都立松沢病院の看護師コロナ感染、自宅待機者も~外来・入院とも通常診療を継続

ナースぷらす 編集部からのコメント

東京都新型コロナウイルス感染症対策本部は11月28日、都立松沢病院(世田谷区)の20歳代の女性看護師(常勤職員・病棟勤務)が新型コロナウイルスに感染したと発表。濃厚接触と判断された看護師1人については、自宅待機としています。

今後の診療については、接触者に発熱などの症状が見られないことや、同病院では標準的な院内感染対策を適切に行っていることなどを挙げ、「外来・入院とも通常診療をこれまでどおり継続する」としています。

東京都新型コロナウイルス感染症対策本部は28日、都立松沢病院(世田谷区、精神科808床、一般 90床)の20歳代の女性看護師(常勤職員・病棟勤務)が新型コロナウイルスに感染したことが判明したと発表した。濃厚接触と判断された看護師1人については、自宅待機とした。【新井哉】

対策本部によると、感染が確認された看護師の発症日(22日)の2日前の20日以降に接触があったのは、同じ病棟の入院患者25人、看護師11人(他の病棟の看護師1人を含む)。

このうち、感染が確認された看護師と勤務外でマスクなしで接触した看護師1人が濃厚接触に該当すると判断された。

今後の診療については、接触者に発熱などの症状が見られないことや、同病院では標準的な院内感染対策を適切に行っていることなどを挙げ、「外来・入院とも通常診療をこれまでどおり継続する」としている。

<PR>日本最大級の看護師の転職サイト