ファイザーの新型コロナワクチン、「2021年中に7200万人分供給」で最終合意

ナースぷらす 編集部からのコメント

1月20日、米ファイザー社が独ビオンテック社と共同開発した新型コロナワクチン「BNT162b2」について、厚労省は「日本での薬事承認」を前提に、2021年中に約1億4400万回分(約7200万人分)の供給を受けることでファイザー社と最終合意し契約締結を発表しました。

厚労省とファイザー社は昨年7月末、「2021年6月末までに1億2000万回分(6000万人分)のワクチン供給」で基本合意しましたが、最終合意では、供給量が約1200万人分増える一方で、「6月末まで」としていた供給期限が「2021年中」に緩められました。

厚生労働省は1月20日、米ファイザー社が独ビオンテック社と共同開発した新型コロナウイルスワクチン「BNT162b2」について、日本での薬事承認を前提に、2021年中に約1億4400万回分(約7200万人分)の供給を受けることでファイザーと最終合意し契約を締結したと発表した。

厚労省とファイザーは昨年7月末に「2021年6月末までに1億2000万回分(6000万人分)のワクチン供給」で基本合意していたが、最終合意では、供給量が約1200万人分増える一方で、「6月末まで」としていた供給の期限が「2021年中」に緩められた。

mRNAワクチン「BNT162b2」は、昨年12月に厚労省に対し製造販売承認の申請が行われており、国内治験のデータも含めて安全性・有効性が確認されれば、2月にも承認される見通しとなっている。

関連記事

<PR>日本最大級の看護師の転職サイト