公認心理師の追試、698人が合格 厚生労働省が公表

ナースぷらす 編集部からのコメント

2017年に新たな国家資格として誕生した「公認心理師」。心理職に就いている看護師さんは5年以上の実務経験があれば「現任者講習会」を経ることで認定試験の受験資格を得られるので、要注目の資格です。今回、北海道胆振東部地震の影響で追試となった公認心理師試験の結果が発表となり、追試は1083人が受験、合格者は698人、合格率は64.5%だったことがわかりました。

厚生労働省は31日、第1回公認心理師試験(追加試験)の結果を公表した。合格者は698人で、合格率は64.5%だった。【新井哉】

厚労省によると、北海道胆振東部地震の被災状況を踏まえて中止した北海道会場の追加試験を2018年12月16日に東京都と北海道で行い、1083人が受験していた。

北海道以外の会場(8都府県)の試験結果は18年11月30日に公表済みで、合格者は2万7876人、合格率は79.6%だった。

<PR>日本最大級の看護師の転職サイト