コラム 坂口千絵の幸せ看護師のつくりかた

どうしても新人に勉強してもらいたいときは…

第71回目

勉強してもらいたいのに事前にしてこない新人看護師に、イライラした経験はありませんか?

新人に自ら学ぶ意欲を持ってほしい場合、絶対に外せない視点があります。今回は、「新人に勉強してもらいたいとき」に押さえておきたい重要なポイントについてご紹介します。

労力を減らす

結論からいうと、勉強の時間や量と看護師の質は比例しません。

勉強の悩みを相談する新人看護師は、これまでたくさんいました。話を聞いてみると、指導者・新人ともに勉強の時間や量に固執している部分があるように感じます。
そのため、レポートなど提出物の指示、勤務時間以外の自己学習、勉強会の強制参加などに価値を置きやすくなっているのが現実です。

しかし、人は強制的に何かを指示されると、モチベーションを維持することが困難になりやすい特性があります。そのため、新人に無理に行動を促すことは、逆に時間の無駄遣いや苦痛を生む危険性があることをしっかりと理解する必要があります。

看護師になりたての新人は、慣れない環境で非常に強いストレスにさらされている状態です。夜勤業務に入れば、心身ともにバランスが崩れやすくなります。
そのような状況でさらなるプレッシャーをかけると、ミスをしやすくなるのです。

勉強はあくまでも「目的」ではなく、質の良い看護を提供できる看護師に育てるためのひとつの「手段」にすぎません。
上質な看護を提供する土台は、看護師自身の心の安定があってこそです。心身ともに慢性疲労の状態で行う看護はやがて、自己犠牲につながり、組織を含めた全体のバランスを崩す要因となることを、指導者は心に留めておかなくてはなりません。
大切なのは、「いかに最低限の時間と労力で最大限のパフォーマンスをあげるか」ということです。それは必ずしも、自己学習・勉強会・レポート提出などのような「まとまった時間や形」には限らないことを、知っておくと良いでしょう。

現場に活かせる学びを

新人に勉強をしてもらうなら、最低限の時間と労力でパフォーマンスを発揮してもらう前提である必要があります。そのためには、以下に該当するような学びを実践させましょう。

1.記憶に残る

2.すぐに現場で活用できる勉強を指示する

人の記憶は時間の経過とともに忘れていく性質があるため、思い出す頻度が少ない知識はすぐに忘れてしまいます。解剖生理の勉強を優先的に指示するより、実際の患者の症例をもとに、ほかの患者にもすぐに活かせるような知識の習得を促すことで、汎用性が高くなり応用もききやすくなります。

優先順位が低い例:疾患にまつわる解剖生理、症状がでるメカニズム

優先順位が高い例:出現頻度が高い症状についての観察項目・対応方法

短時間で効率的に勉強できるように、新人には「何をどこまで学習してもらいたいのか」を明確に指示すること。こうすることで勉強にも取り組みやすくなります。
また、勉強を促すためには、「自発性」や「やる気」を引き出す関わり方をする必要があります。新人からの相談で多いものは、「毎回、レポート提出を促され、疲れていてもやらなければならず、身体も心も休まらない」「頑張って提出したのに何もコメントがない」「ダメ出しをされた」という悩みです。
相手にとって勉強する喜びや楽しさが生まれるような工夫がなければ、モチベーションを持続させることは不可能です。相手の気持ちに立って承認することを忘れないようにしましょう。

転職の悩みや不安は、看護師専任のキャリアアドバイザーに相談してみませんか?

 

坂口 千絵(さかぐち ちえ)

プロフィール

坂口 千絵(さかぐち ちえ)

看護師/カウンセラー/ライフコーチ/セミナー講師/WEBライター

看護師、教育・指導サポート歴25年以上。コーチング、カウンセングなどの個人セッション実績豊富。2019年、「サポート職に携わる人のサポートに徹する」ことを決断し、25年間の看護師人生に幕を下ろす。
家族の死、最愛の夫の病死を通じ、死生観について学んだ経験をもとに、魂の望みを叶えながら、周りの人の幸せもしっかりとサポートしたい人に向け、オンライン講座を提供。セッションは「とにかく話しやすい」「具体的でわかりやすい」と好評。
直観力を駆使したセッションが大好評にて、続々と全国から受講生が集まっている。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/yokubara717
ブログ:http://ameblo.jp/counselor-chisa/

