コラム 坂口千絵の幸せ看護師のつくりかた

「点滴あるある」に気をつけよう

第66回目

看護師歴20年、看護師の悩み解決専門コンサルタントとして活躍する坂口千絵さんが、日々の生活を“幸せ”に感じるためのヒントをご紹介。今回は「頭ではわかっているが、実際には見落としがち」な点滴あるあるをご紹介します。

臥位、座位、立位時の滴下スピードに注意

患者さんが座位あるいは立位の状態で点滴の滴下調整をしたあと、再度、滴下確認をしに行くと、点滴の滴下が非常に速くなっていることがあります。そのため、滴下の再調整は非常に大切な意味をもっています。
患者さんの部屋で滴下調整を行ったときは、再調整の確認作業を意識しやすいのですが、車椅子や歩行で移動中の患者さんに呼び止められたときは、再調整を行うことを忘れがちになります。調整したあとは自分のタイムスケジュールに、再調整の予定をしっかりと組み込む習慣をつけましょう。

  • 側管から点滴をする場合も滴下が変わる

本管から点滴を注入している際、側管から点滴をつなげると、圧力の関係で滴下の速度が変化します。特に側管の点滴が終了したときは、本管のスピードが速くなりがちなので十分注意しましょう。

  • 輸液ポンプを取り外す際は要注意

輸液ポンプで注入する薬剤は、注入速度が変化すると生命に重篤な危機を及ぼす可能性があります。特に寝衣交換などでポンプを一時的に外す際、クレンメの止め忘れにより一気に薬剤が注入されたケースは非常に多く存在するため、注意しましょう。

  • 輸液ポンプの流量確認を確実に

輸液ポンプを使用している患者さんの流量を確認したつもりで、実はあまりよく見ていなかったということはありませんか? 特に24時間持続で点滴をしている患者さんの場合、前あるいは前々勤務帯から引き継がれている流量に間違いはないだろうという思い込みが生じやすくなるため、注意が必要です。引き継ぎを信用しすぎず、確実な確認を行いましょう。

  • クレンメは患者さんの手の届かない位置に

クレンメが患者さんの手に届くところにあると、高次機能障害などで理解力が低下している患者さんは自分で滴下調整をすることがあります。特に高カロリー輸液を持続投与している場合、急速な滴下は生命の危機に至るほどのリスクがありますので、細心の注意を払いましょう。

  • 指示に疑問をもつ習慣を

医師や自分より経験が豊富なスタッフが、いつも的確な指示出し・指示受けをしているとは限りません。「先生が出した指示だから大丈夫」「先輩が受けた指示に間違いはない」という思い込みは心理的盲点となり、「なぜ、誰も気づかなかったのか」という医療事故へと発展する可能性があります。
指示をうのみにするのではなく「本当に正しいかどうか」と常に疑問をもつ習慣を身につけましょう。

点滴管理は毎日のように行われる看護業務であるぶん、慣れからくるうっかりミスが生じやすいため、一つひとつ十分な確認を行いましょう。

\あなたにぴったりの転職先が見つかります/

坂口 千絵(さかぐち ちえ)

プロフィール

坂口 千絵(さかぐち ちえ)

看護師/カウンセラー/ライフコーチ/セミナー講師/WEBライター

看護師、教育・指導サポート歴25年以上。コーチング、カウンセングなどの個人セッション実績豊富。2019年、「サポート職に携わる人のサポートに徹する」ことを決断し、25年間の看護師人生に幕を下ろす。
家族の死、最愛の夫の病死を通じ、死生観について学んだ経験をもとに、魂の望みを叶えながら、周りの人の幸せもしっかりとサポートしたい人に向け、オンライン講座を提供。セッションは「とにかく話しやすい」「具体的でわかりやすい」と好評。
直観力を駆使したセッションが大好評にて、続々と全国から受講生が集まっている。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/yokubara717
ブログ:http://ameblo.jp/counselor-chisa/

