家庭でも仕事でも輝きたい!キャリアの話

看護師の種類|准看護師など4つの看護職と認定看護師など4つの資格

看護師の種類 - 准看護師の女性と認定看護師の男性

看護師は患者の心や体のケアを行う医療専門職で、患者との距離が一番近い存在です。医師の右腕となり、さまざまな職種との調整役を担う看護師は、医療現場には欠かせない存在です。

高齢化社会である日本は、後期高齢者の入院数の増加や介護老人保健施設、老人ホームなどへの入居者が増加傾向にあり、看護師は継続して需要が高い職業でもあります。

今回は、看護職を目指す上で知っておくべき看護師の種類と、看護師としてキャリアアップを目指せる4つの資格について紹介します。看護師を目指している人は、ぜひ参考にしてください。

看護職の4つの種類|必要な資格と仕事内容

看護職には看護師を含めて、准看護師・助産師・保健師と種類が4つあり、仕事内容や役割、特徴も異なります。保有資格によっては対応できない業務もあります。

ここでは、看護職の仕事内容と必要な資格を紹介します。今後の専門キャリアを検討する際にぜひ活用ください。

看護師

看護師は、主に患者の心と体のケアを行います。ケガや病気に対する医療的なケアだけではなく、病気を患ったことに対する精神的な痛みや苦しみに寄り添いケアをします。

患者の心の支えになることが看護師の役割であり、やりがいでもあります。看護師取得後は、経験を積むことで看護の専門資格取得への挑戦が可能です。

◆看護師
必要な資格卒 看護師免許(国家資格)
主な仕事内容 ・診療の補助
・患者に対する医療ケア
・患者やその家族の心のケア
活躍の場 ・病院、診療所、訪問看護
・介護施設、福祉施設、教育施設
・企業の健康管理室

准看護師

准看護師は、都道府県知事発行の免許です。患者のケアを行うことに看護師と大きな違いはありません。しかし、厚生労働大臣に認められている国家資格ではないため、准看護師には実施できない業務内容があります。

○実施できないこと

  • 自己判断での看護業務
  • 看護師へ指示
  • 管理者への昇進
  • 専門資格の取得
  • 看護計画の立案
◆准看護師
必要な資格卒 准看護師免許(公的資格)
主な仕事内容 ・診療の補助
・患者に対する医療ケア
・患者、家族の心のケア
※医師や看護師の指示のもとで行う
活躍の場 ・病院、診療所

助産師

助産師は、女性のみが目指せる資格です。残念ながら男性は受験資格がありません。分娩の介助と、妊産婦や乳児に対する保健指導が主な役割です。不妊治療に関するデリケートな相談から妊婦の体調管理、新生児ケアや子育てへの指導までを行います。

少子高齢化が進んでいても助産師の需要はあります。高齢出産や不妊治療などで、指導やアドバイスを行う機会が増えているためです。環境の変化により、必要となる知識や経験が変化し、働き方も変わっています。

助産師のキャリアは、病院や診療所以外にも活躍できる場が幅広く、保健所・保健センターで勤務したり開業したりすることも可能です。助産師の資格取得をすると選択の幅が広がるでしょう。

◆助産師
必要な資格卒 看護師免許+助産師免許(国家資格)
主な仕事内容 ・妊婦の体調管理や心のケア
・出産時の介助
・新生児ケア
・妊娠、出産、子育てに対する保健指導、ケア
・女性ならではの健康問題に対する相談、サポート
活躍の場 ・病院、診療所
・助産院

保健師

看護師資格を取得していることを前提に目指せる資格です。保健師は、健康を維持するための指導や、病気・ケガを予防するための指導を行うことが主な役割です。

保健師には以下の種類があります。

○行政保健師

保健所や保健センターなどの行政関係の施設に勤める保健師です。市民の健康相談や医療相談受付、難病に対するサポートを行います。

○産業保健師

産業保健師は、企業に就職して社員の健康管理やメンタルサポートを行います。保健師募集をしている企業の多くは大企業で、キャリアを積んだ保健師は別途手当がつくため年収が上がります。

○学校保健師

学校に勤める保健師です。ケガの応急処置をするほか、生徒や教師の相談に応じ必要に応じたサポートを行います。

○病院保健師

病院で働く保健師は、病棟業務と兼務していることがほとんどです。院内スタッフへの健康相談やサポートを行います。

保健師は、看護師としての実務経験がある場合、別途手当がつくことがあります。夜勤や残業は基本的にないため、プライベート重視の働き方も可能です。

◆保健師
必要な資格卒 看護師免許+保健師免許(国家資格)
主な仕事内容 ・健康増進、病気予防のための保健指導
・母子の健康相談、健康管理活動
活躍の場 ・保健所、保健センター
・市区町村役所、役場
・病院、診療所
・福祉施設、教育施設、介護保健施設
・企業の健康管理室

マイナビ看護師の転職サポートは、平均年収の相場もお伝えできます!

