精神障害の労災請求件数、「医療、福祉」が最多~厚労省が補償状況を公表

ナースぷらす 編集部からのコメント

6月26日、厚労省が2019年度の過労死などの労災補償状況を公表しました。精神障害に関する労災の請求件数は「医療、福祉」が最多というデータが出されました。
精神障害に関する労災の請求件数は前年度比240件増の2,060件。このうち自殺件数(未遂を含む)は同2件増の202件。請求件数(大分類)は「医療、福祉」が426件で最多で、以下は「製造業」(352件)、「卸売業、小売業」(279件)などの順となっています。
また、裁量労働制対象者の労災補償状況も明らかにされており、精神障害での支給決定件数は7件で、全て専門業務型裁量労働制対象者への支給決定でした。

厚生労働省は26日、2019年度の過労死などの労災補償状況を公表した。精神障害に関する労災の請求件数は「医療、福祉」が最も多かった。【新井哉】

厚労省によると、精神障害に関する労災の請求件数は前年度比240件増の2,060件。このうち自殺の件数(未遂を含む)は同2件増の202件。請求件数(大分類)は「医療、福祉」が426件で最も多く、以下は「製造業」(352件)、「卸売業、小売業」(279件)などの順だった。

「医療、福祉」の内訳(中分類)を見ると、「社会保険・社会福祉・介護事業」が256件、「医療業」が169件などだった。

支給決定件数は同44件増の509件で、このうち自殺の件数(未遂を含む)は同12件増の88件だった。「医療、福祉」の支給決定件数は78件で、「製造業」(90件)に次いで多かった。「医療、福祉」の支給決定件数のうち、「社会保険・社会福祉・介護事業」(48件)が6割超を占めている。

厚労省は、裁量労働制対象者の労災補償状況も明らかにした。精神障害での支給決定件数は7件で、全て専門業務型裁量労働制対象者への支給決定だった。

>>【全国どこでもWEB・電話・メール相談OK】1分で完了!看護師の無料転職サポートに申し込む

<PR>日本最大級の看護師の転職サイト