知らなきゃ困る!? 今さら聞けない一般常識

【消費税率10%】知って得する軽減税率のポイント

2019101日からの消費税率の引き上げが確実になりました。今回の消費税率引き上げでは、生鮮食品など一部の商品について軽減税率が導入される予定ですが、それに合わせて関連業界がさまざまな動きを始めています。そこで今回は、知って得する軽減税率制度のポイントについてファイナンシャルプランナーの斉藤さんに紹介していただきます。

軽減税率制度とは?

2019101日から消費税率を10%に引き上げるのに合わせ、一部の商品については軽減税率が適用され、消費税率が8%のまま据え置かれます。(参照1

2019年10月1日からの消費税率

軽減税率…8%(消費税率6.24%・地方消費税率1.76%)

標準税率…10%(消費税率7.8%・地方消費税率2.2%)

軽減税率が適用されるもの

8%の軽減税率の対象となる品目は、酒類・外食を除く「飲料食品」と、定期購読契約に基づき、週2回以上発行される「新聞」です。

軽減税率8が適用されるのは、私たちが生活していくうえで欠かせない「食品」と、定期購読している「新聞」です。

食品については「人の飲用または食用に供されるもの」と定義されていますが、ビールやワインなどの「酒類」やレストランなどで提供される「外食」、お客さまの指定する場所に出向いて提供される「ケータリング」には軽減税率は適用されません。また、食品ではありませんが、私たちが服用する「医薬品」「医薬部外品」なども軽減税率は適用されません

※1:1食640円以上、累計1920円以上は標準税率に該当
※2:薬事法で明確に定義されていないサプリや健康食品は軽減税率に該当
軽減税率が適用されないのは「酒類」「外食」「ケータリング」「医薬品・医薬部外品」などです。

これって8%? 10%? 知っていたら自慢できる!? 軽減税率のポイント

軽減税率制度は少し複雑で、例えば「飲食店内で食べれば10だけど、テイクアウトすれば8」「お店で買えば8だけど、イートインコーナーで食べれば10など、消費税率がどっちなのか迷ってしまうことがあります。
そこで、国税庁が公表している資料を参考に、知っておくと自慢できるかもしれない軽減税率制度のポイントをいくつかご紹介していきます。

【消費税率 軽減税率対象イメージ(2019年10月1日実施)】

・おもちゃ付きのお菓子

8%税抜き価格が1万円以下で、食品の価格が全体の3分の2以上を占める場合

食品とおもちゃがいっしょに販売されている商品は「一体資産」に分類されます。一体資産の場合、「税抜き価格が1万円以下で、食品の価格が全体の3分の2以上を占める場合」は「食品」になり、軽減税率が適用されて「8%」になります。

・ミネラルウォーターや水道水

8%ミネラルウォーターなど「食品」として供給されるもの
10%「食品以外」の生活用水(ペットボトルに入れて飲用水として提供する場合は8%

水道水は、炊事用や飲用など「食品」として供給されるものと、風呂水や洗濯水など「食品以外の生活用水」として供給されるものが混ざり合っているため10になります。しかし、水道水をペットボトルに入れて飲用水として提供する場合には、ミネラルウォーターと同様に軽減税率が適用されて8になります。

・保冷用の氷

8%かき氷の氷・飲み物などに入れて提供されるもの
10%保冷用に提供されるもの

かき氷の氷や、飲み物に入れて提供される氷は「食品」になり、軽減税率が適用されて8になります。しかし、保冷用に提供される氷は、「食品」ではないため10になります。

・生きた魚

8%食用として販売される魚
10%観賞用の魚

生け魚など、食用として販売される魚軽減税率が適用されて8になりますが、観賞用の魚などは10になります。

・ペットフード

10%あきらかにペット用のものは食品とみなされないため

人が飲んだり食べたりするものが「食品」なので、ペットフードに軽減税率は適用されず10になります。

・みりんや料理酒

8%酒類に該当しないアルコール分が1度未満の「みりん風調味料」は適用
10%みりんや料理酒が「酒税法に規定する酒類」に区分されるもの

お酒類は、酒税法によって区分されます。例えば、みりんや料理酒が「酒税法に規定する酒類」に区分される場合は「10になりますが、酒類に該当しないアルコール分が1度未満の「みりん風調味料」については、軽減税率が適用されて「8」になります。

