知らなきゃ困る!? 今さら聞けない一般常識

150万円の壁とは? 配偶者控除・2018年から注意すべきこと

扶養に入りながら仕事をしている場合、配偶者控除を受けるためにはさまざまな条件があります。条件のひとつが、年収です。「103万円の壁」「150万円の壁」というキーワードをニュースで聞いたことがあるのではないでしょうか。2018年1月に配偶者控除の制度が変わったことにより、どのような影響があるのかについて解説します。

配偶者控除の仕組みを理解しよう

「配偶者控除」「配偶者特別控除」とは、世帯主などの納税者に配偶者がいて要件を満たした場合、納税者の所得から一定額を控除できる制度のことです。それにより、所得税による負担が軽減されます。
2017年までは、パートなどで働いている主婦の年収が103万円以下であれば、「配偶者控除」の対象になり、世帯主である夫の所得から38万円が控除され、所得税が軽減されていました。これがいわゆる「103万円の壁」です。
また、年収が103万円を超える場合でも141万円以下であれば、一定の所得控除が受けられました。これが「配偶者特別控除」です。

具体例を見てみましょう。仮に世帯主となる夫の課税される1年間の総所得金額(※1)が400万円、配偶者であるあなたの年収が100万円の場合、所得税額は7万6000円軽減されます。

「配偶者控除」でどれくらい所得税が軽減できるの?

【例 : 夫の所得金額が400万円の場合】

配偶者控除が受けられない場合
(400万円)×(税率20%)-(控除額42万7500円)=(所得税額37万2500円)

 

配偶者控除が受けられる場合
(400万円-配偶者控除38万円)×(税率20%)-(控除額42万7500円)=(所得税額29万6500円)

 

受けられる場合とそうでない場合の差額は……

配偶者控除が受けられない場合の所得税
(37万2500円)

配偶者控除が受けられる場合の所得税
(29万6500円)

=7万6000円!

「配偶者控除」でどれくらい所得税が軽減できるの?

【例 : 夫の所得金額が400万円の場合】

 

配偶者控除が受けられない場合
(400万円)×(税率20%)-(控除額42万7500円)=(所得税の額37万2500円)

 

配偶者控除が受けられる場合
(400万円-配偶者控除38万円)×(税率20%)-(控除額42万7500円)=(所得税の額29万6500円)

 

受けられる場合とそうでない場合の差額は……

配偶者控除が受けられない場合の所得税(37万2500円)
配偶者控除が受けられる場合の所得税(29万6500円)

=7万6000円!

※1「課税される所得金額」とは、収入(年収)から費用を差し引いたあとの金額のことです。課税される税率と所得税の控除額は、課税される所得金額により変動します(【表1】参照)。

【表1】所得税の税率

国税庁「No.2260 所得税の税率 所得税の速算表」をもとに作成

 

2018年からの配偶者控除はどう変わる?

これまでの「配偶者控除」には「103万円の壁」がありましたが、2018年1月をもって「38万円の控除(※2)」を受けられる配偶者の年収の上限が150万円以下(給与収入のみの場合)まで拡大されました。このことから「150万円の壁」と呼ばれています。

また、年収が150万円を超える場合(もしくは所得が85万円を超える場合)においても、控除額が38万円以下にはなるものの、年収201万円(もしくは所得123万円)以下まで、段階的に一定の所得控除が受けられます(【表2】参照)。これが税制改正後の「配偶者特別控除」です。

配偶者控除を気にして働きたくても働くことができなかった方は、今回の税制改正で家計所得を増やすチャンスが増えました。
しかし、すべての人が得をするというわけではありません。今回の制度改定では「配偶者控除」「配偶者特別控除」を受けられる世帯主などの納税者の年収に条件ができました。年収が1220万円(所得1000万円)を超えると配偶者控除を受けられなくなり、また、年収が1220万円以下でも年収1120万円(所得900万円)を超えると、段階的に配偶者控除額が下がるようになっています。世帯主の年収が高い方にとってはメリットが少ない制度になっています。

※2「年収」と「所得」は異なります。パートで働く主婦の場合、年収から「給与所得控除65万円」を控除した金額が「所得」で、「年収103万円」の場合は「所得38万円」です。

【表2】配偶者特別控除の控除額

※給与所得者の合計所得金額が1000万円超(給与所得だけの場合の給与所得者の給与等の収入金額が1220万円超)の場合、配偶者の年収によらず控除額は0円となります。

国税庁「配偶者特別控除 3配偶者特別控除の控除額」をもとに作成

まだある! 「106万円の壁」「130万円の壁」ってなに?

