家庭でも仕事でも輝きたい!キャリアの話

看護師の一年目がつらい… 辞めたいと感じる理由や給料を紹介

看護師

看護師一年目の女性

念願の看護師になれたのに、「つらい」「辞めたい」と感じている新人看護師の方も多いでしょう。先輩看護師も始めから完璧に仕事ができていたわけではありません。

当記事では、一年目の看護師がつらいと感じる理由やその対処法を解説。また、初任給やボーナスについても紹介しています。

一年目の看護師のスケジュール

勤務する医療機関によって異なりますが、一般的に病院に勤める看護師の一年目のスケジュールは以下のようになっています。

自身のスケジュールと比べて、自分は何がつらいと感じるのか考えてみましょう。

・4月~5月 院内研修
入社直後はオリエンテーションやグループワークなど、病棟に配属される前に院内研修を行います。

病棟に配属されたら、先輩看護師の指導のもと基本的な看護技術を身に付けます。始めのうちは、日勤業務から慣れていくことがほとんどです。

なお、多くの病院では「プリセプター制度」を導入しており、プリセプティとして1対1で先輩の指導を受けます。

・6月~7月 夜勤業務開始
基本的な看護技術を行えるようになり、夜勤業務を行うようになります。
また、働く病院やクリニックによっては夏のボーナスが支給されます。

・8月~9月 患者を受け持つ
夜勤業務にも慣れてくる頃です。
入社して半年ほど経つと、患者を受け持ち始めます。

・10月~11月 日勤業務の自立
複数の患者を受け持つようになり、日勤業務を自立して行うようになります。
検査出しや急変時の看護も任されるように。
プリセプターのサポートを受けつつも主体的に行動をしていく時期です。

・12月~1月 夜勤業務の自立
1人で業務を任されることが多くなり、夜勤業務も自立して行うようになります。
また、冬のボーナスが支給されます。

・2月~3月 1年の振り返り
人工呼吸器を付けている患者や気管切開をしてカニューレを入れている患者など、多岐にわたる症状の患者を受け持つようになります。

また、1年を振り返り2年目に向けた目標を設定する時期です。

看護師一年目の前半は先輩看護師に付いてもらい、基本的な看護技術を身につけていきます。日勤業務や夜勤業務に慣れてくると、任される仕事が増えて次第に自立するように。

そして、年末以降は夜勤を自立して行ったり、処置の難しい患者の看護を行うようになります。

始めは難しかった業務も、先輩看護師の助けもあり徐々にできるようになっていくのです。

お一人で悩まず、看護師専任のキャリアアドバイザーに相談してみませんか?

看護師一年目の給料

給料を計算している看護師一年目の女性

ここでは、看護師の一年目の初任給とボーナスを紹介します。

初任給

日本看護協会の「2020年病院看護実態調査」によると、新卒看護師の初任給は以下のとおりです。

平均基本給与額 平均税込給与総額
短大・専門学校卒 202,289円 262,277円
大卒 208,918円 270,292円

参照元
日本看護協会 – 2020年病院看護実態調査

 

通勤手当や夜勤手当を含む初任給の総額は、短大・専門学校卒で約26万円、大卒の場合は約27万円でした。

また、厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、職種全体における初任給は高専・短大卒が202,200円、専門学校卒が208,000円、大卒が226,000円でした。

看護師と職種全体の初任給を比較すると、夜勤手当が加わる看護師のほうが高い傾向にあります。

なお、日本看護協会の「2020年病院看護実態調査」によると、勤続10年の看護師(非管理職)の給与は平均基本給与額が244,587円、平均税込給与総額が318,916円でした。

10年で約3~4万円ほどの給与アップとなります。資格を取得したり役職に就いたりすることで、さらなる給与アップを目指せるでしょう。

■参照元
日本看護協会
2020年病院看護実態調査

厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 新規学卒者の学歴別にみた賃金

看護師一年目のボーナス

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、看護師の一年目のボーナスは92,300円でした。

一般的にボーナスは夏と冬の年2回ありますが、一年目の夏のボーナスは入社して間もないこともあり、支給されない病院やクリニックが多くあります。また、支給されたとしても全額ではなく一部支給が多いようです。そのため、一年目のボーナスは約9万円と低くなっています。

なお、1~4年目のボーナスは712,900円で、その後5~9年の勤務で824,200円、10~14年で897,100円とアップしていきます。ボーナスの支給額は勤める病院やクリニックによって差がありますが、徐々にアップしていくと考えて良いでしょう。

ただし、そもそもボーナスを支給しない病院やクリニックもあるため、就職をする前に賞与の有無を確認することが大切です。

■参照元

厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査
職種(小分類)、年齢階級、経験年数階級別所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)

