知らなきゃ困る!? 今さら聞けない一般常識

看護師こそ保険を検討するべき? 看護職賠償責任保険について解説!

日々の業務を通して看護師向けの保険があることは知っていても、「どれに入っていいか分からない……」
「そもそも忙しい中で保険のことを考えることが面倒」という方も多いのではないでしょうか。
しかし、看護師は会社員に比べて訴訟リスクが高く、看護を通じて自分が感染症にかかってしまう可能性もあります。
今回は、看護師が保険に入るべき理由や、どのような保険に入るべきかを詳しく解説します。

看護師に保険加入をすすめる理由

看護師の仕事では、病院であれば患者さんに医療行為を、施設であれば利用者の方に介助などを行います。
その専門性の高さから、一つ判断を誤れば医療事故を起こすリスクもあります。
もちろんミスがないのが何よりですが、対応する相手が健康上や日常生活上、弱い立場にあるほど、何かあった時のリスクが大きくなります。さらに、時代の変化とともに、海外だけでなく日本でも患者さんから看護師個人が訴訟を起こされるケースが増えています。

看護師に付きまとうのは、訴訟リスクだけではありません。新型コロナウイルス感染症が拡大するなか、医療従事者が感染するケースが報告されているように、看護師は自らが被感染者になるという大きなリスクを負っています。

こうしたリスクから自分を守るためには、保険を上手に利用することが選択肢の一つになります。

看護師に関わる過去の判例

看護師に関わる裁判などは、年々増えてきています。
例えば、以下の凡例などが挙げられます。

・病院での事例(2007年)
看護師が病院内で患者さんに対して爪切りを行った後に爪が剥がれ、傷害罪として起訴される。実刑が確定するが、のちに控訴審で無罪。
・特別養護老人ホームでの事例(2013年)
特別養護老人ホームで入所者がおやつをのどに詰まらせ、1ヶ月後に死亡。
おやつ介助中の見守りが不十分だったとして看護師に業務上過失致死有罪判決(20万円の罰金刑)が言い渡される。
※2020年8月11日ナースぷらす編集部追記:東京高裁は7月28日、罰金20万円とした一審の長野地裁松本支部判決(2019年3月25日)について破棄し、被告に逆転無罪を言い渡した。[参照元]https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200808/k10012557791000.html

このほか、精神科での抑制後にできた擦過傷に対する損害賠償、看護師の言動で精神的苦痛を被ったという訴えなど、看護師本人が訴えられるケースは多数あります。また、患者さんから預かった入れ歯の紛失、床頭台に置いてあったタブレットの破損といった物損事故も考えられます。

インシデント・アクシデントがないように勤務しているつもりでも、「絶対に事故を起こさない」と言い切れる看護師はいないはず。安心して働きたいと考えている人は、看護職賠償責任保険に加入しておくといいでしょう。

看護職賠償責任保険とは?

看護職賠償責任保険とは、看護師が看護行為をした際のトラブルなどを補償する保険です。
法律上の賠償責任が発生した場合には損害賠償金が、損害賠償責任に関する訴訟・示談交渉では弁護士費用や訴訟費用などが支払われます。

総合病院など規模が大きい病院は、病院が病院賠償責任保険に加入して、医療事故・物損事故などに備えているのが一般的です。
しかしそこまで規模が大きくない病院など、勤務先によっては病院賠償責任保険に加入していないケースがあり、看護師個人が訴えられると、看護師自身が責任を負わなければならないケースも想定されます。

どこの事業者の保険に入ればよい?

看護職賠償責任保険は、次の事業者が取り扱っています。

(1)日本看護協会の「看護職賠償責任保険制度」

・日本看護協会の会員が加入できます。
・主な引受会社:東京海上日動火災保険株式会社・三井住友海上火災保険株式会社・損害保険ジャパン株式会社

金額
掛け金 2650円/年
対人賠償 5000万円/1事故
人格権侵害 5000万円/1事故
対物賠償 100万円/1事故
傷害死亡・後遺障害保険金 66.3~85万円
初期対応費用 500万円
血液曝露等傷害保険金 HBV:1.8万円
HCV:18万円
HIV:60万円

 

