モデルナの新型コロナワクチン、武田薬品が国内治験開始

ナースぷらす 編集部からのコメント

武田薬品工業は1月21日、すでに米国、EU、英国で使用が認められている米モデルナ社開発の新型コロナ感染症向けmRNAワクチン「mRNA-1273」について、国内での臨床第1/2相試験を開始したと発表。

厚労省、モデルナ、武田薬品の三者で2020年10月に締結した契約に基づき、日本での製造販売承認取得後、モデルナのmRNAワクチンを2021年前半から5000万回接種分(2500万人分)輸入し、国内に供給するとしています。

武田薬品工業は1月21日、米モデルナ社が開発した新型コロナウイルス感染症向けmRNAワクチン「mRNA-1273」」(日本での開発コード:TAK-919)について、国内での臨床第1/2相試験を開始したと発表した。

試験は成人被験者200例を対象に実施。プラセボ対照試験で安全性と免疫原性を評価する。

モデルナのmRNAワクチンは、米国で行われた3万人規模の第3相試験で94.1%の有効性が示され、すでに米国、EU、英国で使用が認められている。

武田薬品は、厚生労働省、モデルナ、武田薬品の三者で2020年10月に締結した契約に基づき、日本での製造販売承認取得後、モデルナのmRNAワクチンを2021年前半から5000万回接種分(2500万人分)輸入し、国内に供給するとしている。

日本に対し既に承認申請が行われているファイザーのmRNAワクチン「BNT162b2」は「-75℃±15℃」の超低温で輸送・保管する必要があるのに対し、モデルナのmRNAワクチンの保管温度は「-20℃±5℃」とされている。

<PR>日本最大級の看護師の転職サイト