■関連記事
看護師の年収は大卒ではいくら?調査結果を詳しく解説!
20代看護師の給与明細例を大公開!|お役立ちガイド

一年目の看護師がつらいと感じる理由とその対処法

悩んでいる看護師一年目の女性

一年目の看護師は覚えることが多かったり仕事が上手くいかなかったりと、つらいと感じる場面が多々あります。

以下では、一年目の看護師がつらいと感じる理由とその対処法について紹介します。

勉強が大変

一年目の看護師は覚えることが多く勉強が欠かせません。知識不足を補うためにも勉強は必要ですが、忙しい日々の生活の中で勉強時間を確保するのは大変です。特に働き始めてすぐは、慣れない環境で心身ともに疲れているでしょう。そのため、「勉強するのがつらい…」と考える看護師は多いようです。

勉強はしなくてはなりませんが、無理をしすぎないようにしましょう。

たとえば、仕事の日は1時間だけで休日にまとめて行うなど、時間を決めて勉強するのもおすすめです。

また、参考書を1ページめから順に読んで勉強するのではなく、予習復習をメインにするのもポイント。受け持つ患者の病状やその日行った看護、今後行うケアの方法をノートにまとめるなどして、知識を増やしていくと良いでしょう。

■関連記事
看護師の勉強方法、一年目・ブランクの方にもおすすめのテクニック

 

仕事ができない

晴れて念願の看護師になれたのに、「なかなか仕事を覚えられない」「迷惑をかけているかも…」と悩む新人看護師は多いです。

看護学校で勉強したのに上手く処置できなかったり、自分が思い描いていた看護師像と遠くかけ離れていたりなど、理想と現実のギャップに悩んでしまうのです。

今は立派に働いている先輩看護師も、新人の頃から仕事が完璧にできていたわけではありません。皆、同じように悩みながら成長しています。そのため、自分は仕事ができないとネガティブになったり、一人で悩みを抱え込まないようにしましょう。

先輩に相談することで、解決する悩みもあります。なお、プリセプターとの相性の問題もあるので、プリセプターに相談しにくい場合は相談しやすい他の先輩に聞いてみるのもおすすめです。

また、同期に話すことで気持ちが軽くなり、モチベーションアップに繋がることも。実は、同期も同じ悩みを抱えていたという場合もあります。

人間関係の悩み

看護師に限らず、どの職場や職種においても人間関係の悩みはつきものです。
始めのうちは、先輩看護師の指導が厳しく怖く感じることもあるでしょう。

看護師は患者の命を預かる仕事のため、ミスは許されません。そのため、厳しい指導をする先輩看護師も多くいます。

しかし、厳しい指導は一人前の看護師になってほしいという先輩看護師の思いの現れでもあります。

厳しく指導されると怖いと思ったり落ち込んでしまうこともありますが、指導された内容を受け止めて気持ちを切り替えることが大切です。また、精神的な疲れを溜めないように休日はリフレッシュするよう心がけましょう。

お一人で悩まず、看護師専任のキャリアアドバイザーに相談してみませんか?

一年目の看護師の離職率

日本看護協会の「2020年病院看護実態調査」によると、新卒採用者のうち8.6%が離職をしていました。

看護師全体の離職率は11.5%、既卒者の離職率は16.4%のため、一年目で離職する看護師の割合は少ないですが、一定数いることがわかります。

なお、設置主体別で見ると「個人」が20.8%、「済生会」が11.3%、「私立学校法人」が10.2%と、平均の離職率よりも高くなっています。一方、最も離職率が低いのは「その他公的医療機関」で4.9%でした。

また、病床規模別で最も離職率が高いのは99床以下で14.8%、次に100~199床が10.2%と続きます。

比較的、病床規模が小さいほうが離職率が高い傾向にあるようです。

■参照元
日本看護協会 – 2020年病院看護実態調査

看護師一年目で離職するリスク

前述した離職率を見ても分かるとおり、一年目で辞める看護師は一定数います。しかし、すぐに「辞めたい」と感情的にならず、将来を見据えて冷静に離職をするかしないかを判断することが大切です。

以下では、看護師一年目で離職した場合のリスクについて紹介します。

転職先の選択肢が限られる

看護師の一年目は、学ぶことが多い大事な時期です。看護師としての基礎を学ばないまま離職してしまうと、スキル不足により転職先の選択肢が限られる可能性があります。

また、再就職をしようとしても「またすぐに辞めてしまうのではないか」と、マイナスイメージを持たれてしまう場合も。

一年目で離職する場合は、転職先探しが難航するリスクがあることも頭に入れておきましょう。

同期の看護師と比べてスキルに差が出る

看護師一年目は看護技術はもちろん、患者との接し方やアセスメントの方法、カルテの書き方など、いろいろなことを教えてもらう時期です。特にプリセプター制度を導入している場合は、先輩看護師の働き方を側で見ることで、気付くことや学べることもあるでしょう。プリセプター制度は新人看護師が先輩看護師にマンツーマンで指導してもらえる制度なので、一年目で辞めてしまうとプリセプターから学べる機会は無くなってしまいます。

