知らなきゃ困る!? 今さら聞けない一般常識

【2019令和初】「夏のボーナスいくら?」看護師1000人調査

1.大手企業の令和初夏ボーナスは2年ぶり減少

経団連は2019年6月11日、大手企業の2019年夏ボーナスの一時集計結果を発表しました。2018年は調査開始以来の最高値を記録しましたが、今年は18年比で2.52%減少、平均妥結額は97万1777円でした。第1回の集計結果としては2015年から5年連続で90万を超える水準となり、賃上げの勢いは続いているようです。

こうした最新のボーナス事情を踏まえ、ファイナンシャルプランナーの斉藤 勇さんに平成最後のボーナス事情から令和初となる夏ボーナス予想、気になる看護師のボーナス事情などを解説いただきます。

2.平成最後の夏ボーナス全業種の平均は4.7%増額

平成30年 夏のボーナス平均支給額は?「38万3879円(昨年比4.7%増)」(参照:厚生労働省)

看護師の夏のボーナス支給額を紹介する前に、まずはさまざまな業種のボーナス支給額を振り返ってみましょう。

厚生労働省が公表している毎月勤労統計によると、平成30年の夏のボーナス支給額は38万3879円で、平成29年に比べて4.7%増加しました。

業種別ボーナス支給額をチェック!全産業 ボーナス支給額平均38万3879円、4.7%増、医療福祉2.0%減

※参照:厚生労働省
※データは平成31年4月時点で公表されているデータです
※5人以上の事業所が調査対象で、平成30年6月から8月に「特別に支払われた給与」のうち、賞与として支給された給与を特別集計

平成30年の「業種別ボーナス支給額」を見てみると、全産業のボーナス支給額平均38万3879円(4.7%増)、医療福祉は26万7661円(2.0%減)でした。

業種別のボーナス支給額はまちまちですが、業績が好調だった「建設業」の支給額が前年より22.7えたほか、人手不足が課題になっている「運輸業・郵便業」が前年より17.2%増えるなど、上昇率の大きさが目立ちました。一方で、低金利で経営環境が厳しさを増している「金融業・保険業」が前年より10.8%減少するなど、全体の支給額が増える中で減少している業種もありました。

3.気になる看護師の令和初ボーナス<上がる? 下がる?>

看護師・夏のボーナスは増加傾向となるかも!?

続いて、賃金構造基本統計調査の結果をもとに計算した、看護師と准看護師の過去5年間の夏季ボーナスの推移を見てみましょう。


過去5年(平成26~30年)の看護師ボーナス平均額は看護師「40万5780円」、准看護師「32万5300円」でした。

ボーナス支給額はその年によって増減を繰り返しており、過去5年間の平均支給額は看護師が405780円、准看護師が325300円でした。このことから、看護師と准看護師のボーナス支給額はその年の景気に左右されることなく、安定して支給されていると言えそうです。

 

※「賃金構造基本統計調査 職種別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与」のデータセットから年間賞与を抜粋し、2/1にて算出

看護師と准看護師の「令和元年 夏季ボーナス」の金額は、大手企業の支給額の伸び悩みが予想される中、人手不足を背景にわずかながら上昇して、看護師が41万3149円、准看護師が33万2796円と予想します。

前年の金額に対し1.2%増で算出したところ、令和初ボーナスは看護師「41万3149円」、准看護師「33万2796円」と予想しました。

4.【夏ボーナス】看護師1000人アンケート、4人に1人が「30~40万円」

続いて、マイナビが看護職員として働いている20代・30代の男女1000名を対象に実施した、アンケート結果を見てみましょう。

看護師1000人に聞きました!「夏のボーナスいくらもらってる?」 第1位 30万~40万円 24.50% 第2位 20万~30万円 18.20% 第3位 40万~50万円 17.70%

※2019年1月実施「マイナビ看護師アンケート」(楽天インサイト調べ)

看護師1000人にアンケートを実施、夏のボーナス支給額の第1位は1位30万~40万円 、第2位は20万~30万円、第3位は40万~50万円という結果となりました。

昨年の夏のボーナス支給額を聞いたところ、最も多かったのが30万円以上40万円未満(24.5%)」で、およそ4人に1が該当しました。続いて多かったのは20万円以上30万円未満(18.2%)」40万円以上50万円未満(17.7%)」となりました。

一方で、夏のボーナスは「支給なし(9.1%)」10万円未満(7.9%)」と回答した方も。今回の調査対象者の属性を見ると、看護職員としての経験年数が「1年未満」と回答した人が3.6%、「1年以上3年未満」と回答した人が7.1%いました。さらに、アンケートに回答した看護師の57.0%が複数の職場で勤務をした経験(転職の経験)があると回答しており、転職したばかりで勤続年数が少ない看護師の場合は夏のボーナス支給額が少なかったようです。

 

◆「ボーナス支給額」働き方によるに差はあるの?