看護師の資格認定4種類|必要な資格・経験と仕事内容

看護師の種類 - 資格について話す女性と男性

病棟勤務で実務経験を積むことで、より専門的な分野の資格取得が可能です。特定条件下であれば、医師が行う診療の一部を担うことができます。

資格は簡単に取得できるものではありませんが、専門性を証明できるため、給与面の待遇向上も目指せます。

ここからは、代表的な資格認定を紹介します。キャリアップを考える際の参考にしてください。

認定看護師

認定看護師は「救急看護」など、21分野が認定看護分野として特定されています。認定看護師は、「ある特定看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、高い水準の看護実践ができる者」とされ、看護現場におけるスペシャリストです。

現場でより高いレベルの知識を学び、技術を習得したいと考えている人が認定看護師に向いています。

◆認定看護師
概要 特定の分野に特化した専門知識をもつスペシャリスト
必要な経験・資格 ・5年以上の実践経験
・日本看護協会が定める600時間以上の認定看護師教育を修了
・認定看護師認定審査に合格
活躍の場 病院・訪問看護ステーション・クリニック・診療所、介護保険施設

(出典:公益社団法人日本看護協会「資格認定制度」

専門看護師

専門看護師では「がん看護」など、13分野が専門看護分野として特定されています。

認定看護師との違いは、専門分野の処置を行うだけではない点です。看護分野全体のスペシャリストである専門看護師は、医師と患者、各機関との調整役を担うほか、看護学研究も行います。

より専門的な知識や技術を活かして、環境面でも患者のサポートを行いたいと考えている人が専門看護師に向いています。

◆専門看護師
概要 ・専門分野の知識・技術をもとに、関係機関への調整役を担う
・研究や育成も行う看護分野全体のスペシャリスト
必要な経験・資格 ・5年以上の実践経験
・看護系の大学院にて、修士課程を修了し必要な単位を取得する
・専門看護師認定審査に合格
活躍の場 病院・大学などの教育の現場・訪問看護ステーション

(出典:公益社団法人日本看護協会「資格認定制度」

特定看護師

特定看護師とは、特定行為研修を修了した看護師のことです。研修を修了することで診療補助として特定医療行為が行えます。特定看護師は早急な処置が可能となるため、訪問看護などの現場で需要が高まっています。

特定行為とは「高度な知識と技能が特に必要とされる21区分38行為」であり、医師が看護師への指示内容を事前に作成します。指示書をもとに特定行為が可能です。

◆特定看護師
概要 研修を修了した特定行為が行える看護師
必要な経験・資格 ・3年以上の実務経験
・「特定行為に係る看護師の研修制度」による研修を研修機関で修了すること
活躍の場 訪問看護ステーション、介護施設、診療所、在宅医療

(出典:公益社団法人日本看護協会「特定行為研修」

認定看護師と特定看護師では、同じ専門性があるにもかかわらず、実施できる範囲が違います。厚生労働省での検討会で、「「認定看護師」については、その目的・性格にかんがみ、既存教育課程の見直しを行った上で、限定的な領域における特定看護師(仮称)と位置づける方向で検討すべきである。」といった素案も出ています。
(引用:厚生労働省「看護師の役割の拡大について(素案)」

診療看護師

診療看護師とは、疾患に対する基礎知識や治療内容などについて専門的な教育を受けている看護師のことです。特定看護師よりも医療処置を行える幅が広くなります。

医師不在時でも診療看護師であれば、患者の病状の全体像を把握し、自分の判断で状態にあった検査や処置を行い、適切な説明を行うことが可能です。

◆診療看護師
概要 大多数の特定行為が行える看護師
必要な経験・資格 ・5年以上の実務経験
・大学院の修士課程にて、医学の知識と初期医療に関する実践を修了
・日本NP(ナースプラテクショナー)協議会の認定審査に合格
活躍の場 訪問看護ステーション、介護施設、診療所、在宅医療

