• 2022年6月29日
  • 2022年6月29日

オペ看護師とは? メリット・デメリットや仕事のやりがいなど

 

看護師とひとくちにいっても、外来で働く看護師は「外来看護師」、病棟で働く看護師は「病棟看護師」と呼ばれるように、主に活躍するフィールドや働き方によってさまざまな呼び方をすることが特徴です。

そして、手術室で働く看護師のことは「オペ看護師」と呼ばれます。オペ看護師は患者さんが安全に、かつスムーズに手術を受けられるよう、患者さんや医師のサポートを行うことが基本です。

今回は、オペ看護師の役割や仕事内容から、向いている方・向いていない方の特徴、やりがいまで徹底解説します。オペ看護師の仕事が気になっている看護師の方は、ぜひ参考にしてください。

オペ看護師とは?

オペ看護師とは、手術室(オペ室)の中で働く看護師のことです。職場によっては、「オペナース」や「手術室看護師」と呼ばれることもあります。

その名の通り、オペ看護師は患者さんの手術にかかわる業務を行うため、数ある看護師の働き方の中でも緊急性は特に高く、一定の経験があるベテラン看護師でなければ採用されない傾向にあることが特徴です。未経験や新人看護師を募集するオペ看護師求人はごくわずかであることを覚えておきましょう。

オペ看護師の役割

オペ看護師の主な役割は、「患者さんが安全に、かつスムーズに手術を受けられるよう、患者さんのケア・調整や医師のサポートを行うこと」です。しかし、オペ看護師の中でも「器械出し看護師」か「外回り看護師」かで、どのようにケア・サポートを行うかは異なります。

●器械出し看護師

器械出し看護師は、手術前に適切な器械や物品を準備したり、手術中に適切なタイミングで医師に器械を渡したりして、スムーズな手術進行をサポートするオペ看護師のことです。医療ドラマなどでは医師から「メス! 」と指示を出し、看護師が器械を渡すシーンもよく見られますが、この器械を渡す看護師が器械出し看護師になります。

●外回り看護師

外回り看護師は、患者さんの観察や麻酔介助、手術記録、環境整備など幅広い業務を行い、手術を間接的にサポートするオペ看護師のことです。医療ドラマなどでは医師から「汗! 」と指示を出し、看護師が医師の汗を拭くシーンもよく見られますが、この汗を拭く看護師が外回り看護師になります。

オペ看護師として働くメリット・デメリット

オペ看護師として働くことには、メリット・デメリットの両方があります。

メリット1:柔軟かつ臨機応変な対応力を培える
手術中は、突然の状況変化やちょっとしたトラブルが起こることも珍しくありません。手術室で働く医師や看護師は、どのような状況に陥っても冷静に、臨機応変に対応することが必須です。状況変化・トラブルに臨機応変に対応する能力を得る機会が多いのもメリットです。

メリット2:医療知識の向上・スキルアップがしやすい
オペ看護師は、あらゆる科目の手術に立ち会えます。特に、診療科目が多い総合病院ではなおさらです。幅広い知識を身につけられやすいだけでなく、日々進歩する医療技術にあわせて自身の医療知識やスキルをアップデートしやすいことが、オペ看護師として働くメリットです。

デメリット1:長時間の緊張状態が続くため、身体的・精神的な負担が大きい
オペ看護師は、緊迫した手術中に終始立ちっぱなしの状態となります。いつどのような状況変化やトラブルが起きるか分からないため、常時集中力が必要なうえ、長時間の緊張状態も続きます。これにより、心身ともに疲労を感じてしまいやすい点がデメリットといえるでしょう。

デメリット2:患者さんとのコミュニケーションの機会が非常に少ない
オペ看護師が患者さんとコミュニケーションをとれるのは、術前術後の問診・訪問程度です。手術中の患者さんは麻酔がかかっているため、コミュニケーションをとれません。患者さんとのコミュニケーション機会が少なく、一人ひとりの患者さんについてよく知るということができない点もデメリットとなるでしょう。