・ノンアルコールビールや甘酒

8%「酒類」ではないため

ノンアルコール飲料や甘酒は酒税法に規定する「酒類」ではないので、軽減税率が適用されて8になります。

・栄養ドリンク

8%医薬品等に含まれない栄養ドリンクは「飲料品」
10%「医薬品」や「医薬部外品」として販売されているもの

栄養ドリンクには、「医薬品」や「医薬部外品」として販売されているものがありますが、それらは「医薬品等」になるため10になります。しかし、医薬品等に含まれない栄養ドリンクは「飲料品」になり、軽減税率が適用されて8になります。

・健康食品

8%医薬品ではないサプリメントなど

健康食品や特定保健用食品などは「医薬品等」ではないため、軽減税率が適用されて8になります。

・いちご狩りや潮干狩り

8%入園料と別にお金を払って持ち帰る果物や魚など「食品」に相当
10%収穫したものを園内などで食べる場合「外食」に相当

  いちご狩りや潮干狩りなどの入園料は、入場者に収穫を楽しんでもらうのが目的なので10になります。また、収穫した果物や魚介類などを園内で食べる場合も「外食」になるので、10になります。ただし、入園料とは別にお金を支払って持ち帰る果物や魚介類は「食品」になるので、軽減税率が適用されて8になります。

・飲食店で出された料理の残りを持ち帰る場合

8%持ち帰ることを前提として注文した場合
10%店内で飲食するのを前提に注文したが持ち帰った場合

消費税率が「10」なのか、それとも「8」なのかは、食事を提供した時点で判断されます。そのため、店内で飲食するのを前提に注文した場合には、残りを持ち帰った場合でも軽減税率は適用されず「10になります。

・学校や老人ホームなどで提供される食事

8%食事代が1食あたり640円以下、1日の合計が1920円まで

学校給食や老人ホームなどで提供される食事は「食事代が1食あたり640円以下、1日の合計が1920円まで」という条件を満たしていれば、軽減税率が適用されて「8」になります。

まとめ

大手外食チェーンを中心に、軽減税率の導入に備えてさまざまな対応が検討されています。例えば、商品を税込み表示にして、店内で食べても、テイクアウトしても同じ料金にすることを決めたお店もあれば、軽減税率の導入に合わせ、テイクアウトメニューを充実させるお店も増えています。
消費税率の引き上げに備えて、よく利用するお店の情報もチェックしておくといいかもしれませんね。

 

[参照]
国税庁「軽減税率制度」
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/0018006-112.pdf

[参照事例]
KFC「消費税率引き上げ、軽減税率制度導入に伴う対応について」
http://japan.kfc.co.jp/news_release/news190719.html

串カツ田中「テイクアウト」
https://kushi-tanaka.co.jp/news/entry/898

\もっと収入をアップしたい♪高給与の求人/

斎藤さん

プロフィール

斉藤 勇(さいとう いさむ)

ファイナンシャルプランナー/宅地建物取引士

オフィスISC代表。保険や貯蓄、住宅ローンなど、お金にまつわる疑問や悩みごとの相談に応じている。不動産取引では不動産投資を通じて得た豊富な取引経験をもとに、売り手と買い手、貸し手と借り手、それぞれの立場でアドバイスを実施。趣味はマリンスポーツ。モットーは「常に感謝の気持ちを忘れずに」。

