知らなきゃ困る!? 今さら聞けない一般常識

いよいよスタート!【つみたてNISA】ってどうやって始めたらいいの?

日本人の持つ金融資産は、海外に比べると預貯金に偏っているといわれています。そこで政府は、個人の資産形成を促す仕組み「NISA(ニーサ)」を導入して、「貯蓄から投資へ」の流れをすすめてきました。そして今年の1月には新しい制度「つみたてNISA」がスタートし、さらに投資を始めやすくなりました。今回は「つみたてNISA」について、始め方やポイントなどをご紹介します。

つみたてNISAとこれまでのNISAの違いを教えて!

株式や投資信託などに投資をした場合、売却益や受け取った配当金・分配金には約20%の税金がかかりますが、つみたてNISA で購入すると、これまでのNISA同様に売却益や配当金・分配金に税金がかかりません。しかし、つみたてNISAとこれまでのNISAには次のような違いがあります。

(1) 運用方法が違う
これまでのNISAは自由に投資できましたが、つみたてNISAは積み立て方式で運用します。

(2) 年間の非課税枠の上限が違う
これまでのNISAの非課税枠は年間120万円でしたが、つみたてNISAの非課税枠は年間40万円です。

(3) 非課税期間が違う
これまでのNISAの非課税期間は5年間でしたが、つみたてNISAの非課税期間は20年間です。

(4) 運用の対象が違う
これまでのNISAは投資信託だけでなく、株式やREIT(不動産投資信託)などでも運用できましたが、つみたてNISAでは積み立てに適した一定の投資信託に限られます。

つみたてNISAに向いているのはどんな人なの?

非課税期間が長いつみたてNISAに向いているのは、次のような考えや、悩みを持っている人です。

小額から投資を始めたいと考えている人
金融機関によっては数百円から積み立てができるので、まとまったお金がなくても投資を始めることができます。

貯金が苦手で、なかなかお金が貯まらないと悩んでいる人
少額で始められるつみたてNISAは無理なく積み立てができるので、貯金が苦手な人でも上手に資産形成ができます。

投資の知識がないので、何を買ったらいいのかわからないという人
つみたてNISAでは、口座を開設した金融機関が用意した投資信託に投資をします。資産運用のプロが運用してくれるので、専門的な金融知識がなくても投資を始めることができます

つみたてNISAを始めるときの注意点は?

つみたてNISAは、金融機関にNISA口座を開設してから始めます。そのときには次のことに注意をしましょう。

(1) 金融機関によって投資できる投資信託の種類が違う
つみたてNISAで投資できるのは、2018年1月現在で135本の公募投資信託と3本のETF(上場投資信託)ですが、その中からどれを取り扱うのかはそれぞれの金融機関が決めています。どの金融機関でも同じ投資信託に投資できるわけではないので、口座を開設する前に、各金融機関が取り扱っている投資信託の種類を確認しておきましょう。

参照:金融庁「つみたてNISAの対象商品」

(2) NISAと、つみたてNISAのどちらかを選ぼう
これまでのNISAと、つみたてNISAは併用できません。投資をする年ごとにNISAとつみたてNISAのどちらかを選ぶことができますが、いったん投資を始めるとその年は変更できなくなります。

(3) 非課税枠を有効に使おう
つみたてNISAの非課税枠は40万円ですが、使い切れなかった非課税枠は翌年に繰り越せません。ボーナス時に積み立て額を増やすなどして、非課税枠を有効に使いましょう。

(4) 損失が出ると通常の投資よりも不利になることも
株式投資などで損失が出た場合は、利益と損失を確定申告で相殺する仕組み『損益通算』を利用できますが、つみたてNISAは損失が出ても損益通算ができません。資産を売却したときに、NISA口座を使わないほうが有利になる可能性があることは認識しておきましょう。

さあ、つみたてNISAを始めよう!

つみたてNISAを上手に使えば、効率よく資産形成ができます。投資経験がないという方も、この機会につみたてNISAで投資家デビューしてみませんか?

文:FPライター 斉藤 勇

みんなのボーナスどれくらい?気になる年収は?