そのため、一年目で辞めた看護師は同期とスキルの差がついてしまう可能性があるのです。

辞め癖がつく可能性がある

一度離職を経験してしまうと、人によっては辞め癖がつく場合も。

離職をするのは勇気がいることです。離職するまでに本当に辞めて良いのか、続けた方が良いのかなどかなり悩むでしょう。しかし、離職をしたら多くの場合は悩みが解決します。

そのため、少しでもつらいと思ったらすぐに辞めてしまうなど、辞めるハードルが低くなってしまうのです。

離職回数が増えるほど、転職は難しくなる傾向にあります。応募先からも「長続きしない」「根気がない」といったマイナスイメージを持たれてしまうので、すぐに辞める判断はせずに冷静に離職するべきか考えるようにしましょう。

■関連記事
「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(前編)
「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(後編)
准看護師1年目、プレッシャーですでに辞めたいです…

看護師一年目でも辞めた方が良い場合がある?

前項では看護師一年目で辞めたときのリスクについて紹介しましたが、中には離職したほうが良い場合もあります。

たとえば、残業代が支払われなかったり過重労働のときなどです。また、職場環境が合わず過度なストレスによって心身ともに体調を崩す可能性がある場合は、離職したほうが賢明といえます。

新卒の看護師は、病院に勤めて看護師としての一通りの業務を身につけるのが一般的といわれています。

しかし、病院の業務が合わないという方もいるでしょう。看護師の働く場所は病院だけでなく、クリニックや施設、訪問看護など多岐にわたります。

自分にとって働きやすい環境や最善の状況は何かを考えて、離職・転職を検討するようにしましょう。

■関連記事
「病院の外」でのキャリアを選んだ看護学生のストーリー
出版社勤務を経て看護を学び、新卒で訪問看護ステーションに入職!

お一人で悩まず、看護師専任のキャリアアドバイザーに相談してみませんか?

ナースぷらす編集部

プロフィール

ナースぷらす編集部

医療・看護の業界最新ニュースや看護師さん向けのイベントレポート記事の発信をしています!
「ナースぷらす」読者の皆さんのロールモデルとなるようなキラキラ輝く看護師さん・助産師さん・保健師さんや、著名人、有識者の方々への取材も実施。 情報発信を通して、看護師の皆さんの仕事や生活、人間関係、人生に寄り添えるメディアを目指しています。

この著者の記事一覧

家庭でも仕事でも輝きたい!キャリアの話

  1. 医療情報技師とは? 職場・給料相場や資格の難易度も解説
  2. 看護助手(看護補助者)とは? 仕事内容や平均給与を徹底解説!
  3. オンコール勤務とは? 休日オンコールの過ごし方・手当の相場
  4. 当直と宿直・夜勤の違い|看護師向けに労働基準法に関する対処法も解説
  5. 自衛隊看護師とは? なり方・給料・仕事内容を解説!
  6. 職場の人間関係がつらい|関係を良好に保つコツ・NG行動・相談方法
  7. 異動の挨拶のポイント|社内・社外向けの挨拶例文と挨拶状のマナー
  8. 仕事に行きたくないのはなぜ? みんなの対処法とNG行動も
  9. 保健師とは?働く場所・仕事内容・資格取得方法を紹介
  10. 准看護師とは? 正看護師との違いや給料を解説
  11. 産休・育休はいつから取れる? 制度の概要から給付金まで丁寧に解説
  12. 看護師は休みを取りやすい? 休日事情と4つのお悩み解決策を紹介
  13. 仕事を辞めたい時に取るべき行動は? 辞めるかどうかの判断基準も
  14. 助産師とは? 資格取得のルートや仕事内容を紹介!
  15. 看護師のキャリアアップ方法は? 4つのパターンとおすすめの資格も
  16. 看護師の種類|准看護師など4つの看護職と認定看護師など4つの資格
  17. 看護師は副業をしても良いの? おすすめの仕事や注意点を解説
  18. 看護師の一年目がつらい… 辞めたいと感じる理由や給料を紹介
  19. BOCプロバイダーで口腔ケアを極めよう!
  20. 看護師は夜勤明けに何をしてる? おすすめの過ごし方を紹介
  21. 病院から「訪看」に出向?! 未知の世界で得たものは……
  22. 男性看護師の割合や平均年収は? キャリアアップの方法も紹介!
  23. 看護師になるには? 主婦や社会人でもなれる? 資格取得の方法や費用を解説
  24. ワークライフバランスの意味とは? 最新の取り組み事例やメリット、実現アイデアを徹底解説
  25. 「病院の外」でのキャリアを選んだ看護学生のストーリー
  26. 出版社勤務を経て看護を学び、新卒で訪問看護ステーションに入職!
  27. 助産師経験を生かした「政策提言」で日本の医療を変える!
  28. ベテランナースが「クリニカルアドバイザー」に転身したワケ
  29. 【漫画】精神科訪問看護師はじめました