今さら聞けない一般常識 ほかの記事も読む

  1. 【消費税率10%】知って得する軽減税率のポイント
  2. 意外と知らない有給休暇の基本
  3. 【スマホ決算】メリットや仕組み・利用の注意点を紹介!
  4. 【2019令和初】「夏のボーナスいくら?」看護師1000人調査
  5. 看護師寮に入って働く! 寮生活のメリット&デメリット
  6. 看護師の年収調査「みんなより多い? 少ない?」【2019年版】
  7. 看護師退職の手続きガイド 【年金・健康保険・失業保険】(後編)
  8. 【ふるさと納税】はじめてガイド「簡単」「お得!」
  9. 看護師退職の手続きガイド 【年金・健康保険・失業保険】(前編)
  10. 貯金が苦手な看護師でもできる「カンタン貯金術」
  11. 看護師 2018年冬のボーナス実態調査 「みんなと比べて高いの?」
  12. 150万円の壁とは? 配偶者控除・2018年から注意すべきこと
  13. 奨学金のお礼奉公中に転職・退職するには?
  14. ミニ保険で思わぬリスクをカバー
  15. 2018年看護師・夏のボーナス徹底調査~医療・福祉業界で看護師は3位にランクイン~
  16. アパート・マンションを借りたら入らなければならない「借家人賠償責任保険」って?
  17. 「仮想通貨」ってなに? 5分でわかる看護師のためのマネー講座
  18. いよいよスタート!【つみたてNISA】ってどうやって始めたらいいの?
  19. インターネットでもできる? 2018年の確定申告はココをチェック!
  20. 看護師の冬のボーナス大調査! お金が「貯まる」ボーナスの使い方って?
  21. どんな準備が必要? 「年末調整」の基礎知識
  22. 【スマホ代節約術】格安スマホに乗り換えはホントにお得!? <後編>
  23. 【スマホ代節約術】格安スマホ - メリット&デメリット<前編>
  24. 「夏の転職」じつは狙い目? 夏転職のメリット・デメリット大公開
  25. 看護師の夏のボーナス、高いって本当?
  26. 賢く活用して貯蓄しよう! 「生命保険」の基礎知識
  27. 育休取得前に知っておきたい!「育休」の基礎知識<後編>
  28. 育休取得前に知っておきたい!「育休」の基礎知識<前編>
  29. 103万円の壁? 「扶養内で働く」ってどういうこと?<前編>
  30. 103万円の壁? 「扶養内で働く」ってどういうこと?<後編>
  31. 今さら聞けないホームパーティーの常識
  32. 今さら聞けないスマートフォンの使い方
  33. 今さら聞けない履歴書、職務経歴書の書き方
  34. 今さら聞けないもしものときの防災対策
  35. 今さら聞けないチップの常識
  36. 今さら聞けない子どものトラブル対処法
  37. 今さら聞けないお中元の常識
  38. 今さら聞けない児童扶養手当2
  39. 今さら聞けない児童扶養手当1
  40. 「マイナンバー」の基礎知識
  41. 今さら聞けない電話応対のマナー
  42. 今さら聞けない年賀状の書き方
  43. 今さら聞けない交通事故を起こしたときの対応
  44. 今さら聞けないお通夜・葬儀・告別式での服装マナー
  45. 今さら聞けない給与明細の項目2 ~手当とは?~
  46. 今さら聞けない給与明細の項目1 ~控除とは?~
  47. 今さら聞けない夫の実家へ帰省するときのマナー
  48. 今さら聞けない「暑中見舞い・残暑見舞い」のマナー
  49. 今さら聞けない神前結婚式のゲストマナー
  50. 今さら聞けない海外旅行時の外貨両替
  51. 今さら聞けない入学祝いの常識
  52. 今さら聞けない引越しの常識
  53. 今さら聞けない確定申告の基本
  54. 今さら聞けない神社・仏閣の参拝のしかた
  55. 今さら聞けないテーブルマナー(洋食編)
  56. 今さら聞けない保育所の入り方2 ~入所手続きの流れとポイント~
  57. 今さら聞けない保育所の入り方1 ~「認可」と「認可外」の違い~
  58. 今さら聞けないブライダルマナー