【役割別】オペ看護師の仕事内容

オペ看護師の仕事内容

外来看護師や病棟看護師と違い、オペ看護師の1日の流れは手術のスケジュールに大きく左右されるため、日によって大きく異なることが特徴です。下記に、「1日に3件の手術を控えている場合」の日勤帯で働くオペ看護師の1日の流れを簡潔に紹介します。

時間 業務内容
8:30~9:00 出勤・朝礼・申し送り・患者さんの情報収集
9:00~9:30 手術室準備・器械準備・環境整備・術前訪問
9:30~11:00 1件目の手術
11:00~12:00 手術室や器械の片付け・2件目の手術準備・術後訪問
12:00~13:00 昼休憩・術前訪問
13:30~15:00 2件目の手術
15:00~16:00 手術室や器械の片付け・3件目の手術準備・術後訪問
16:00~17:00 3件目の手術
17:00~17:30 手術室や器械の片付け・3件目の手術準備・術後訪問
17:30~18:00 終礼・手術記録の管理・申し送り

上記は、日勤帯で働くオペ看護師の基本的な1日の流れですが、前述した「オペ看護師の役割」によっても具体的な業務内容は細かに異なります。ここからは、器械出し看護師と外回り看護師に分けて、それぞれ業務内容を詳細に説明します。

器械出し看護師の仕事内容

器械出し看護師は、主に下記の業務を担当します。

  • 適切な器械や物品の準備・確認・展開
  • 手術中の器械出し

上記の通り、器械出し看護師の業務は器械や物品の管理・受け渡しが中心となります。手術を安全にかつ円滑に進行できるよう、医師から指示を受けて動くのではなく、術式や患者さんの身体についてまず理解し、先を予測して対応することが求められます。

また、体内遺残を防止するため、器械や医療材料の形状を把握したり、数量をカウントしたりすることも器械出し看護師の重要な仕事です。

外回り看護師の仕事内容

外回り看護師は、主に下記の業務を担当します。

  • 看護計画の立案
  • 術前オリエンテーション
  • 手術室の環境整備
  • 患者さんの申し送り
  • 麻酔介助
  • 手術記録
  • 患者さんの送り出し

外回り看護師の仕事内容は、器械出し看護師と比較して細かな業務が多岐にわたることが特徴です。他職種と協力のもと、患者さんや手術室内の状況を把握したり、整備・管理したりすることが求められます。

また、手術に必要な医療機器が安全に使用されるよう、日頃から保守点検を実施することも外回り看護師の重要な仕事です。

オペ看護師になるための方法は?

オペ看護師になるための方法は?

オペ看護師になるために取得しなければならない特別な資格は、特にありません。看護師免許を保有していれば、誰でもオペ看護師になれるチャンスはあります。

しかし、看護師としての経験が問われる職種でもあるため、新卒での配属は難しいといっても過言ではないでしょう。ここでは、「一定の経験のある看護師がオペ看護師として働くための方法」を説明します。

●院内で転属希望を提出する

手術室があるような総合病院に勤務している看護師の場合、転属希望を提出することでオペ看護師になれる可能性があります。すぐに希望が通ることは考えられにくいため、諦めずに出し続けることが大切です。

●ほかの病院に「手術室への配属希望」で転職する

現在の勤務先には手術室がない、転属希望がとおりにくい場合は、思い切って手術室のあるほかの病院にオペ看護師として応募することも一案です。転職応募や面接の際は、これまでの経験やオペ看護師としてどのような働きができるのかを明確にしたうえで、しっかりアピールすることが重要といえます。

