自宅療養者フォローアップ体制、東京都が強化へ~都医師会などと連携

ナースぷらす 編集部からのコメント

2020年11月に「自宅療養者フォローアップセンター」を開設し、「LINEを活用した健康観察」「24時間の医療相談窓口の設置」などの自宅療養支援を実施してきた東京都では、新型コロナ感染症の自宅療養者を対象とした医療支援について、東京都医師会などと連携。4月20日から自宅療養者に対するフォローアップ体制を強化します。

自宅療養者の体調が悪化した場合、地域の医師などによる電話・オンラインや訪問による診療を速やかに受けられるようにする狙いがあります。

東京都は、新型コロナウイルス感染症の自宅療養者を対象とした医療支援について、東京都医師会などと連携し、20日から自宅療養者に対するフォローアップ体制を強化する。【新井哉】

体調が悪化した自宅療養者が地域の医師などによる電話・オンラインや訪問による診療を速やかに受けられるようにする狙いがあり、「都内各地域において、地区医師会や夜間休日に往診等を実施している事業者等が連携し、地域の医療提供体制の実情に応じた自宅療養者向け医療支援システムを構築する」と説明している。

都は、2020年11月に「自宅療養者フォローアップセンター」を開設し、▽LINEを活用した健康観察▽24時間の医療相談窓口の設置▽パルスオキシメーターの貸与▽自宅療養中に必要な食料品の配送-などの自宅療養の支援を行っている。

 

【全国どこでもWEB・電話・メール相談OK】1分で完了!看護師の無料転職サポートに申し込む

 

<PR>日本最大級の看護師の転職サイト