配偶者の扶養内で働きたいとお考えの場合には、「150万円の壁」以外にもチェックしておきたい壁があります。
そのひとつが、年金や健康保険など社会保険にかかわる「130万円の壁」です。
世帯主の夫が勤務先の健康保険・厚生年金保険の被保険者になっていて、配偶者であるあなたがパートやアルバイトで働いている場合、厚生年金や健康保険の被扶養者となれる可能性があります。その場合、健康保険料や年金保険料が免除されます
しかし、見込み年収が130万円を超えると世帯主の被扶養者となれる条件から外れ、自分で国民健康保険や国民年金保険に加入する必要があります。なお、見込み年収には、給与はもちろん賞与や通勤交通費も含みますので注意が必要です。見込み年収が130万円を超えるとみなされるかどうかは、各健康保険組合によって判断基準が異なりますので、心配な方は世帯主が加入している健康保険組合に確認をしましょう。

国民年金や国民健康保険へ加入する必要が出てきた場合、社会保険の保険料の負担を考えると、前項で紹介した150万円の壁」の範囲内で働いていても、手取りの収入が減ってしまう可能性があるため注意が必要です

なお、106万円の壁」と呼ばれる、自分の勤め先の健康保険・厚生年金保険に加入する義務が発生する「壁」もあります。下記の5要件すべてに該当する場合は、勤め先の健康保険・厚生年金保険に加入しなければなりません。要件2の「1カ月あたりの所定内賃金が8万8000円以上」により、月8万8000円×12カ月=105万6000円で約106万円となることから「106万円の壁」といわれることもありますが、厳密には月あたりの賃金が基準となることに留意しましょう。

勤め先の健康保険・厚生年金保険加入の義務が発生する
「106万円の壁」チェック!

 

1.所定労働時間が週20時間以上

2.1カ月あたりの所定内賃金が8万8000円以上

3.雇用見込み期間が1年以上

4.学生でないこと

5.従業員501人以上の事業所、または従業員数500人以下の会社で社会保険に加入することについて労使で合意がされている

 

最後に

日本政府は、女性の社会進出を促進するため、配偶者控除の制度を改定しました。しかし、いまだ社会保険や税金の壁は残されており、働く時間を増やせばそのぶん手取り収入が増えるというわけにはいきません。
「103万円の壁を超えて働こう!」とお考えの方は、税制や社会保険の仕組みを理解して、それぞれの家庭にあわせた働き方を考えてみてくださいね。

 

文:FPライター 斉藤 勇

斉藤 勇

プロフィール

斉藤 勇

ファイナンシャルプランナー/宅地建物取引士

オフィスISC代表。保険や貯蓄、住宅ローンなど、お金にまつわる疑問や悩みごとの相談に応じている。不動産取引では不動産投資を通じて得た豊富な取引経験をもとに、売り手と買い手、貸し手と借り手、それぞれの立場でアドバイスを実施。趣味はマリンスポーツ。モットーは「常に感謝の気持ちを忘れずに」。

