ビューティーレクチャー キレイのための基礎知識

看護師メイクのコツ、マスク美人に見せるための基本を紹介

第22回目

看護師の方は、一度はメイクの方法について悩んだことがあるのではないでしょうか?この記事では、薬剤師/美容家の花田 真理(はなだ まり)さんに手持ちのアイテムでマスク美人になれる時短アイメイク・ベースメイクのコツを伝授いただきます。日々マスクをつける職業だからこそ、これらのポイントも気にかけていきましょう。

看護師メイクで美人に見せるコツ

看護師さんは、メイクをしていても日頃マスクをつける機会が多く、マスクから出ている部分といえば目元から上だけです。そのため目元が印象に残りやすいのが特徴といえるでしょう。つまり、マスクから出ている目元から上が印象を決める重要なポイント。アイメイクで印象はがらりと変わります。

看護師メイクでマスク美人に見せるポイントは「派手すぎないメイク感」「清潔感」ではないでしょうか。ここでは看護師として働く女子のキレイを応援するべく、「派手すぎないメイク感」「清潔感」をポイントとした時短アイメイクを紹介します。

職場の人間関係にお悩みの方は、看護師専任のキャリアアドバイザーに相談してみませんか?

看護師メイクの注意点

メイクをしている看護師

マスクをつけたときのアイメイクの注意点はマスクから漏れる蒸気です。蒸気によってアイメイクがにじんだり、落ちたりしてしまうことがあるので、使用する色やアイテムの種類、濃さなどが重要です。では、アイテム別に見ていきましょう。

アイシャドウ

アイシャドウは目元をキレイに見せるアイテムです。パウダー・クリーム・リキッドなど種類があります。

・アイシャドウのコツ1「落ちにくい種類を選ぶ」
アイシャドウの種類で崩れにくいのはクリームやリキッド。クリームタイプやリキッドタイプのアイシャドウを「薄く」のせることがポイントです。

パウダータイプを使用したい場合は、「アイシャドウベース→パウダーアイシャドウ」もしくは「クリームアイシャドウ→パウダーアイシャドウ」の順で使用すると崩れにくくなります。

パウダーアイシャドウを使用する場合も「薄く」のせることがポイントです。

・アイシャドウのコツ2「色」
使用するアイシャドウの色によっては化粧が崩れた時にパンダ目になったり、クマのように見えてしまうことがあります。

そのため崩れたときも汚く見えない色を使用することが大切です。おすすめしない色は黒や濃いブラウン・ブルーなど。

とくに業務中は派手に見られがちな色よりも清潔感のある色を使用した方がよいでしょう。
ベージュ系や淡いピンクなどの色がおすすめです。

マスカラ

マスカラは目元が強調されるアイテムなので使用した方がよいのですが、使用するアイテムに注意しましょう。

マスカラには、ロング、ボリュームなどの種類のほかに、フィルムタイプ(お湯で落ちるタイプ)、ウォータープルーフタイプなどアイテムによって特性があります。

マスカラのコツ「使用するのはウォータープルーフタイプ」

マスクをつけたときは、マスクから漏れる蒸気によりマスカラが取れやすくなる場合があります。

そのためお湯で落とせるフィルムタイプのマスカラではなく、水分に耐性のある「ウォータープルーフタイプ」を使用しましょう。

注意点としては、ウォータープルーフタイプのマスカラは水分に強いのですが、油分には弱い点です。マスカラをつける前に、目の下(目のキワまで)にフェイスパウダーをつけ、油分となるべく触れないようにすることがポイントです。

アイライナー

アイライナーはマスカラ同様目元が強調されるアイテムです。使用することで目がパッチリ見える効果がありますが、派手に見えたりキツく見えることもあります。

そのため、ナチュラルに見せたいときはアイライナーを使用しないメイク方法が時短にもなり、おすすめです。アイライナーには、ペンシル、リキッド、ジェルなどの種類のほかに、フィルムタイプ(お湯で落ちるタイプ)、ウォータープルーフタイプなどがあり、アイテムによってそれぞれ特性があります。

