厚生・教育制度も充実している傾向です。また、夜勤はありでもオンコールはなしとする施設もあります。仕事内容にオンコール勤務が含まれなくともさまざまな職場が選択できるため、心身を壊す前に新たな環境へ移りましょう。

まとめ

緊急事態が起こりやすい医療・看護施設では、看護師がオンコール勤務を行うことがあります。オンコール勤務は交代制で組まれるため、責任感の強い人にとっては「つらい」と感じられることも少なくありません。

オンコール勤務が「体力的につらい」「気が休まらなくてつらい」と感じる場合は、オンコールのない職場へ転職することをおすすめします。オンコールなしの職場を探す際は、好条件の求人情報が多く登録されている「マイナビ看護師」をご利用ください。

マイナビ看護師の転職サポートは、平均年収の相場もお伝えできます!

家庭でも仕事でも輝きたい!キャリアの話

  1. 助産師の仕事はきつい? 看護師との違いや大変と感じる理由・対策法も
  2. 看護師に向いている性格とは? 向いていないと感じるときの対処法も
  3. 准看護師ができないことは何? 仕事内容やキャリアアップの仕方を解説
  4. フィジカルアセスメントとは? 5つの手順と2つのコツについて解説
  5. 看護師の約9割がストレスフル状態!?心理カウンセラーと考えるストレスとの向き合い方
  6. インシデントレポートとは? 報告書の書き方もわかりやすく解説
  7. 心理学の資格は独学で取得できる? 種類や活かせる分野を解説
  8. 保健師の給料相場|職場別の仕事内容から資格を取得する方法まで
  9. 保健師になるには? 必要な資格・難易度・仕事内容・将来性などを解説
  10. 助産師の給料相場|活躍している場所や給料を上げる方法も
  11. 公認心理師とは? 受験資格の取得ルートや合格率を解説
  12. 助産師と看護師の違いは? 資格・仕事内容・平均年収など6項目で比較
  13. 看護師の夜勤はどんな働き方? 2交替制・3交替制のスケジュール例
  14. HCU(高度治療室)とは? 看護基準やICU(集中治療室)との違いを解説
  15. 「看護師」「看護士」正しい表記は? 看護士の定義・仕事内容も
  16. バイタルとは? バイタルサインの正常値・測定方法を丁寧に説明
  17. プリセプター制度とは? メリットや役割・必要なスキルを解説
  18. アドバンス助産師とは? 取得するメリットや申請方法・更新方法も
  19. 診療看護師(JNP)とは? 役割や受験方法・求められるスキルを紹介
  20. 申し送りで連携すべき内容と伝え方のコツを紹介
  21. 企業で働く保健師とは? 仕事内容や給料事情を紹介
  22. クリニックとは? 病院との違いを看護師向けに解説
  23. 看護師の結婚率とは? 報告の仕方や必要な手続きを解説
  24. 看護師のワークライフバランスはどう実現する?病院の取り組み事例や「家庭との両立」のアイデア
  25. トリアージとは? JTAS法とSTART法の違いも丁寧に解説
  26. 自己肯定感とは?高める方法や低い人の特徴、専門家監修のチェック方法も
  27. 特定看護師とは? 研修の概要・必要費用・目指すメリットも
  28. 医療情報技師とは? 職場・給料相場や資格の難易度も解説
  29. 看護助手(看護補助者)とは? 仕事内容や平均給与を徹底解説!
  30. 当直と宿直・夜勤の違い|看護師向けに労働基準法に関する対処法も解説
  31. 自衛隊看護師とは? なり方・給料・仕事内容を解説!
  32. オンコール勤務とは? 休日オンコールの過ごし方・手当の相場
  33. 職場の人間関係がつらい|関係を良好に保つコツ・NG行動・相談方法
  34. 異動の挨拶のポイント|社内・社外向けの挨拶例文と挨拶状のマナー
  35. 仕事に行きたくないのはなぜ? みんなの対処法とNG行動も
  36. 保健師とは?働く場所・仕事内容・資格取得方法を紹介
  37. 産休・育休はいつから取れる? 制度の概要から給付金まで丁寧に解説
  38. 准看護師とは? 正看護師との違いや給料を解説
  39. 看護師は休みを取りやすい? 休日事情と4つのお悩み解決策を紹介
  40. 助産師とは? 資格取得のルートや仕事内容を紹介!
  41. 仕事を辞めたい時に取るべき行動は? 辞めるかどうかの判断基準も
  42. 看護師のキャリアアップ方法は? 4つのパターンとおすすめの資格も
  43. 看護師の種類|准看護師など4つの看護職と認定看護師など4つの資格
  44. 看護師は副業をしても良いの? おすすめの仕事や注意点を解説
  45. 看護師の一年目がつらい… 辞めたいと感じる理由や給料を紹介
  46. BOCプロバイダーで口腔ケアを極めよう!
  47. 病院から「訪看」に出向?! 未知の世界で得たものは……
  48. 看護師は夜勤明けに何をしてる? おすすめの過ごし方を紹介
  49. 男性看護師の割合や平均年収は? キャリアアップの方法も紹介!
  50. 看護師になるには? 主婦や社会人でもなれる? 資格取得の方法や費用を解説
  51. ワークライフバランスの意味とは? 最新の取り組み事例やメリット、実現アイデアを徹底解説
  52. 「病院の外」でのキャリアを選んだ看護学生のストーリー
  53. 出版社勤務を経て看護を学び、新卒で訪問看護ステーションに入職!
  54. 助産師経験を生かした「政策提言」で日本の医療を変える!
  55. ベテランナースが「クリニカルアドバイザー」に転身したワケ
  56. 【漫画】精神科訪問看護師はじめました