コラム 幸せ看護師のつくりかた ほかの記事も読む

  1. 第67回 リーダー業務に必要な「○○力」とは
  2. 第66回 「点滴あるある」に気をつけよう
  3. 第65回 信頼されるリーダーになるためのコミュニケーションのポイントとは
  4. 第64回 保健師・助産師になりたいあなたへのアドバイス
  5. 第63回 看護師になりたいあなたへのアドバイス
  6. 第62回 5年後・10年後……自分のキャリアをどうすればいい?
  7. 第61回 「看護師、辞めたら? 」と言われてつらいあなたへ
  8. 第60回 結婚や出産を焦っているときに知っておきたいこと
  9. 第59回 自分の判断に自信がないときの考え方
  10. 第58回 看護師のグリーフケア(遺族への精神的支援)について
  11. 第57回 新人看護師さんに知ってほしい5つのエール
  12. 第56回 新しい職場になじめるか不安な看護師さんへ
  13. 第54回 「自分嫌い」を克服する思考の習慣
  14. 第55回 ネガティブって、本当に悪いことなの?
  15. 第53回 片づけがスイスイ進む思考法
  16. 第52回 批判されたら、変わらなければいけない?
  17. 第51回 理想の結果を手に入れるよりも大切なこと
  18. 第50回 自信がもてないあなたへのアドバイス
  19. 第49回 やる気がないスタッフとの向き合い方
  20. 第48回 やる気がでないときの対処方法
  21. 第47回 こんな考えかたは事故につながる!
  22. 第45回 自分を追いつめすぎていませんか?~問題への向き合い方~
  23. 第46回 「理想」と「現実」との差に苦しんでいませんか?
  24. 第44回 重要な事項を浸透させる工夫とは
  25. 第43回 プリセプターとしての心構えとは
  26. 第42回 仕事の確認不足が多いときの対処方法
  27. 第41回 変わりたいのに変われない理由とは
  28. 第40回 不信感を募らせる受け答えをしていませんか?
  29. 第39回 来年もこのまま働こうかどうか迷っている人へのアドバイス
  30. 第38回 成長できない人の口ぐせ、ご存じですか?
  31. 第37回 人の仕事を手伝うときに注意すること
  32. 第36回 急変時の対応で覚えておきたいこと
  33. 第35回 焦りが止まらないときの対処方法とは
  34. 第34回 医療者が陥りやすいコミュニケーションの特徴とは
  35. 第33回 血管確保時、手が震える場合の対処方法
  36. 第32回 新たな役職につくときの心構えについて
  37. 第31回 悪口・陰口にどう対応する?
  38. 第30回 目標を達成するためのポイントとは
  39. 第29回 効果的な反省の仕方とは
  40. 第28回 夜勤時の睡眠リズムの上手な調整法
  41. 第27回 新人看護師さん必見!効果的な勉強方法
  42. 第26回 患者さん、医師、先輩、同僚……など、人から否定されたときの考え方
  43. 第25回 看護師の仕事を長く続けるために必要なことって何?
  44. 第24回 これであなたも説明上手!伝わる説明の仕方とは
  45. 第23回 効率のいいファイリング方法とは
  46. 第22回 不安との上手な付き合い方とは
  47. 第21回 仕事効率アップ! すぐに実践できるメモの取り方
  48. 第20回 過去に縛られて生きていませんか?
  49. 第19回 人間関係を悪くする「決めつけ」、していませんか?
  50. 第18回 「人に迷惑をかける自分がイヤ……」と感じるときの考え方
  51. 第17回 間違った冷え性対策、していませんか?
  52. 第16回 幸せホルモンを増やす3つの方法
  53. 第15回 やることが多すぎるときの「付箋活用術」
  54. 第14回 毎日を豊かにする秘訣は「プチ変化」から
  55. 第13回 相手の顔色をうかがう人が陥りやすい「罠」
  56. 第12回 高齢者への接し方、あなたは大丈夫ですか?
  57. 第11回 現状を変えたいときにやっておくとよいこと
  58. 第10回 看護師さんにオススメの習い事~アロマテラピー~
  59. 第9回 私は看護師に向いていない…… と落ち込むときはどうすればいい?
  60. 第8回 実はこんな「考え方」があなたの運を悪くしている!?
  61. 第7回 燃え尽き症候群に陥らないための方法
  62. 第6回 「仕事ができる看護師になりたい!」と思うあなたへのアドバイス
  63. 第5回 人に認められず虚しくなるときの対処方法
  64. 第4回 「いまの職場で働くことがつらい」と感じているあなたへ
  65. 第3回 やる気を下げてしまう! 意外な言葉の使い方とは?
  66. 第2回 「日々の仕事がつまらない・・・・・・」と感じるときの考えかた
  67. 第1回 こころとカラダをしっかり充電! 有意義な休日の過ごしかた