• 2021年11月25日
  • 2021年11月25日

看護師長の役割とは? 年収や求められる資質を解説

 

「看護師長はどんな仕事をしているの? 」「給料はどのくらい貰えるの? 」など、看護師長について興味をもっている方は多いのではないでしょうか。また、看護師長以外の管理職を目指している看護師の方もいるでしょう。

この記事では、看護師長や看護部長、看護主任といった管理職の役割について解説。看護師長の年収やなり方もまとめているので、キャリアアップをめざす方はぜひ参考にしてください。

看護師長の役割とは?

看護師長は、一般企業でいうと「課長」のような役職です。担当部署のマネジメントや看護師の管理、他部門との連携、患者の把握などを行っています。

以下では、看護師長の役割や業務内容について詳しく解説します。

担当部署のマネジメント

看護師長は病棟や外来、手術室など、所属している部署の看護師がスムーズに仕事ができるよう、副師長や看護主任と協力して部署をまとめます。また、担当部署の目標を設定し、達成できるように全スタッフに働きかけも行います。

看護師の育成・管理

担当部署に所属する看護師の育成を行うのも、看護師長の大事な役割です。看護師一人ひとりの知識・技術レベルを把握して教育を行うだけでなく、キャリアプランや部署異動の相談にのるなどキャリア支援も行います。

また、定期的に面談の機会を設け、メンタル面のケアも実施。皆が前向きにやりがいをもって働けるようサポートするのも、看護師長の大事な役割です。

他部門との連携

看護師長は担当部署のトップとして、医師や他部署と交渉・折衝を行います。現場の看護師と他部門をつなぐ橋渡し役です。

医師や他部署と連携が必要な問題には、看護師長が代表して交渉を行い、早期解決を図ります。また、経営陣に現場の状況を伝えるなどして、看護師が働きやすい環境をつくるのも大事な仕事です。

患者の人数や状況の把握

病棟に入院している患者の人数や状況に加え、これから入院・転院・退院をする患者の情報も把握しておく必要があります。

ベッドに空きがあるからといって重症患者をどんどん受け入れていたら、看護の手が回らなくなる恐れがあります。看護師に疲労が溜まってしまい、インシデントを起こす可能性もあるでしょう。病棟全体の状況を把握することが、適切な治療や看護を行えることにつながるのです。

トラブル発生時の対応

患者やその家族と看護師の間でトラブルが発生することもあります。ちょっとした誤解やすれ違い程度のトラブルであれば、看護師本人や看護主任によって解決は可能でしょう。しかし、なかなか解決できないトラブルが発生した場合は、看護師長が間に入ります。

また、緊急入院や急変などがあり現場の看護師だけで手が回らないときは、一時的にフォローに入ることもあります。

看護師長の1日の流れ

看護師長と看護師の女性

看護師長は看護師の管理や患者の把握、他部署との連携など、1日を通してさまざまな業務を行います。

看護師長の1日のスケジュール例は、以下のとおりです。

8:30 病棟の朝礼
9:00 管理者の申し送り
10:00 ラウンド
11:00 入退院の調整業務
12:00 昼休憩
13:00 会議
14:30 ラウンド
15:30 業務の進捗確認
16:00 面談
17:15 終礼

朝は病棟の朝礼のあとに、管理者同士で部署間の申し送りを行います。
管理者の申し送りでは、当日のスタッフの出勤状況や患者の入退院の情報を共有。状況によっては、看護師長たちが話し合い、病棟間で人員調整を行うこともあるようです。

日中は病棟内のラウンドを行い、患者の様子や看護状況を把握します。患者や現場の看護師とコミュニケーションを取ることも、看護師長の大事な仕事のひとつです。業務の合間にメールをチェックするなど、事務的な業務も行います。

看護師長以外の管理職とその役割

看護部長の女性

看護師には、看護師長のほかに看護部長や看護主任といった役職があります。看護師長の上のポジションが看護部長で、看護師長の下のポジションが看護主任です。

ここでは、看護部長と看護主任の役割や仕事内容を紹介します。

看護部長

看護部長は、一般企業でいうと「部長」のような役割です。看護部におけるトップの立場として、経営陣と看護部の間に入り、お互いに不利がないよう調整を行っています。 看護部長が行う業務は、以下のとおりです。

  • 看護部の目標設定や業務計画の作成
  • 看護師長への計画の指示
  • 看護師の採用計画
  • 施設運営の参画
  • 病院長や経営陣との折衝
  • 看護師の教育計画の作成

看護部長は、看護師長よりも包括的にマネジメント業務を行います。病院長や経営陣を補佐する立場として、病院運営にも携わるのです。そのため、一般的な看護師業務を行うことはほとんどありません。現場での業務よりもデスクワークが中心となります。

看護主任

看護主任は、一般企業でいうと「係長」のような役割です。看護師と看護師長のパイプ役として、一般看護業務を行いながら看護師長をサポートします。

看護主任が行う業務は、以下のとおりです。

  • 日々の看護業務
  • 看護師長のサポート
  • 看護師への指導、教育
  • 新人看護師の研修
  • 部署内の患者の把握
  • 部署の問題把握と改善へ向けた取り組み

看護主任は現場で働く看護師からすると、最も身近な存在の管理職です。そのため、看護師からさまざまな相談事や悩み事を持ちかけられることがあります。管理職として部署全体を見るのはもちろんですが、一人ひとりの看護師のケアをすることを求められています。

