日医・中川会長、予想通り悪い方向に~新型コロナ重症者の急増踏まえ

ナースぷらす 編集部からのコメント

12月2日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症の重症者が増えていることへの受け止め方を問われた日医・中川会長は「想定した通りの悪い方向に向かっている。このまま推移すれば大変なことになる」との認識を示しました。

そして新型コロナ感染者を受け入れ用の病床占有率を正確に把握するためにも、これまでの確保病床数だけでなく、治療に即対応可能な「即応病床数」を指標に使うべきだとの認識を示しました。

中川会長は12月1日に菅首相にそうした考えを直接伝えて理解を得たといい、確保病床数と即応病床数ベースの占有率を同時に出すべきだと指摘しています。

日本医師会の中川俊男会長は2日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症の重症者が増えていることへの受け止め方を問われ、「想定した通りの悪い方向に向かっている。このまま推移すれば大変なことになる」との認識を示した。

その上で、がんや心疾患、脳卒中など新型コロナ以外の医療提供体制が崩れることへの危機感を表明した。【兼松昭夫】

中川氏はまた、新型コロナの感染者を受け入れる病床の占有率を正確に把握するため、これまでの確保病床数だけでなく、治療にすぐ対応できる「即応病床数」を指標に使うべきだとの認識を示した。

たとえ病床を確保していても医療従事者が不足し、実際には患者を受け入れられないケースがあるため。

菅義偉首相に1日、そうした考えを直接伝えて理解を得たといい、確保病床数と即応病床数ベースの占有率を同時に出すべきだと指摘した。

<PR>日本最大級の看護師の転職サイト