働き方を見ると、90の人が「正職員」として働いていますが、そのほかでは「パート・アルバイト」5「短時間正職員」3「派遣」2でした。こうした働き方の違いも、ボーナス支給額に影響していると思われます。

看護師1000人に聞きました!「正社員ですか?パートですか?」

※2019年1月実施「マイナビ看護師アンケート」(楽天インサイト調べ)

正職員

90%

パート・アルバイト

5%

短時間正職員

3%

派遣

2%

 

◆性別による差はあるの?「男性・女性 ボーナス支給額 ベスト3

夏のボーナスの支給額を男女別で見ると、男性は「40万円以上50万円未満」が最も多かったのに対し、女性は「30万円以上40万円未満」が最も多く、ボリュームゾーンが男性のほうが10万円ほど高いという結果に。男性と女性の勤続年数を見ると、分布の状況には大きな差が見られませんでした。しかし、男性はアンケートに回答した全員が「正職員」として働いていましたが、女性で「正職員」として働いているのは88.7。正職員として働く割合が高い男性は、女性よりもボーナス支給額の平均が高くなる傾向にあるようです。

夏のボーナス支給額を男女別に見ると、女性は30万~40万円が24.9%でもっとも多く、次いで20万~30万円が18.5%、40万~50万円が16.8%でした。男性は40万~50万円が24.50%でもっとも多く、次いで30万~40万円が18.2%、50万~60万円が17.7%という結果となりました。

夏のボーナス支給額を男女別に見ると、女性は30万~40万円が24.9%でもっとも多く、次いで20万~30万円が18.5%、40万~50万円が16.8%でした。男性は40万~50万円が24.50%でもっとも多く、次いで30万~40万円が18.2%、50万~60万円が17.7%という結果となりました。

 

◆年齢による差はあるの?20代・30代 夏のボーナスいくら?」

一方、20代・30代でボーナスの支給額を比較すると、どちらも30万円以上40万円未満」が最も多く、ボリュームゾーンに大きな違いは見られませんでした。

夏のボーナス支給額を年代別に見ると、20代は30万~40万円が29.2%でもっとも多く、次いで40万~50万円が16.8%、20万~30万円が16.1%でした。30代は30万~40万円が22.7%でもっとも多く、次いで20万~30万円が19.0%、40万~50万円が18.0%という結果となりました。

夏のボーナス支給額を年代別に見ると、20代は30万~40万円が29.2%でもっとも多く、次いで40万~50万円が16.8%、20万~30万円が16.1%でした。30代は30万~40万円が22.7%でもっとも多く、次いで20万~30万円が19.0%、40万~50万円が18.0%という結果となりました。

看護師としての経験年数の分布を見ると、それぞれのボリュームゾーンは20代が「5年以上10年未満(51.8%)」「3年以上5年未満(26.3%)」「1年以上3年未満(14.2%)」で、30代は「10年以上15年未満(42.8%)」「5年以上10年未満(31.1%)」「15年以上20年未満(12.8%)」でした。また、「正職員」として働いている人の割合は、20代が93.1%で30代が88.8。こちらも大きな差はありませんでした。

こうしたことから、看護師のボーナス支給額は仕事の内容や働き方によって決まる傾向が強く、年齢による影響は受けにくいと考えられそうです。

5.まとめ

ボーナスの支給額は、勤務先の給与システムや仕事の内容、雇用形態によって違うため単純には比較できません。しかし、正職員として同じ職場で働き続ければ、ボーナスの支給額が増えて収入アップの近道になるといえます。転職先を選ぶときには、正職員として長く働けそうな職場を選ぶのもポイントですね。

文:FPライター 斉藤 勇

 

【関連記事を読む】
看護師の年収調査「みんなより多い? 少ない?」【2019年版】
看護師2018年冬のボーナス実態調査「みんなと比べて高いの?」
看護師の冬のボーナス大調査! お金が「貯まる」ボーナスの使い方って?
看護師の夏のボーナス、高いって本当?