(出典:公益社団法人日本看護協会「ナース・プラクティショナー(仮称)と現行法で定める「看護師」の業について」

まとめ

看護職は4つの職種に分かれており、理想とする職場によって目指す方向が変わります。新卒者は、まず国家試験を合格し「看護師」免許を取得することを目標にしましょう。

高齢化が進む日本では、医療機関への外来通院、入院医療につぎ在宅医療が一般的になりつつあります。通院が困難な人や、住み慣れた自宅で治療を受けたいという人が増えているため、在宅医療へのニーズは高まっています。

医師不足問題の解決策として「特定看護師」や「診療看護師」の活躍が期待されています。今後のキャリア目標にしてみてはいかがでしょうか。

マイナビ看護師の転職サポートは、平均年収の相場もお伝えできます!

ナースぷらす編集部

プロフィール

ナースぷらす編集部

医療・看護の業界最新ニュースや看護師さん向けのイベントレポート記事の発信をしています!
「ナースぷらす」読者の皆さんのロールモデルとなるようなキラキラ輝く看護師さん・助産師さん・保健師さんや、著名人、有識者の方々への取材も実施。 情報発信を通して、看護師の皆さんの仕事や生活、人間関係、人生に寄り添えるメディアを目指しています。

この著者の記事一覧

家庭でも仕事でも輝きたい!キャリアの話

  1. 看護師のワークライフバランスはどう実現する?病院の取り組み事例や「家庭との両立」のアイデア
  2. トリアージとは? JTAS法とSTART法の違いも丁寧に解説
  3. 特定看護師とは? 研修の概要・必要費用・目指すメリットも
  4. 医療情報技師とは? 職場・給料相場や資格の難易度も解説
  5. 看護助手(看護補助者)とは? 仕事内容や平均給与を徹底解説!
  6. オンコール勤務とは? 休日オンコールの過ごし方・手当の相場
  7. 当直と宿直・夜勤の違い|看護師向けに労働基準法に関する対処法も解説
  8. 自衛隊看護師とは? なり方・給料・仕事内容を解説!
  9. 職場の人間関係がつらい|関係を良好に保つコツ・NG行動・相談方法
  10. 異動の挨拶のポイント|社内・社外向けの挨拶例文と挨拶状のマナー
  11. 仕事に行きたくないのはなぜ? みんなの対処法とNG行動も
  12. 保健師とは?働く場所・仕事内容・資格取得方法を紹介
  13. 准看護師とは? 正看護師との違いや給料を解説
  14. 産休・育休はいつから取れる? 制度の概要から給付金まで丁寧に解説
  15. 看護師は休みを取りやすい? 休日事情と4つのお悩み解決策を紹介
  16. 仕事を辞めたい時に取るべき行動は? 辞めるかどうかの判断基準も
  17. 助産師とは? 資格取得のルートや仕事内容を紹介!
  18. 看護師のキャリアアップ方法は? 4つのパターンとおすすめの資格も
  19. 看護師の種類|准看護師など4つの看護職と認定看護師など4つの資格
  20. 看護師は副業をしても良いの? おすすめの仕事や注意点を解説
  21. 看護師の一年目がつらい… 辞めたいと感じる理由や給料を紹介
  22. BOCプロバイダーで口腔ケアを極めよう!
  23. 看護師は夜勤明けに何をしてる? おすすめの過ごし方を紹介
  24. 病院から「訪看」に出向?! 未知の世界で得たものは……
  25. 男性看護師の割合や平均年収は? キャリアアップの方法も紹介!
  26. 看護師になるには? 主婦や社会人でもなれる? 資格取得の方法や費用を解説
  27. ワークライフバランスの意味とは? 最新の取り組み事例やメリット、実現アイデアを徹底解説
  28. 「病院の外」でのキャリアを選んだ看護学生のストーリー
  29. 出版社勤務を経て看護を学び、新卒で訪問看護ステーションに入職!
  30. 助産師経験を生かした「政策提言」で日本の医療を変える!
  31. ベテランナースが「クリニカルアドバイザー」に転身したワケ
  32. 【漫画】精神科訪問看護師はじめました