看護師長の年収

看護師長の年収イメージ

日本看護協会の「2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査」によると、看護師長の基本給月額の平均は37万949円です。管理職手当額の平均が4万5,439円のため、看護師長の月給は41万6,388円になります。勤務する医療機関によって基本給や手当は異なりますが、看護師長の月給は40万円前後が相場のようです。

なお、看護師長を含む中間管理職の賞与は124万5,754円です。そのため、看護師長の年収は624万2,410円となります。

同資料によると非管理職の基本給月額の平均は32万3,298円で、賞与が89万1,909円です。単純計算すると、年収は477万1,485円になります。夜勤手当などの諸手当をつけても、年収は500万円前後でしょう。

看護師長は非管理職に比べて、100万円ほど年収が高いことがわかります。

一般的に看護師は給料が高いといわれていますが、管理職にキャリアアップすることで、さらなる収入アップが見込めるでしょう。

【参照元】

日本看護協会

看護師長に求められる資質

看護師長に求められる資質

ここでは、看護師長に求められる3つの資質を紹介します。看護師長をめざす人は、自身に3つの資質が備わっているか確認してみましょう。

1.リーダーシップ

看護師長は所属する部署のトップに立つため、リーダーシップが必要不可欠です。

リーダーシップといっても、皆に指示を出して引っ張っていく力だけではありません。部署の目標に向かって率先して取り組んだり、現場で働く看護師の声に耳を傾けて意見を拾い上げたりすることが大切です。

部下のキャリアをサポートするために、長所や適性を見極める力も必要といえます。

2.コミュニケーション能力

看護師長は担当部署の代表として他部署と連携や交渉を行うため、高いコミュニケーション能力が求められます。他部署の意見を尊重しつつも、自分たちの意見を積極的に発信しなければならないのです。

また、上層部からの意見を、担当部署の看護師たちにわかりやすく伝える力も必要です。相手の立場に立って、物事を考える姿勢が大切といえます。

3.状況把握力と冷静な判断力

看護師長は、担当部の状況をつねに把握していなくてはなりません。業務内容や患者の状況、人間関係、職場環境など、あらゆる観点から物事を見ておく必要があります。

トラブルが起こったときには、冷静な判断力も必要です。トラブルの原因を分析し、早期解決に向けた行動が求められるのです。

看護師長になるメリット・デメリット

看護師長の女性

ここでは、看護師長になるメリットとデメリットを紹介します。

メリット

看護師長は目標を考えたり教育方針を決めたりなど、担当部署のマネジメントを行います。一人の看護師としては言いづらかったことでも、看護師長という役職がつくことで意見を言いやすくなる場合もあるでしょう。

また、看護師長は責任ある仕事の分、管理職手当がつきます。勤務する医療機関によって異なりますが、4万円から5万円ほどの管理職手当がつくのが一般的なようです。非管理職のころと比べると、かなりの給料アップになるでしょう。さらに、看護師長には基本的に夜勤がありません。日勤がメインとなるため、規則正しい生活ができるのもメリットといえます。

デメリット

看護師長は担当部署をまとめる立場のため、非管理職の看護師よりも責任が重くなります。担当部署の看護師が起こしたインシデントについて、責任を問われることもあるでしょう。

また、看護部長や経営陣といった病院の上層部と、部下である看護師の板挟みになることも。経営を行う上層部と現場で働く看護師の考え方は異なるため、ときには意見が割れることもあります。間に立つ看護師長は、どちらの意見も理解できるでしょう。双方の意見を理解したうえで、難しい判断をしなければならない場面もでてきます。

看護師長になるには

看護師長になろうとしている女性

看護師長になりたいと声を上げたからといって、いきなり非管理職の看護師が看護師長に抜擢されることはほぼありません。看護主任の経験を積んでから看護師長になるパターンがほとんどです。

まずは、看護主任になって、看護師長のサポートをしながらマネジメント力を養いましょう。管理職研修や勉強会などに参加して、知識を増やすことも大切です。 看護主任として経験を積んだら、看護師長をめざします。医療機関によって異なりますが、看護師長は推薦や昇進試験によって決められる場合がほとんどです。推薦の場合、スキルはもちろんですが上司との人脈づくりも大切といえるでしょう。昇進試験の場合は、スキルや人柄、勤続年数などをトータルで判断して試験を受ける人が選ばれます。

まとめ

看護師長になると管理職として責任は重くなりますが、その分やりがいも増えます。部署のマネジメントに携われるようになるので、問題点や改善点があれば解決に向けた取り組みをすることも可能です。同じ病院に長く勤めてキャリアを築きたい方は、自身が働きやすい環境を作るために看護師長をめざすのも良いでしょう。

なお、看護師長になるにはタイミングも重要です。看護師長になりたくても、ポストに空きが無い場合は難しいでしょう。また、勤めている医療機関に看護師長やそれに値する役職がなければ、就くことはできません。現在勤めている医療機関で看護師長をめざすのが難しい際は、転職をするのもひとつの手です。転職先で経験を積んで看護師長をめざす方法もありますし、看護師長の求人に応募する方法もあります。

キャリアアップをしたい、看護師長をめざしたいという方は、「マイナビ看護師」にご相談ください。

マイナビ看護師では専任のキャリアアドバイザーがご要望をお伺いし、条件に合った求人をご案内いたします。応募書類の添削や面接対策、条件交渉などのサポートも行っているので、転職が初めての方も安心です。まずはお気軽にお問い合わせください。

著者プロフィール