<参考>

厚生労働省「毎月勤労統計」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/30/3009p/dl/pdf3009p.pdf
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/30/3009p/3009p.html

今さら聞けない一般常識 ほかの記事も読む

  1. 意外と知らない有給休暇の基本
  2. 【スマホ決算】メリットや仕組み・利用の注意点を紹介!
  3. 【2019令和初】「夏のボーナスいくら?」看護師1000人調査
  4. 看護師寮に入って働く! 寮生活のメリット&デメリット
  5. 看護師の年収調査「みんなより多い? 少ない?」【2019年版】
  6. 看護師退職の手続きガイド 【年金・健康保険・失業保険】(後編)
  7. 【ふるさと納税】はじめてガイド「簡単」「お得!」
  8. 看護師退職の手続きガイド 【年金・健康保険・失業保険】(前編)
  9. 貯金が苦手な看護師でもできる「カンタン貯金術」
  10. 看護師 2018年冬のボーナス実態調査 「みんなと比べて高いの?」
  11. 150万円の壁とは? 配偶者控除・2018年から注意すべきこと
  12. 奨学金のお礼奉公中に転職・退職するには?
  13. ミニ保険で思わぬリスクをカバー
  14. 2018年看護師・夏のボーナス徹底調査~医療・福祉業界で看護師は3位にランクイン~
  15. アパート・マンションを借りたら入らなければならない「借家人賠償責任保険」って?
  16. 「仮想通貨」ってなに? 5分でわかる看護師のためのマネー講座
  17. いよいよスタート!【つみたてNISA】ってどうやって始めたらいいの?
  18. インターネットでもできる? 2018年の確定申告はココをチェック!
  19. 看護師の冬のボーナス大調査! お金が「貯まる」ボーナスの使い方って?
  20. どんな準備が必要? 「年末調整」の基礎知識
  21. 【スマホ代節約術】格安スマホに乗り換えはホントにお得!? <後編>
  22. 【スマホ代節約術】格安スマホ - メリット&デメリット<前編>
  23. 「夏の転職」じつは狙い目? 夏転職のメリット・デメリット大公開
  24. 看護師の夏のボーナス、高いって本当?
  25. 賢く活用して貯蓄しよう! 「生命保険」の基礎知識
  26. 育休取得前に知っておきたい!「育休」の基礎知識<後編>
  27. 育休取得前に知っておきたい!「育休」の基礎知識<前編>
  28. 103万円の壁? 「扶養内で働く」ってどういうこと?<前編>
  29. 103万円の壁? 「扶養内で働く」ってどういうこと?<後編>
  30. 今さら聞けないホームパーティーの常識
  31. 今さら聞けないスマートフォンの使い方
  32. 今さら聞けない履歴書、職務経歴書の書き方
  33. 今さら聞けないもしものときの防災対策
  34. 今さら聞けないチップの常識
  35. 今さら聞けない子どものトラブル対処法
  36. 今さら聞けないお中元の常識
  37. 今さら聞けない児童扶養手当2
  38. 今さら聞けない児童扶養手当1
  39. 「マイナンバー」の基礎知識
  40. 今さら聞けない電話応対のマナー
  41. 今さら聞けない年賀状の書き方
  42. 今さら聞けない交通事故を起こしたときの対応
  43. 今さら聞けないお通夜・葬儀・告別式での服装マナー
  44. 今さら聞けない給与明細の項目2 ~手当とは?~
  45. 今さら聞けない給与明細の項目1 ~控除とは?~
  46. 今さら聞けない夫の実家へ帰省するときのマナー
  47. 今さら聞けない「暑中見舞い・残暑見舞い」のマナー
  48. 今さら聞けない神前結婚式のゲストマナー
  49. 今さら聞けない海外旅行時の外貨両替
  50. 今さら聞けない入学祝いの常識
  51. 今さら聞けない引越しの常識
  52. 今さら聞けない確定申告の基本
  53. 今さら聞けない神社・仏閣の参拝のしかた
  54. 今さら聞けないテーブルマナー(洋食編)
  55. 今さら聞けない保育所の入り方2 ~入所手続きの流れとポイント~
  56. 今さら聞けない保育所の入り方1 ~「認可」と「認可外」の違い~
  57. 今さら聞けないブライダルマナー