2020年【第109回看護師国家試験】難しかった? SNSの反応は?

ナースぷらす 編集部からのコメント

2020年2月16日(日)は第109回 看護師国家試験が実施されました。受験生のみなさんお疲れ様でした。ここではSNSでのリアルな声や試験関連ニュースを紹介します。

\あなたにぴったりの転職先が見つかります/


 

第109回 看護師国家試験【2/16実施】

2020年2月16日(日)に実施された第109回 看護師国家試験。
受験されたみなさん、本当にお疲れ様でした!

SNSでは

「必修問題の難易度が上がった」
「難しかった!」
「問題の傾向が変わったのでは?」

という声も挙がっていますが、みなさんはいかがでしたでしょうか?

試験科目は、「人体の構造と機能」「疾病の成り立ちと回復の促進」「健康支援と社会保障制度」「基礎看護学」「成人看護学」「老年看護学」「小児看護学」「母性看護学」「精神看護学」「在宅看護論及び看護の統合と実践」

合格基準は、<必須問題>50点中40点(80%)以上、<一般・状況設定問題>は例年250点中150点台と予想されます。

ボーダーラインは問題の難易度によって変化しますので、2020年3月19日(木)の合格発表まで今までの努力を労い、焦らずに結果を待ちましょう!

※お詫びと訂正※
2.17公開の記事に一部誤りがございました。読者の皆様には大変ご迷惑おかけいたしましたこと深くお詫びし、訂正させていただきます。
・(誤)<一般・状況設定問題>270点中174~194点(60%後半~70%前半)
・(正)<一般・状況設定問題>は例年250点中150点台

\あなたにぴったりの転職先が見つかります/

【データ参照元】
厚生労働省「国家試験合格発表」

文:ナースぷらす編集部

<PR>日本最大級の看護師の転職サイト