アイライナーのコツ「使用する場合はウォータープルーフタイプ」

アイライナーもマスカラ同様マスクから漏れる蒸気によりアイラインが落ちてしまう場合があります。

そのため、お湯で落とせるフィルムタイプのアイライナーではなく、水分に耐性のある「ウォータープルーフタイプ」を使用しましょう。

アイブロウ

眉は顔の印象を決めるパーツです。眉で雰囲気作りができるため、キレイに整った眉を描くことは大切です。アイブロウにはペンシル、パウダー、眉マスカラなどの種類があります。

アイブロウのコツ「ペンシルとパウダーのW使い」

眉を自然にふわっとした印象に仕上げると清潔感のある雰囲気になります。

アイブロウペンシルとパウダーの両方を使用すると自然な眉が描けます。

看護師のベースメイクのコツ

ベースメイクをしている看護師

ファンデーション・BBクリーム・CCクリーム・フェイスパウダーなど、さまざまなベースメイクアイテムがありますが、重要なのは自分の目的に合ったアイテムを使用することです。

カバー力を求めているのにカバー力の低いミネラルファンデーションを使用していたのでは何の意味もありません。

また、ミネラル以外の成分が入っているものが肌に悪いというわけではありませんので、勘違いしないようにしてください。

時と場合によってアイテムを使い分けること、色味やテクスチャーはメーカーによって異なるため自分の望みを叶えてくれるメーカーのアイテムを見つけることが大切です。

ここからはタイプ別にベースメイクのコツをお伝えします。

しっかりメイクをしたい場合

しっかりしたメイクをしたい看護師さんや、シミやソバカスなどを隠したいときは、ファンデーションもしくはBBクリームを使用しましょう。

ファンデーションの中でも下記のようにカバー力の違いがあります。

<カバー力の高さ&油分の多さ>

クリームファンデーションリキッドファンデーションパウダーファンデーション

油分の多いクリームファンデーションやリキッドファンデーションを使用するときはくずれやすいので、フェイスパウダーを仕上げにつけることをおすすめします。

ナチュラルメイクにしたい場合

看護師さんの中には「すっぴんは嫌だけどナチュラルメイクにしたい」という方もいるかと思います。その場合は、CCクリームを使用しましょう。

CCクリームの機能は「下地&色補正」です。光を利用し肌の色ムラを整えるため、すっぴんより綺麗に見えます

カバー力は低いため、シミやソバカス、ニキビあとなどが気になる場合は、コンシーラーを併用し対応しましょう。また、CCクリームのみの使用でもよいのですが、油分が配合されていて崩れやすいため、フェイスパウダーをつけるとより綺麗に仕上がります

肌に負担をかけたくない場合

夜勤などで肌に負担をかけたくない看護師さんにオススメしたいのが、フェイスパウダーミネラルファンデーションです。

油分が入っていないため肌への負担がかるく、石鹸で落とせるためクレンジングによる肌への刺激がないところが魅力です。

また、フェイスパウダーの成分(紫外線散乱剤)が紫外線を反射するため、すっぴんでいるよりも肌に優しいです。

ミネラルファンデーションといわれている商品の中には、マイカ、酸化チタンなどのミネラル成分の他に油分やシリコンなどミネラル以外の成分が入っているものもあります。

そういった商品はこの記事でいうミネラルファンデーションではなく、一般のファンデーションに分類されてしまいますので注意しましょう。

職場の人間関係にお悩みの方は、看護師専任のキャリアアドバイザーに相談してみませんか?

最後に

看護師さんは業務中なかなか化粧直しができないので、崩れにくい又は崩れても目立たないメイクをすると、化粧直しの手間も時間も短縮できます。また、たとえメイク崩れが起きても、清潔感が保てれば、マスク美人を保てるのではないでしょうか? きちんとメイクをしている印象を与えつつ、派手すぎない清潔感のあるメイクをぜひ取り入れてみてくださいね!