対人賠償では「誤った薬剤を投与してしまい、患者に障害を負わせてしまった」といったケース、人格権侵害では「会話した患者から『名誉を傷つけられた』と訴えられた」といったケースなどが補償の対象になります。
また、セクハラやパワハラなどの法律相談費用も補償対象になっています。

(2)Willnext(ウィルネクスト)の「看護職向け賠償責任保険」

・事業主:日本看護学校共済会
・保険加入資格:日本看護学校共済会の加入者であればだれでも加入できます。看護学生・病院勤務看護師も加入可で、看護学校に勤務していなくても大丈夫です。
・引受会社:東京海上日動火災保険株式会社

Willnext Aプラン
金額
掛け金 2980円/年
対人事故 5000万円/事故
対物 50万円/1事故
人格権侵害 5000万円/1事故
初期対応費用 250万円/1事故
感染見舞金制度 1~10万円

 

Willnext Bプラン
金額
掛け金 3440円/年
対人事故 1億円/1事故
対物事故 100万円/1事故
人格権侵害 1億円/1事故
初期対応費用 250万円/1事故
感染見舞金制度 1~10万円

 

Willnextの「看護職向け賠償責任保険」には感染見舞金制度があり、針刺し事故だけでなく、インフルエンザや流行性角結膜炎など身近な感染症のほか、新型コロナウイルスに感染した場合にも感染見舞金が支払われます。

(3)大学病院・看護師派遣会社が提供する「看護職賠償責任保険」

看護職賠償責任保険は、大学病院や看護師派遣会社などでも提供しています。
ご自身の勤務先で保険加入ができるかぜひ確認してみましょう。

※補償内容を一部抜粋しました。詳細は各事業所・保険会社へお問い合わせください

予測不可能な時代だからこそ、看護師も保険加入を

一昔前までは医療従事者は聖職で、その人たちに対し訴訟を起こすなどありえませんでした。しかし、今では医療従事者も一つの職業人としてとらえられ、年々看護師が訴訟トラブルにあうことも増えています。

まだまだ身の回りで看護師の保険に加入している方は少ないかもしれませんが、安心して働くためにも、保険加入を考えてみてはいかがでしょうか。

[参照]
日本看護協会
https://www.nurse.or.jp/

看護職賠償責任保険制度
https://li.nurse.or.jp/systemmanagement/index.php

看護職賠償責任保険の補償内容
https://li.nurse.or.jp/about/premium/compensation.php

血液曝露(ばくろ)等傷害保険の補償内容
https://li.nurse.or.jp/about/premium/life_accident.php

ナースの皆さまを守る保険 Willnextの概要
https://www.medic-office.co.jp/willnext/

Willnextの看護職向け賠償責任保険
https://www.medic-office.co.jp/willnext/nurses/

\もっと収入をアップしたい♪高給与の求人/

斉藤 勇

プロフィール

斉藤 勇

ファイナンシャルプランナー/宅地建物取引士

オフィスISC代表。保険や貯蓄、住宅ローンなど、お金にまつわる疑問や悩みごとの相談に応じている。不動産取引では不動産投資を通じて得た豊富な取引経験をもとに、売り手と買い手、貸し手と借り手、それぞれの立場でアドバイスを実施。趣味はマリンスポーツ。モットーは「常に感謝の気持ちを忘れずに」。