この著者の記事一覧

今さら聞けない一般常識 ほかの記事も読む

  1. iPhone、iPad、Apple Watchに最新モデル登場! 21年秋のApple新製品をチェックしよう
  2. オンライン婚活成功のポイント
  3. 知っておきたい! 「残業」についての基礎知識
  4. マッチングアプリで出会った相手との初デートで気をつけたいこと
  5. 2020年分の利用は年末まで! 駆け込みでふるさと納税するのに注意したいポイントは?
  6. いまさら聞けないキャッシュレス決済! 今後も使いこなすためのポイントとは?
  7. 看護師こそ保険を検討するべき? 看護職賠償責任保険について解説!
  8. 【民法改正】看護師さんが知っておきたい「敷金」のルール
  9. 教育費を計画的に準備しよう! こども保険(学資保険)の上手な入り方
  10. 2019年看護師冬のボーナス 2018年と比べて高かった?低かった?
  11. 【消費税率10%】知って得する軽減税率のポイント
  12. 【キャッシュレス】知って得するクレジットカードの上手な使い方・間違った使い方
  13. 意外と知らない有給休暇の基本
  14. 【2019令和初】「夏のボーナスいくら?」看護師1000人調査
  15. 【スマホ決済】メリットや仕組み・利用の注意点を紹介!
  16. 看護師寮に入って働く! 寮生活のメリット&デメリット
  17. 看護師の年収調査「みんなより多い? 少ない?」【2019年版】
  18. 看護師退職の手続きガイド 【年金・健康保険・失業保険】(後編)
  19. 【ふるさと納税】はじめてガイド「簡単」「お得!」
  20. 看護師退職の手続きガイド 【年金・健康保険・失業保険】(前編)
  21. 看護師 2018年冬のボーナス実態調査 「みんなと比べて高いの?」
  22. 貯金が苦手な看護師でもできる「カンタン貯金術」
  23. 150万円の壁とは? 配偶者控除・2018年から注意すべきこと
  24. 奨学金のお礼奉公中に転職・退職するには?
  25. ミニ保険で思わぬリスクをカバー
  26. 2018年看護師・夏のボーナス徹底調査~医療・福祉業界で看護師は3位にランクイン~
  27. アパート・マンションを借りたら入らなければならない「借家人賠償責任保険」って?
  28. いよいよスタート!【つみたてNISA】ってどうやって始めたらいいの?
  29. 「仮想通貨」ってなに? 5分でわかる看護師のためのマネー講座
  30. 看護師の冬のボーナス大調査! お金が「貯まる」ボーナスの使い方って?
  31. インターネットでもできる? 2018年の確定申告はココをチェック!
  32. どんな準備が必要? 「年末調整」の基礎知識
  33. 【スマホ代節約術】格安スマホに乗り換えはホントにお得!? <後編>
  34. 【スマホ代節約術】格安スマホ - メリット&デメリット<前編>
  35. 「夏の転職」じつは狙い目? 夏転職のメリット・デメリット大公開
  36. 看護師の夏のボーナス、高いって本当?
  37. 賢く活用して貯蓄しよう! 「生命保険」の基礎知識
  38. 育休取得前に知っておきたい!「育休」の基礎知識<後編>
  39. 育休取得前に知っておきたい!「育休」の基礎知識<前編>
  40. 103万円の壁? 「扶養内で働く」ってどういうこと?<前編>
  41. 103万円の壁? 「扶養内で働く」ってどういうこと?<後編>
  42. 今さら聞けないホームパーティーの常識
  43. 今さら聞けないスマートフォンの使い方
  44. 今さら聞けない履歴書、職務経歴書の書き方
  45. 今さら聞けないもしものときの防災対策
  46. 今さら聞けないチップの常識
  47. 今さら聞けない子どものトラブル対処法
  48. 今さら聞けないお中元の常識
  49. 今さら聞けない児童扶養手当2
  50. 今さら聞けない児童扶養手当1
  51. 「マイナンバー」の基礎知識
  52. 今さら聞けない電話応対のマナー
  53. 今さら聞けない年賀状の書き方
  54. 今さら聞けない交通事故を起こしたときの対応
  55. 今さら聞けないお通夜・葬儀・告別式での服装マナー
  56. 今さら聞けない給与明細の項目2 ~手当とは?~
  57. 今さら聞けない給与明細の項目1 ~控除とは?~
  58. 今さら聞けない夫の実家へ帰省するときのマナー
  59. 今さら聞けない「暑中見舞い・残暑見舞い」のマナー
  60. 今さら聞けない神前結婚式のゲストマナー
  61. 今さら聞けない海外旅行時の外貨両替
  62. 今さら聞けない入学祝いの常識
  63. 今さら聞けない引越しの常識
  64. 今さら聞けない確定申告の基本
  65. 今さら聞けない神社・仏閣の参拝のしかた
  66. 今さら聞けないテーブルマナー(洋食編)
  67. 今さら聞けない保育所の入り方2 ~入所手続きの流れとポイント~
  68. 今さら聞けないブライダルマナー
  69. 今さら聞けない保育所の入り方1 ~「認可」と「認可外」の違い~