知らなきゃ困る!? 今さら聞けない一般常識

意外と知らない有給休暇の基本

年次有給休暇(以下、有休)は労働者に対し、労働基準法によってある一定の日数を付与することが義務づけられています。しかし有休の取り方や注意点など、その詳細について把握している人は少ないのが現状です。みなさんは有休について正しく知っていますか?

公休と有休の違い

公休は会社や企業などがそれぞれ取り決めた休日であり、基本的に賃金は発生しません。それに対し有休は労働基準法で定められた休暇であり、賃金が発生します。有休は労働者であれば誰でも取得できるというわけではなく、労働基準法第39条に基づき以下の要件をいずれも満たしている場合、継続あるいは分割して10日の有休が付与されます。

・雇用日から数えて6カ月の間、継続して勤務している
・全労働日の8割以上出勤している

有休の付与日数は継続年数によって随時加算されていき、20日を上限としています。
これらは正社員だけでなくパート、アルバイトなどの非正規労働者も同等に付与することが義務づけられています。

※ただし、労働日数や時間が少ない労働者の場合、労働日数に応じて付与される「比例付与方式」に基づいて休暇日数が定められます。

また、労働基準法の改正により2019年4月から、10日以上の有休の取得条件を満たしている労働者には、有休付与日から1年以内に最低5日は有休を取得させることが義務づけられました。取得日数が5日未満の場合、企業側が日にちを指定して有休を取得させることになります。

有給休暇の取り方

1~2日間程度の休暇であれば特に大きな問題はないかと思われますが、3日間以上の連休を取得する場合、ほかのスタッフとの調整が必要となる場合があります。
予定が決まっている場合は事前に上司に打診しておくことをおすすめします。また、翌月以降の勤務希望を申請する場合、事前に意思表示をしておかないと公休扱いにされる場合がありますので、必ず有休取得の意向を前もって伝えましょう。

有休を請求する権利は有休発生日から2年で時効となり、残った有休日数は消滅してしまいますので、事前に有休残日数を把握したうえで、計画的に調整していくことが大切です。

有給休暇取得前にやっておくべきこと

やむを得ない事情がない限り、参加が義務化されている研修日や、自分が不在だと業務に支障が出る会議の日などに有休を取得するのは避けるように調整しましょう。
長期休暇を取る場合、事前に処理しなければならない仕事の有無を確認し、必要であれば引き継ぎなど調整をしておくことも大切です。

周囲への気遣いも必要

有休は労働者の権利であるとはいえ、周囲の状況を考えない取得は心証が悪くなる恐れがあります。長期連休を取得した場合は特に、休み明けの出勤時には上司やスタッフにお礼を伝えるといいでしょう。また、事務の方に迷惑をかけないためにも、有休の届け出などの書類提出は早めにしておくよう心がけましょう。

しっかりリフレッシュするためにも、有休を取得する際は自分だけでなく周囲の状況も踏まえたうえで、事前にしっかりと準備をしておきましょう。

坂口 千絵

プロフィール

坂口 千絵

看護師/カウンセラー/ライフコーチ/セミナー講師/WEBライター

看護師、教育・指導サポート歴25年以上。コーチング、カウンセングなどの個人セッション実績豊富。2019年、「サポート職に携わる人のサポートに徹する」ことを決断し、25年間の看護師人生に幕を下ろす。
家族の死、最愛の夫の病死を通じ、死生観について学んだ経験をもとに、魂の望みを叶えながら、周りの人の幸せもしっかりとサポートしたい人に向け、オンライン講座を提供。セッションは「とにかく話しやすい」「具体的でわかりやすい」と好評。
直観力を駆使したセッションが大好評にて、続々と全国から受講生が集まっている。