オペ看護師のキャリアパス

オペ看護師は、手術室勤務でスキルや経験を積んだあと、下記のようなキャリアプランを築くケースもあります。

●ICU(集中治療室)勤務

ICUとは、救急度が最も高い「集中治療が必要な重篤患者」を受け入れる病棟・治療室のことです。オペ看護師は他職種連携のもと業務を進行することが多かったものの、ICUでは個々のアセスメント能力が重要とされます。アセスメント能力をはじめとしたあらゆるスキルアップを目的に、ICU勤務を目指すオペ看護師も多くいます。

■関連記事

●さらに大規模な医療機関での手術室勤務

手術室がある病院の中でも、小・中規模の場合は1日に3件程度の手術を行いますが、多くの手術室を備えた大規模病院では1日10件以上の手術を行います。そのため、よりスムーズに業務を進める能力のほか、スケジュール管理能力やマネジメント能力も重視されます。より幅広い能力を培うために、大規模病院での手術室勤務を目指すケースもあります。

オペ看護師に向いている人・向いていない人の特徴

オペ看護師に向いている人・向いていない人

オペ看護師の仕事内容には、向き・不向きがあります。なるべくストレスを少なくして働きたい場合は、自分がオペ看護師に向いているかどうかを把握しておくことが重要です。

ここからは、オペ看護師に向いている方の特徴4つと、向いていない方の特徴3つを紹介します。

向いている人の特徴4選

下記のような特徴をもっている方は、オペ看護師に向いているといえます。

専門性を高めたい方 オペ看護師は、基本的にあらゆる科の手術を担当します。また、一般的な看護師よりもさらに高度な看護技術が求められることから、「看護師としてだけでなく、医療従事者としての専門性を高めたい」と考えている方は、オペ看護師に向いているといえます。
患者さんに寄り添って、介助・処置ができる方 一般的な看護師も患者さんのケアや介助を行いますが、オペ看護師はより「処置」に近い介助を行います。また、これらの業務をテキパキとこなせることに喜びを感じられる看護師は、より向いているといえるでしょう。
周囲の状況を見て行動できる方 オペ看護師は、医師の指示を受けて動くだけでなく、状況を見たり先々を予測したりしながら行動することが重要です。そのため、周囲の状況を見て「今なにをすべきか」を判断することが得意な方は、オペ看護師に向いているといえます。
心身ともにタフな方 手術中は長時間立ったまま緊張状態が続くうえ、逼迫した状況の中で医師から強い口調で指示を受けることもあります。そのため、プレッシャーに強く心身ともにタフな方は、オペ看護師として働き始めても挫折を感じにくいといえるでしょう。

向いていない人の特徴3選

下記のような特徴をもっている方は、オペ看護師に向いていないといえます。

ペースを乱されたくない方 オペ看護師は、自分のペースで働くことが困難です。緊急手術が入った際は対応しなければならないうえに、業務のほとんどは医師主体となるため、常にその場にあわせた配慮や対応が必要となります。なるべく自分のペースで働きたいという方は、オペ看護師に向いていないといえるでしょう。
患者さんとのコミュニケーションを重視している方 オペ看護師が患者さんとコミュニケーションをとれるのは、術前術後程度です。またこのときも、じっくりとコミュニケーションを楽しめるわけではありません。患者さんとのコミュニケーションを大事としている看護師は、オペ看護師に向いていないといえるでしょう。
夜勤帯メインで働きたい方 オペ看護師は、日勤帯での勤務が基本となり夜勤はほとんどありません。そのため、「夜勤帯メインで働きたい」「夜勤手当による給料アップを狙っている」という方は、オペ看護師として働くことに向いていません。

なお、いずれかの特徴をもっているからといってオペ看護師として働けないとは限りません。実際に働き始めると、自然にオペ看護師としての適性が身につくケースも多々あります。

オペ看護師の仕事はつらい?

オペ看護師の仕事はつらい?

