看護師養成3年課程、5単位増の102単位へ~厚労省・文科省が省令案を公表

ナースぷらす 編集部からのコメント

厚労省と文科省が保健師助産師看護師学校養成所指定規則の一部を改正する省令案を公表しました。3年課程の看護師学校養成所については、総単位数を現行の97単位→102単位と5単位増。教育内容区分についても、「専門分野I」「専門分野II」「統合分野」の3区分をまとめて「専門分野」とします。「在宅看護論」(現行4単位)は2単位増で名称も「地域・在宅看護学」に改められます。

保健師助産師看護師学校養成所指定規則の一部を改正する省令案

厚生労働省と文部科学省は14日、保健師助産師看護師学校養成所指定規則の一部を改正する省令案を公表した。看護師学校養成所(3年課程)については、総単位数を現行の97単位から5単位増の102単位とする。【新井哉】


看護師学校養成所の3年課程の教育内容の区分については、「専門分野I」「専門分野II」「統合分野」の区分をまとめて「専門分野」とする。現行は4単位の「在宅看護論」は名称を「地域・在宅看護学」に改め、2単位増やす。看護師学校養成所の2年課程については、総単位数を現行の65単位から3単位増の68単位とする。


准看護師学校養成所のカリキュラムも見直す。「薬物と看護」については、名称を「薬理」に改め、時間数を現行よりも35時間増やして70時間とする。4月から6月にかけて省令を公布し、2021年4月1日に施行する予定。3月15日まで省令案に関するパブリックコメントを募集している。


<PR>日本最大級の看護師の転職サイト