今さら聞けない一般常識 ほかの記事も読む

  1. 【消費税率10%】知って得する軽減税率のポイント
  2. 意外と知らない有給休暇の基本
  3. 【スマホ決算】メリットや仕組み・利用の注意点を紹介!
  4. 【2019令和初】「夏のボーナスいくら?」看護師1000人調査
  5. 看護師寮に入って働く! 寮生活のメリット&デメリット
  6. 看護師の年収調査「みんなより多い? 少ない?」【2019年版】
  7. 看護師退職の手続きガイド 【年金・健康保険・失業保険】(後編)
  8. 【ふるさと納税】はじめてガイド「簡単」「お得!」
  9. 看護師退職の手続きガイド 【年金・健康保険・失業保険】(前編)
  10. 貯金が苦手な看護師でもできる「カンタン貯金術」
  11. 看護師 2018年冬のボーナス実態調査 「みんなと比べて高いの?」
  12. 150万円の壁とは? 配偶者控除・2018年から注意すべきこと
  13. 奨学金のお礼奉公中に転職・退職するには?
  14. ミニ保険で思わぬリスクをカバー
  15. 2018年看護師・夏のボーナス徹底調査~医療・福祉業界で看護師は3位にランクイン~
  16. アパート・マンションを借りたら入らなければならない「借家人賠償責任保険」って?
  17. 「仮想通貨」ってなに? 5分でわかる看護師のためのマネー講座
  18. いよいよスタート!【つみたてNISA】ってどうやって始めたらいいの?
  19. インターネットでもできる? 2018年の確定申告はココをチェック!
  20. 看護師の冬のボーナス大調査! お金が「貯まる」ボーナスの使い方って?
  21. どんな準備が必要? 「年末調整」の基礎知識
  22. 【スマホ代節約術】格安スマホに乗り換えはホントにお得!? <後編>
  23. 【スマホ代節約術】格安スマホ - メリット&デメリット<前編>
  24. 「夏の転職」じつは狙い目? 夏転職のメリット・デメリット大公開
  25. 看護師の夏のボーナス、高いって本当?
  26. 賢く活用して貯蓄しよう! 「生命保険」の基礎知識
  27. 育休取得前に知っておきたい!「育休」の基礎知識<後編>
  28. 育休取得前に知っておきたい!「育休」の基礎知識<前編>
  29. 103万円の壁? 「扶養内で働く」ってどういうこと?<前編>
  30. 103万円の壁? 「扶養内で働く」ってどういうこと?<後編>
  31. 今さら聞けないホームパーティーの常識
  32. 今さら聞けないスマートフォンの使い方
  33. 今さら聞けない履歴書、職務経歴書の書き方
  34. 今さら聞けないもしものときの防災対策
  35. 今さら聞けないチップの常識
  36. 今さら聞けない子どものトラブル対処法
  37. 今さら聞けないお中元の常識
  38. 今さら聞けない児童扶養手当2
  39. 今さら聞けない児童扶養手当1
  40. 「マイナンバー」の基礎知識
  41. 今さら聞けない電話応対のマナー
  42. 今さら聞けない年賀状の書き方
  43. 今さら聞けない交通事故を起こしたときの対応
  44. 今さら聞けないお通夜・葬儀・告別式での服装マナー
  45. 今さら聞けない給与明細の項目2 ~手当とは?~
  46. 今さら聞けない給与明細の項目1 ~控除とは?~
  47. 今さら聞けない夫の実家へ帰省するときのマナー
  48. 今さら聞けない「暑中見舞い・残暑見舞い」のマナー
  49. 今さら聞けない神前結婚式のゲストマナー
  50. 今さら聞けない海外旅行時の外貨両替
  51. 今さら聞けない入学祝いの常識
  52. 今さら聞けない引越しの常識
  53. 今さら聞けない確定申告の基本
  54. 今さら聞けない神社・仏閣の参拝のしかた
  55. 今さら聞けないテーブルマナー(洋食編)
  56. 今さら聞けない保育所の入り方2 ~入所手続きの流れとポイント~
  57. 今さら聞けない保育所の入り方1 ~「認可」と「認可外」の違い~
  58. 今さら聞けないブライダルマナー