オペ看護師は、一般的な看護師ではできない経験ができたり、より専門性の高い知識を身につけられたりできる一方で、つらいと感じる点もあります。ここでは、オペ看護師の仕事が特につらく感じる瞬間を紹介します。

●オンコール待機の日は休みでも気が抜けない

オペ看護師は、オンコール待機の日にもしも緊急手術が入ると、すぐに駆け付けなければなりません。そのため、たとえ出勤をせず自宅にいても急な呼び出しに備えねばならず、気が休まらないということも多々あります。

●常に勉強が必要となる

一般的な看護師は、配属される科が決まっていることが通常です。しかし、オペ看護師は複数科の患者さんの手術に対応しなければならず、それだけ幅広い知識が求められます。病気や手術に関することのほか、使用する器具の勉強を常にしなければならないことは、つらさを感じる一因となりえるでしょう。

オペ看護師はやりがいも多い仕事!

オペ看護師は大変なこと・つらいこともありますが、責任感のある仕事を任されることからやりがいも多くある仕事です。最後に、「オペ看護師がやりがいを感じる瞬間」を紹介します。

●手術をトラブルなく円滑に進められたとき

医師からの指示を受けて動くのではなく、医師が指示を出すタイミングで適切な器械の受け渡しができたときや、医師だけでなくほかの職種のスタッフが動きやすいようしっかり環境づくりができたときは、よりスムーズに手術を進められます。目に見えて分かる円滑さは、大きな達成感ややりがいにもつながるでしょう。

●多職種連携のもと緊急手術を乗り越えたとき

通常の手術は手術直前に入念な準備を行いますが、緊急手術の際はより素早い準備と、状況を見ながらのより適切な判断が求められます。トラブル発生のリスクも高い緊急手術を、上手なチームプレーで乗り越えたときは、日頃の看護業務では得られない達成感・やりがいを得ることが可能です。

【番外】オペ看護師の「あるある」とは?

オペ看護師の「あるある」とは?

ここまでの内容で、オペ看護師の基本的な役割や仕事内容は把握できたものの、実際の勤務環境が見えてこないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、より実際の現場をイメージしやすくなるよう、オペ看護師にまつわる「あるある」を紹介します。

●目元だけメイクをする

手術室が主な仕事場所となるオペ看護師は、常に帽子・マスクを着用しているため、顔周りで唯一露出されるのは目元だけとなります。そのため、目元だけばっちりメイクをするのは、オペ看護師あるあるです。

●丁寧な手洗いが標準になる

オペ看護師は、感染症の原因となるウイルスを除去すべく、手術前になると入念に手洗いを行います。いつしか丁寧な手洗いが癖となり、プライベートでの手洗いも人一倍丁寧になってしまうのは、オペ看護師あるあるといえるでしょう。

●手の代わりに足を使うことが癖になる

手術室に入る前は、入念な手洗いを行い手指消毒を行います。その後、滅菌していないものを手で触ることができないため、足を使ってものを動かすことが多々あります。この癖は日常生活でも尾を引き、手の代わりに足を使ってものを動かすことが癖になることもオペ看護師あるあるです。

■関連記事

まとめ

オペ看護師とは、手術室で働く看護師のことです。主な役割は患者さんが安全に、かつスムーズに手術を受けられるよう、患者さんのケアや介助を行ったり医師のサポートを行ったりすることですが、具体的な仕事内容は「器械出し看護師」「外回り看護師」によって異なります。

オペ看護師の仕事は大変なことばかりではなく、多くのやりがいもあります。一般的な看護師とは働き方や必要な知識も異なるため、向き・不向きはあるものの、「患者さんの介助や処置が好き」という看護師であれば誰でも活躍できるチャンスのある働き方といえるでしょう。

「マイナビ看護師」では、オペ看護師の求人情報も豊富に掲載しております。無料転職サポートサービスでは、業界に精通したキャリアアドバイザーがマッチ度の高い求人のご紹介や履歴書の添削、応募先への条件交渉などあらゆるサポートを提供しているため、転職活動に不安のある看護師の方はぜひご相談ください。

※当記事は2022年6月時点の情報をもとに作成しています

著者プロフィール