コロナ新規陽性者数など「最大需要想定」登録を~厚労省が都道府県などに事務連絡

ナースぷらす 編集部からのコメント

厚労省の新型コロナウイルス感染症対策推進本部が6月29日付で新型コロナウイルス感染症対策に係る保健所の即応体制の整備に関する事務連絡を各都道府県、保健所設置市、特別区に出しました。
事務連絡では7月10日までに各都道府県・保健所設置市・特別区や保健所における「最大需要想定」の報告(最大新規陽性者数・最大陽性者数・最大自宅療養者数・最大検査実施件数・最大相談件数)を厚労省健康局健康課地域保健室に登録することが求められています。
保健所に関しては、さらに「最大必要人員」「対応方針」の記載も義務づけられています。

厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部は、新型コロナウイルス感染症対策に係る保健所の即応体制の整備に関する事務連絡(6月29日付)を、都道府県、保健所設置市、特別区に出した。【新井哉】

事務連絡では、都道府県・保健所設置市・特別区や保健所における「最大需要想定」の報告を作成し、10日までに厚労省健康局健康課地域保健室に登録するよう求めている。

「最大需要想定」の報告には、▽最大新規陽性者数(最大新規療養者数)▽最大陽性者数(最大療養者数)▽最大自宅療養者数▽最大検査実施件数▽最大相談件数-を記載。保健所に関しては、これらの項目に加え、最大必要人員や対応方針も記載する。

>>【全国どこでもWEB・電話・メール相談OK】1分で完了!看護師の無料転職サポートに申し込む

<PR>日本最大級の看護師の転職サイト