この著者の記事一覧

今さら聞けない一般常識 ほかの記事も読む

  1. iPhone、iPad、Apple Watchに最新モデル登場! 21年秋のApple新製品をチェックしよう
  2. オンライン婚活成功のポイント
  3. 知っておきたい! 「残業」についての基礎知識
  4. マッチングアプリで出会った相手との初デートで気をつけたいこと
  5. 2020年分の利用は年末まで! 駆け込みでふるさと納税するのに注意したいポイントは?
  6. いまさら聞けないキャッシュレス決済! 今後も使いこなすためのポイントとは?
  7. 看護師こそ保険を検討するべき? 看護職賠償責任保険について解説!
  8. 【民法改正】看護師さんが知っておきたい「敷金」のルール
  9. 教育費を計画的に準備しよう! こども保険(学資保険)の上手な入り方
  10. 2019年看護師冬のボーナス 2018年と比べて高かった?低かった?
  11. 【消費税率10%】知って得する軽減税率のポイント
  12. 【キャッシュレス】知って得するクレジットカードの上手な使い方・間違った使い方
  13. 意外と知らない有給休暇の基本
  14. 【2019令和初】「夏のボーナスいくら?」看護師1000人調査
  15. 【スマホ決済】メリットや仕組み・利用の注意点を紹介!
  16. 看護師寮に入って働く! 寮生活のメリット&デメリット
  17. 看護師の年収調査「みんなより多い? 少ない?」【2019年版】
  18. 看護師退職の手続きガイド 【年金・健康保険・失業保険】(後編)
  19. 【ふるさと納税】はじめてガイド「簡単」「お得!」
  20. 看護師退職の手続きガイド 【年金・健康保険・失業保険】(前編)
  21. 看護師 2018年冬のボーナス実態調査 「みんなと比べて高いの?」
  22. 貯金が苦手な看護師でもできる「カンタン貯金術」
  23. 150万円の壁とは? 配偶者控除・2018年から注意すべきこと
  24. 奨学金のお礼奉公中に転職・退職するには?
  25. ミニ保険で思わぬリスクをカバー
  26. 2018年看護師・夏のボーナス徹底調査~医療・福祉業界で看護師は3位にランクイン~
  27. アパート・マンションを借りたら入らなければならない「借家人賠償責任保険」って?
  28. いよいよスタート!【つみたてNISA】ってどうやって始めたらいいの?
  29. 「仮想通貨」ってなに? 5分でわかる看護師のためのマネー講座
  30. 看護師の冬のボーナス大調査! お金が「貯まる」ボーナスの使い方って?
  31. インターネットでもできる? 2018年の確定申告はココをチェック!
  32. どんな準備が必要? 「年末調整」の基礎知識
  33. 【スマホ代節約術】格安スマホに乗り換えはホントにお得!? <後編>
  34. 【スマホ代節約術】格安スマホ - メリット&デメリット<前編>
  35. 「夏の転職」じつは狙い目? 夏転職のメリット・デメリット大公開
  36. 看護師の夏のボーナス、高いって本当?
  37. 賢く活用して貯蓄しよう! 「生命保険」の基礎知識
  38. 育休取得前に知っておきたい!「育休」の基礎知識<後編>
  39. 育休取得前に知っておきたい!「育休」の基礎知識<前編>
  40. 103万円の壁? 「扶養内で働く」ってどういうこと?<前編>
  41. 103万円の壁? 「扶養内で働く」ってどういうこと?<後編>
  42. 今さら聞けないホームパーティーの常識
  43. 今さら聞けないスマートフォンの使い方
  44. 今さら聞けない履歴書、職務経歴書の書き方
  45. 今さら聞けないもしものときの防災対策
  46. 今さら聞けないチップの常識
  47. 今さら聞けない子どものトラブル対処法
  48. 今さら聞けないお中元の常識
  49. 今さら聞けない児童扶養手当2
  50. 今さら聞けない児童扶養手当1
  51. 「マイナンバー」の基礎知識
  52. 今さら聞けない電話応対のマナー
  53. 今さら聞けない年賀状の書き方
  54. 今さら聞けない交通事故を起こしたときの対応
  55. 今さら聞けないお通夜・葬儀・告別式での服装マナー
  56. 今さら聞けない給与明細の項目2 ~手当とは?~
  57. 今さら聞けない給与明細の項目1 ~控除とは?~
  58. 今さら聞けない夫の実家へ帰省するときのマナー
  59. 今さら聞けない「暑中見舞い・残暑見舞い」のマナー
  60. 今さら聞けない神前結婚式のゲストマナー
  61. 今さら聞けない海外旅行時の外貨両替
  62. 今さら聞けない入学祝いの常識
  63. 今さら聞けない引越しの常識
  64. 今さら聞けない確定申告の基本
  65. 今さら聞けない神社・仏閣の参拝のしかた
  66. 今さら聞けないテーブルマナー(洋食編)
  67. 今さら聞けない保育所の入り方2 ~入所手続きの流れとポイント~
  68. 今さら聞けないブライダルマナー
  69. 今さら聞けない保育所の入り方1 ~「認可」と「認可外」の違い~