\看護師にはいろいろな働き方がある! 希望に合ったの求人をさがす/

花田 真理(はなだ まり)

プロフィール

花田 真理(はなだ まり) 薬剤師/美容家

大学卒業後、調剤薬局に勤務。その後化粧品業界へ転職し、薬事・商品研究開発・総括製造販売責任者等の業務に携わる。現在は、自身のブランド(化粧品「MarryMemory」、ハーブティー「Doctor&Pharma」)を立ち上げ、薬剤師兼美容家として活動中。

Doctor&amp;Pharma : http://www.doctor-and-pharma.co.jp/

この著者の記事一覧

キレイのための基礎知識 ほかの記事も読む

  1. 第78回目 いつものコンビニざる蕎麦が大変身!あの総菜を足すだけ!「ごぼ牛甘辛つけ蕎麦」
  2. 第77回目 妊活・卵子の老化防止に重要な栄養素「ビタミンE」の効果的な摂取方法
  3. 第76回目 つらい生理痛から解放される体質をつくる「ふたつの栄養素」
  4. 第75回目 2021年下半期開運12星座占い|あなたの運勢は?
  5. 第74回目 【2021年下半期 開運12星座占い】うお座 7月~12月の運勢は?
  6. 第72回目 【2021年下半期 開運12星座占い】やぎ座 7月~12月の運勢は?
  7. 第73回目 【2021年下半期 開運12星座占い】みずがめ座 7月~12月の運勢は?
  8. 第71回目 【2021年下半期 開運12星座占い】いて座 7月~12月の運勢は?
  9. 第70回目 【2021年下半期 開運12星座占い】さそり座 7月~12月の運勢は?
  10. 第69回目 【2021年下半期 開運12星座占い】てんびん座 7月~12月の運勢は?
  11. 第68回目 【2021年下半期 開運12星座占い】おとめ座 7月~12月の運勢は?
  12. 第67回目 【2021年下半期 開運12星座占い】しし座 7月~12月の運勢は?
  13. 第66回目 【2021年下半期 開運12星座占い】かに座 7月~12月の運勢は?
  14. 第64回目 【2021年下半期 開運12星座占い】おうし座 7月~12月の運勢は?
  15. 第65回目 【2021年下半期 開運12星座占い】ふたご座 7月~12月の運勢は?
  16. 第63回目 【2021年下半期 開運12星座占い】おひつじ座 7月~12月の運勢は?
  17. 第63回目 サルコペニアを食事から防ぐ! たんぱく質の重要性と、日々の食事の工夫
  18. 第62回目 つらい花粉症にはビタミンDが有効! 食事とサプリメントで、薬に頼らず症状改善
  19. 第60回目 春ダイエットを成功させる食事のポイント!
  20. 第61回目 自律神経を乱す夜勤。その「なんとなくの体調不調」食事で整えましょう
  21. 第59回目 ウイルスを防いでかぜやインフルエンザ知らず! 必要な栄養素とその摂取方法は?
  22. 第58回目 肩こりは栄養素で解消できる? マグネシウムとクエン酸の活用があなたの肩を救う
  23. 第57回目 2021年上半期開運12星座占い|あなたの運勢は?
  24. 第55回目 2021年上半期開運12星座占い|【1.20~2.18】みずがめ座 1月~6月
  25. 第56回目 2021年上半期開運12星座占い|【2.19~3.20】うお座 1月~6月
  26. 第54回目 2021年上半期開運12星座占い|【12.22~1.19】やぎ座 1月~6月
  27. 第53回目 2021年上半期開運12星座占い|【11.23~12.21】いて座 1月~6月
  28. 第51回目 2021年上半期開運12星座占い|【9.23~10.23】てんびん座 1月~6月
  29. 第52回目 2021年上半期開運12星座占い|【10.24~11.22】さそり座 1月~6月
  30. 第50回目 2021年上半期開運12星座占い|【8.23~9.22】おとめ座 1月~6月
  31. 第49回目 2021年上半期開運12星座占い|【7.23~8.22】しし座 1月~6月
  32. 第48回目 2021年上半期開運12星座占い|【6.22~7.22】かに座 1月~6月
  33. 第46回目 2021年上半期開運12星座占い|【4.20~5.20】おうし座 1月~6月
  34. 第47回目 2021年上半期開運12星座占い|【5.21~6.21】ふたご座 1月~6月