この著者の記事一覧

今さら聞けない一般常識 ほかの記事も読む

  1. iPhone、iPad、Apple Watchに最新モデル登場! 21年秋のApple新製品をチェックしよう
  2. オンライン婚活成功のポイント
  3. 知っておきたい! 「残業」についての基礎知識
  4. マッチングアプリで出会った相手との初デートで気をつけたいこと
  5. 2020年分の利用は年末まで! 駆け込みでふるさと納税するのに注意したいポイントは?
  6. いまさら聞けないキャッシュレス決済! 今後も使いこなすためのポイントとは?
  7. 看護師こそ保険を検討するべき? 看護職賠償責任保険について解説!
  8. 【民法改正】看護師さんが知っておきたい「敷金」のルール
  9. 教育費を計画的に準備しよう! こども保険(学資保険)の上手な入り方
  10. 2019年看護師冬のボーナス 2018年と比べて高かった?低かった?
  11. 【消費税率10%】知って得する軽減税率のポイント
  12. 【キャッシュレス】知って得するクレジットカードの上手な使い方・間違った使い方
  13. 意外と知らない有給休暇の基本
  14. 【2019令和初】「夏のボーナスいくら?」看護師1000人調査
  15. 【スマホ決済】メリットや仕組み・利用の注意点を紹介!
  16. 看護師寮に入って働く! 寮生活のメリット&デメリット
  17. 看護師の年収調査「みんなより多い? 少ない?」【2019年版】
  18. 看護師退職の手続きガイド 【年金・健康保険・失業保険】(後編)
  19. 【ふるさと納税】はじめてガイド「簡単」「お得!」
  20. 看護師退職の手続きガイド 【年金・健康保険・失業保険】(前編)
  21. 看護師 2018年冬のボーナス実態調査 「みんなと比べて高いの?」
  22. 貯金が苦手な看護師でもできる「カンタン貯金術」
  23. 150万円の壁とは? 配偶者控除・2018年から注意すべきこと
  24. 奨学金のお礼奉公中に転職・退職するには?
  25. ミニ保険で思わぬリスクをカバー
  26. 2018年看護師・夏のボーナス徹底調査~医療・福祉業界で看護師は3位にランクイン~
  27. アパート・マンションを借りたら入らなければならない「借家人賠償責任保険」って?
  28. いよいよスタート!【つみたてNISA】ってどうやって始めたらいいの?
  29. 「仮想通貨」ってなに? 5分でわかる看護師のためのマネー講座
  30. 看護師の冬のボーナス大調査! お金が「貯まる」ボーナスの使い方って?
  31. インターネットでもできる? 2018年の確定申告はココをチェック!
  32. どんな準備が必要? 「年末調整」の基礎知識
  33. 【スマホ代節約術】格安スマホに乗り換えはホントにお得!? <後編>
  34. 【スマホ代節約術】格安スマホ - メリット&デメリット<前編>
  35. 「夏の転職」じつは狙い目? 夏転職のメリット・デメリット大公開
  36. 看護師の夏のボーナス、高いって本当?
  37. 賢く活用して貯蓄しよう! 「生命保険」の基礎知識
  38. 育休取得前に知っておきたい!「育休」の基礎知識<後編>
  39. 育休取得前に知っておきたい!「育休」の基礎知識<前編>
  40. 103万円の壁? 「扶養内で働く」ってどういうこと?<前編>
  41. 103万円の壁? 「扶養内で働く」ってどういうこと?<後編>
  42. 今さら聞けないホームパーティーの常識
  43. 今さら聞けないスマートフォンの使い方
  44. 今さら聞けない履歴書、職務経歴書の書き方
  45. 今さら聞けないもしものときの防災対策
  46. 今さら聞けないチップの常識
  47. 今さら聞けない子どものトラブル対処法
  48. 今さら聞けないお中元の常識
  49. 今さら聞けない児童扶養手当2
  50. 今さら聞けない児童扶養手当1
  51. 「マイナンバー」の基礎知識
  52. 今さら聞けない電話応対のマナー
  53. 今さら聞けない年賀状の書き方
  54. 今さら聞けない交通事故を起こしたときの対応
  55. 今さら聞けないお通夜・葬儀・告別式での服装マナー
  56. 今さら聞けない給与明細の項目2 ~手当とは?~
  57. 今さら聞けない給与明細の項目1 ~控除とは?~
  58. 今さら聞けない夫の実家へ帰省するときのマナー
  59. 今さら聞けない「暑中見舞い・残暑見舞い」のマナー
  60. 今さら聞けない神前結婚式のゲストマナー
  61. 今さら聞けない海外旅行時の外貨両替
  62. 今さら聞けない入学祝いの常識
  63. 今さら聞けない引越しの常識
  64. 今さら聞けない確定申告の基本
  65. 今さら聞けない神社・仏閣の参拝のしかた
  66. 今さら聞けないテーブルマナー(洋食編)
  67. 今さら聞けない保育所の入り方2 ~入所手続きの流れとポイント~
  68. 今さら聞けないブライダルマナー
  69. 今さら聞けない保育所の入り方1 ~「認可」と「認可外」の違い~