コロナワクチン電話相談、4月から多言語に対応~厚労省が発表

ナースぷらす 編集部からのコメント

厚労省では4月1日より、新型コロナワクチンに関する電話相談窓口(コールセンター)を多言語対応へと切り替えています。コールセンターの電話番号は0120-761770(フリーダイヤル)となります。タイ語は午前9時から午後6時まで、ベトナム語は午前10時から午後7時まで、日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語に関しては午前9時から午後9時までの12時間対応で受け付けています。

厚生労働省は31日、新型コロナワクチンに関する電話相談窓口(コールセンター)について、4月1日から多言語に対応すると発表した。【新井哉】

コールセンターの電話番号は0120-761770(フリーダイヤル)。タイ語は午前9時から午後6時まで、ベトナム語は午前10時から午後7時まで、日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語は午前9時から午後9時まで受け付ける。

厚労省は、「ウェブサイト等と合わせて、引き続き正確な情報発信に努めて参ります」としている。

 

【全国どこでもWEB・電話・メール相談OK】1分で完了!看護師の無料転職サポートに申し込む

 

<PR>日本最大級の看護師の転職サイト