インフルエンザ患者報告数、東京で減少に転じる 前週比28%減、10歳未満が6割

ナースぷらす 編集部からのコメント

東京都で先週過去最多の患者報告数となっていたインフルエンザですが、今週は患者報告数が減少に転じたことが明らかになりました。しかしながら、ほとんどの保健所管内で警報基準値を上回り、学級・学年閉鎖も相次いでいることから引き続き看護の現場では院内感染防止の徹底が求められます。

東京都のインフルエンザの1週間当たりの患者報告数が減少したことが6日、都がまとめた1月28日から2月3日までの週の患者報告で分かった。前週は感染症法に基づく調査が始まった1999年以降で最も多い患者報告数となっていたが、減少に転じた。ただ、ほとんどの保健所管内で警報基準値を上回っており、学級・学年閉鎖の報告も続いている。【新井哉】


この週の1医療機関(定点医療機関)当たりの患者報告数は、前週比約28%減の45.67人。年齢別では、10歳未満が全体の約6割を占めている。


保健所管内別では、多摩小平が62.86人で最も多く、以下は町田市(61.08人)、八王子市(61.06人)、荒川区(58.57人)、南多摩(55.29人)、葛飾区(54.38人)、多摩立川(54.24人)、西多摩(53.93人)、多摩府中(53.22人)、江戸川(51.42人)、世田谷(49.96人)、中野区(49.6人)などの順。渋谷区(29.57人)と千代田(29.0人)、島しょ(18.5人)を除き警報基準値(30.0人)を上回っている。


<PR>日本最大級の看護師の転職サイト