日医・中川会長「緊急事態宣言の全国的な適用を」~医療関係団体と菅首相が意見交換

ナースぷらす 編集部からのコメント

新型コロナの感染者数が急激に増加し、11都府県に緊急事態宣言が再発令される中、菅首相が1月14日に、首相官邸において医療関係団体と意見交換を行いました。

意見交換には日本医師会をはじめ、日本看護協会、日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、全国医学部長病院長会議のトップが出席。菅首相が医療関係団体に対し新型コロナ患者のための病床確保へのさらなる協力を求め、日医の中川会長は「全国的に医療崩壊はすでに進行している」としたうえで、「緊急事態宣言の全国的な適用」を強く求めました。

新型コロナの感染者数が急激に増加し、11都府県に緊急事態宣言が再発令される中、菅義偉首相は14日、首相官邸で医療関係団体と意見交換を行った。

この中で日本医師会の中川俊男会長は「全国的に医療崩壊はすでに進行している」とし、「緊急事態宣言の全国的な適用」を強く求めた。

菅首相は「新型コロナに対応している医療機関がしっかりと診療を行えるよう最大限の支援を実施していく」と述べるとともに、医療関係団体に対し新型コロナ患者のための病床確保へのさらなる協力を求めた。

意見交換には、中川会長のほか、日本看護協会、日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、全国医学部長病院長会議のトップが出席した。

<日医はじめ6団体のトップが出席(写真提供:日本医師会)>

<PR>日本最大級の看護師の転職サイト