  35. 第45回目 2021年上半期開運12星座占い|【3.21~4.19】おひつじ座 1月~6月
  36. 第44回目 看護師の足の悩みトップ3! 「むくみ」「冷え」「こむら返り」は、冬本番の前に栄養でケアを
  37. 第45回目 「イライラ」「肩こり」「肌荒れ」はストレスのサイン? ストレスフリーな体を目指す栄養ケアプラン
  38. 第43回目 【新型栄養失調対策】たんぱく質+鉄分で体の不調をととのえる
  39. 第42回目 知っていました? 産後の不調やうつの原因の一つは「栄養不足」なんです
  40. 第40回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.5ポニーテール】
  41. 第41回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol. 6編み込み】
  42. 第39回目 白衣の下に何を着る? 看護師さんの身だしなみ
  43. 第38回目 【看護師の髪型】かわいい&簡単なアレンジを12パターン紹介
  44. 第37回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.3シニヨン】
  45. 第36回目 姿勢を良くする方法!正しいストレッチで肩こり・腰痛も改善
  46. 第34回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.2ロープ編み】
  47. 第35回目 【第一印象UP!】初対面で心をつかむ「美姿の法則」①立ち方&歩き方
  48. 第33回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.1おだんご】
  49. 第32回目 【1分で簡単!】眠くなるツボで寝不足解消&快眠テクニック
  50. 第31回目 【足のむくみを即効で解消】10秒で効くツボ&マッサージ
  51. 第30回目 【肩こり解消】1分ストレッチ|原因やチェックリストによる診断も
  52. 第29回目 【腰痛改善】4つの簡単エクササイズ
  53. 第28回目 夜勤明けの食事のおすすめは?コンビニ食を使ったレシピもご紹介
  54. 第26回目 忙しい看護師さんの超簡単まとめ髪アレンジ2
  55. 第27回目 【夜勤太り解消企画】夜勤で太る原因とは!? 気をつけるべき5つのこと
  56. 第25回目 簡単・ストレスフリーのずぼらダイエット
  57. 第24回目 「汗・臭い」対策で体臭美人に!
  58. 第22回目 看護師メイクのコツ、マスク美人に見せるための基本を紹介
  59. 第23回目 忙しい看護師さんの超簡単まとめ髪アレンジテク「くるりんぱ」
  60. 第21回目 マスクメイクの崩れを防止!ファンデーションのつけ方やおすすめのテクニック
  61. 第20回目 温泉の効能・泉質・特徴で選ぶこだわりの湯10選
  62. 第19回目 冷えに負けないポカポカ美人<後編>
  63. 第18回目 冷えに負けないポカポカ美人<前編>
  64. 第17回目 日焼け後のシミ対策とアフターケア
  65. 第16回目 意外と知らないムダ毛処理のNGポイント
  66. 第15回目 サンダルも怖くない! 「かかとケア」で素足美人に!<後編>
  67. 第14回目 サンダルも怖くない! 「かかとケア」で素足美人に!<前編>
  68. 第13回目 マスクによる肌荒れ&乾燥を対策!薬に頼らずに治す方法や原因は?
  69. 第12回目 看護師の勤務中に「乾燥」を引き起こす意外なアイテム
  70. 第11回目 乾燥は看護師の敵! 「乾燥肌」の種類について
  71. 第10回目 ベースメイクアイテムの違いと使い分け<後編>
  72. 第9回目 ベースメイクアイテムの違いと使い分け<前編>
  73. 第8回目 化粧直しの裏ワザ<後編>
  74. 第7回目 化粧直しの裏ワザ<前編>
  75. 第5回目 顔色をよく見せるには?
  76. 第6回目 顔色をよく見せるメイク方法
  77. 第4回目 肌荒れしないために知っておきたいスキンケアの基本 <後編>
  78. 第3回目 肌荒れしないために知っておきたいスキンケアの基本 <前編>
  79. 第2回目 ハンドクリームの選び方
  80. 第1回目 ハンドクリームについて