ビューティーレクチャー 花田真理のキレイのための基礎知識

顔色をよく見せるには?

第5回目

朝起きたら顔色が悪い、疲れが溜まって顔色が冴えない…… そんな経験はありませんか?
看護師さんは不規則な勤務体系の方が多く、規則的な生活を送ることが困難な場合があります。規則的な生活が送れないとストレスが溜まったり、疲れが溜まりやすくなったりすることから、顔色が悪くなってしまうことも。
顔色が悪いと不健康に見えますし、老けて見える原因になります。

今回は、顔色をよく見せるために心がけたいことを紹介します。

顔色が悪くなる原因について

顔色が悪くなる原因はたくさんありますが、比較的若い女性で顔色が悪い人に多い原因は、「身体の冷え」「貧血」「疲れ(精神的なものも含む)」です。
顔には血管が集まっていて、たくさんの血液が流れています。この血液の量や流れによって顔色がよくなったり悪くなったりします。この理由から身体が冷えていたり、貧血や疲れによって血流が悪くなっていたりすると顔色が悪く見えます。
これら以外では、洗顔の仕方が間違っていたり、基礎化粧品が肌に合っていないものを使っていたりとスキンケアの方法が間違っている場合です。スキンケアを正しく行っていないと肌のごわつきや目の下のクマ、肌のくすみなどが起こり、顔色が悪く見えてしまう原因になります。

顔色の種類・パターン

一口に顔色が悪いといっても、身体に起こっている症状により、さまざまなパターンがあります。

顔色が青白い・・・身体の冷え、体温が低下していることが考えられます。平熱が35度台の人はこのタイプが多いです。また、下まぶたをめくると白っぽい場合は、貧血の可能性もあります。
顔色が赤い・・・発熱、高血圧症、のぼせ、自律神経のバランスが悪いなどが考えられます。
顔色が土気色・・・リンパ液の流れが滞っていることが考えられます。老廃物を排出できていない状態です。また、お酒の飲みすぎなど、肝機能が弱っている可能性もあります。

顔色を改善させる方法は?

では、顔色を改善させたりよく見せたりする方法についてお話ししますね。
例えば、「身体の冷えタイプ」や「疲れタイプ」は、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かったり、ハーブティーなどリラックス効果のあるホットドリンクを飲むといいでしょう。お風呂に浸かることで体温が上昇しますし、カモミールやジンジャー、シナモンなどのハーブティーは身体を温める効果があります。また、カモミールやラベンダー、ローズなどは、リラックスによるストレス解消などの効果が期待できます。
「貧血タイプ」は鉄分の多いレバー、青のり、ホウレンソウなどを食べましょう。そのときにビタミンCが豊富な野菜や果物も一緒にバランスよく食べることで、鉄分の吸収が高まります。
「リンパの流れが滞っているタイプ」はマッサージがいいでしょう。マッサージにはいろいろな方法がありますが、簡単にできる耳マッサージがおすすめです。耳たぶを持ち、耳を引っ張ったりグルグル回したり、耳を揉んだりして耳全体を1分程度動かします。耳の後ろにはリンパ節があるため、耳を動かすことでリンパの巡りをよくすることができます。鎖骨のくぼみ、わきの下などにもリンパ節があるので、マッサージ前後に軽く押しておくとより効果的です。
また、お酒が原因で「肝臓が弱っているタイプ」は禁酒期間を設けましょう。肝臓の状態にもよるので禁酒期間が一概にどのくらいとは言いにくいのですが、頑張って可能な限り禁酒をしましょう。

顔色をよく見せるために “ごまかす方法” もあります。それはメイクで隠すことです。顔色を改善させる方法を行ってもなかなか結果が出ない場合がありますので、そんなときはメイクでごまかす方法を使いながら改善していくのがベストです。
次回は、顔色をよく見せるメイク方法についてお話しします。お楽しみに!

プロフィール

花田 真理(はなだ まり) 薬剤師/美容家

大学卒業後、調剤薬局に勤務。その後化粧品業界へ転職し、薬事・商品研究開発・総括製造販売責任者等の業務に携わる。現在は、自身のブランド(化粧品「MarryMemory」、ハーブティー「Doctor&Pharma」)を立ち上げ、薬剤師兼美容家として活動中。

Doctor&Pharma : http://www.doctor-and-pharma.co.jp/

キレイのための基礎知識 ほかの記事も読む

  1. 第41回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol. 6編み込み】
  2. 第40回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.5ポニーテール】
  3. 第39回目 白衣の下に何を着る? 看護師さんの身だしなみ
  4. 第38回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.4ボブアレンジ】
  5. 第37回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.3シニヨン】
  6. 第36回目 【姿勢改善ストレッチ】姿勢美人で第一印象アップ、首・肩こり&腰痛解消!
  7. 第34回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.2ロープ編み】
  8. 第35回目 【第一印象UP!】初対面で心をつかむ「美姿の法則」①立ち方&歩き方
  9. 第33回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.1おだんご】
  10. 第32回目 【睡眠不足解消】1分カンタン夜ぐっすりの快眠テク
  11. 第31回目 【足の疲れ&むくみ解消!】10秒で効くツボ&マッサージ
  12. 第30回目 【肩こり解消!】カンタン1分体操
  13. 第29回目 【腰痛改善】4つの簡単エクササイズ
  14. 第28回目 【夜勤太り解消企画】不規則勤務でも太らないコンビニ食【まとめ】
  15. 第27回目 【夜勤太り解消企画】夜勤で太る原因とは!? 気をつけるべき5つのこと
  16. 第26回目 忙しい看護師さんの超簡単まとめ髪アレンジ2
  17. 第25回目 簡単・ストレスフリーのずぼらダイエット
  18. 第24回目 「汗・臭い」対策で体臭美人に!
  19. 第23回目 忙しい看護師さんの超簡単まとめ髪アレンジテク「くるりんぱ」
  20. 第22回目 マスク美人になるアイメイクのコツ
  21. 第21回目 マスクをしても落ちないメイクテクニック
  22. 第20回目 温泉の効能・泉質・特徴で選ぶこだわりの湯10選
  23. 第19回目 冷えに負けないポカポカ美人<後編>
  24. 第18回目 冷えに負けないポカポカ美人<前編>
  25. 第17回目 日焼け後のシミ対策とアフターケア
  26. 第16回目 意外と知らないムダ毛処理のNGポイント
  27. 第15回目 サンダルも怖くない! 「かかとケア」で素足美人に!<後編>
  28. 第14回目 サンダルも怖くない! 「かかとケア」で素足美人に!<前編>
  29. 第13回目 不織布マスクによる病院内での肌荒れ&乾燥対策は?
  30. 第12回目 看護師の勤務中に「乾燥」を引き起こす意外なアイテム
  31. 第11回目 乾燥は看護師の敵! 「乾燥肌」の種類について
  32. 第10回目 ベースメイクアイテムの違いと使い分け<後編>
  33. 第9回目 ベースメイクアイテムの違いと使い分け<前編>
  34. 第8回目 化粧直しの裏ワザ<後編>
  35. 第7回目 化粧直しの裏ワザ<前編>
  36. 第5回目 顔色をよく見せるには?
  37. 第6回目 顔色をよく見せるメイク方法
  38. 第4回目 肌荒れしないために知っておきたいスキンケアの基本 <後編>
  39. 第3回目 肌荒れしないために知っておきたいスキンケアの基本 <前編>
  40. 第2回目 ハンドクリームの選び方
  41. 第1回目 ハンドクリームについて