コラム 幸せ看護師のつくりかた ほかの記事も読む

  1. 第71回 どうしても新人に勉強してもらいたいときは…
  2. 第70回 新型コロナウイルス感染リスクへの不安と心の葛藤への対処法とは?
  3. 第69回 インシデント・アクシデントを極力減らす方法とは
  4. 第68回 看護師の仕事ができるための「最低条件」とは
  5. 第67回 リーダー業務に必要な「○○力」とは
  6. 第64回 保健師・助産師になりたいあなたへのアドバイス
  7. 第66回 「点滴あるある」に気をつけよう
  8. 第63回 看護師になりたいあなたへのアドバイス
  9. 第65回 信頼されるリーダーになるためのコミュニケーションのポイントとは
  10. 第61回 「看護師、辞めたら? 」と言われてつらいあなたへ
  11. 第62回 5年後・10年後……自分のキャリアをどうすればいい?
  12. 第60回 結婚や出産を焦っているときに知っておきたいこと
  13. 第59回 自分の判断に自信がないときの考え方
  14. 第58回 看護師のグリーフケア(遺族への精神的支援)について
  15. 第57回 新人看護師さんに知ってほしい5つのエール
  16. 第56回 新しい職場になじめるか不安な看護師さんへ
  17. 第54回 「自分嫌い」を克服する思考の習慣
  18. 第55回 ネガティブって、本当に悪いことなの?
  19. 第53回 片づけがスイスイ進む思考法
  20. 第52回 批判されたら、変わらなければいけない?
  21. 第51回 理想の結果を手に入れるよりも大切なこと
  22. 第50回 自信がもてないあなたへのアドバイス
  23. 第49回 やる気がないスタッフとの向き合い方
  24. 第48回 やる気がでないときの対処方法
  25. 第47回 こんな考えかたは事故につながる!
  26. 第45回 自分を追いつめすぎていませんか?~問題への向き合い方~
  27. 第46回 「理想」と「現実」との差に苦しんでいませんか?
  28. 第44回 重要な事項を浸透させる工夫とは
  29. 第43回 プリセプターとしての心構えとは
  30. 第42回 仕事の確認不足が多いときの対処方法
  31. 第41回 変わりたいのに変われない理由とは
  32. 第40回 不信感を募らせる受け答えをしていませんか?
  33. 第39回 来年もこのまま働こうかどうか迷っている人へのアドバイス
  34. 第38回 成長できない人の口ぐせ、ご存じですか?
  35. 第37回 人の仕事を手伝うときに注意すること
  36. 第36回 急変時の対応で覚えておきたいこと
  37. 第35回 焦りが止まらないときの対処方法とは
  38. 第34回 医療者が陥りやすいコミュニケーションの特徴とは
  39. 第33回 血管確保時、手が震える場合の対処方法
  40. 第32回 新たな役職につくときの心構えについて
  41. 第31回 悪口・陰口にどう対応する?
  42. 第30回 目標を達成するためのポイントとは
  43. 第29回 効果的な反省の仕方とは
  44. 第28回 夜勤時の睡眠リズムの上手な調整法
  45. 第27回 新人看護師さん必見!効果的な勉強方法
  46. 第26回 患者さん、医師、先輩、同僚……など、人から否定されたときの考え方
  47. 第25回 看護師の仕事を長く続けるために必要なことって何?
  48. 第24回 これであなたも説明上手!伝わる説明の仕方とは
  49. 第23回 効率のいいファイリング方法とは
  50. 第22回 不安との上手な付き合い方とは
  51. 第21回 仕事効率アップ! すぐに実践できるメモの取り方
  52. 第20回 過去に縛られて生きていませんか?
  53. 第19回 人間関係を悪くする「決めつけ」、していませんか?
  54. 第18回 「人に迷惑をかける自分がイヤ……」と感じるときの考え方
  55. 第17回 間違った冷え性対策、していませんか?
  56. 第16回 幸せホルモンを増やす3つの方法
  57. 第15回 やることが多すぎるときの「付箋活用術」
  58. 第14回 毎日を豊かにする秘訣は「プチ変化」から
  59. 第13回 相手の顔色をうかがう人が陥りやすい「罠」
  60. 第12回 高齢者への接し方、あなたは大丈夫ですか?
  61. 第11回 現状を変えたいときにやっておくとよいこと
  62. 第10回 看護師さんにオススメの習い事~アロマテラピー~
  63. 第9回 私は看護師に向いていない…… と落ち込むときはどうすればいい?
  64. 第8回 実はこんな「考え方」があなたの運を悪くしている!?
  65. 第7回 燃え尽き症候群に陥らないための方法
  66. 第6回 「仕事ができる看護師になりたい!」と思うあなたへのアドバイス
  67. 第5回 人に認められず虚しくなるときの対処方法
  68. 第4回 「いまの職場で働くことがつらい」と感じているあなたへ
  69. 第3回 やる気を下げてしまう! 意外な言葉の使い方とは?
  70. 第2回 「日々の仕事がつまらない・・・・・・」と感じるときの考えかた
  71. 第1回 こころとカラダをしっかり充電! 有意義な休日の過ごしかた