看護師の求人・転職情報はマイナビ看護師日本最大級の看護師転職サービス

個人インタビュー

個人インタビュー

医療法人財団医道会 十条武田リハビリテーション病院

徳永 真弓
徳永 真弓さん 5階病棟

一般企業や病院勤務を経て2017年に入職。リーダー業務も任され、良き相談相手として後輩たちからも慕われている。趣味は「おうちヨガ」。朝晩欠かさず行い、リフレッシュ効果もバツグンとのこと。

「長く続けられる仕事」がしたくて看護師になりました

社会人経験後に看護師になったそうですね。

社会人経験後に看護師になったそうですね。

看護師として働くのは当院が初めてです。以前も病院に勤務していたことがありますが、その時は病棟クラークでした。日々、看護師のみなさんと接するなかで、一人のベテラン看護師の方が「この仕事はとてもやりがいがあって、だから長く続けてこられた」と言ったことが印象に残りました。病棟クラークだと患者さんにふれられないので、そのことにジレンマも感じていました。ずっとやりがいが味わえる仕事なら自分もチャレンジしたいなと思い、一念発起して看護学校に通うことにしました。

十条武田リハビリテーション病院を選んだ理由は?

十条武田リハビリテーション病院を選んだ理由は?

看護学校の先生から「あなたは回復期やリハビリ系の病院が向いている」と言われました。主人からも「患者さんとじっくり向き合うような看護が合っていると思う」と言われ、回復期の病院を探すことにしました。そこで知ったのが当院でした。福利厚生がしっかりしていることや武田病院グループで、急性期~慢性期、在宅分野まで幅広く関われるチャンスがあるため「この病院なら大丈夫」と考えて入職をすることにしました。実際に働いてみて感じるのは、ワークライフバランスが充実していて、仕事とプライベートが両立できること。患者さんと向き合うなかでやりがいはしっかりと味わえますし、その一方で残業もほとんどなく、プライベートの時間も充実できています。

患者さんの安心の笑顔を見たときにやりがいが生まれます

仕事のやりがいを教えてください。

仕事のやりがいを教えてください。

一つは患者さんと心のつながりができることです。骨折で緊急入院をした認知症の方のケースですが、環境の変化に混乱されていたため、訪室回数を増やし、折をみて声掛けを繰り返すようにしました。その内に、落ち着きを取り戻し、私の姿を見るとニコッと笑うようになってくれました。こうしたエピソードはたくさんあります。患者さんから信頼され、安心した笑顔を見せてもらえるときがやりがいです。また、現在私はリーダー業務を任されていて、病棟スタッフの業務調整なども行っています。チームワークをより円滑にしていくための取り組みに関してもやりがいを感じます。

転職を考えている方へのアドバイスを。

転職を考えている方へのアドバイスを。

当院は職員のことを大事にしてくれる病院としての体制や風土があります。 残業がほとんどない理由も、チーム内での助け合いが根付いているから。何か困ったことがあればチームの方が自然と手を貸してくれます。 定時間際に緊急入院があった際にも、もちろん出来る限りの対応をしますが、夜勤の方が嫌な顔もせずに、快く引継ぎ対応をしてくれます。職員同士の仲も良く、手作りのお菓子をみんなで楽しんだりすることも(笑)。いい病院に出会えて良かったなと感じています。

個人インタビュー

医療法人財団医道会 十条武田リハビリテーション病院

設立
2008年11月
所在地
京都府京都市南区吉祥院八反田町32番地
企業の特色
地域社会の医療活動に幅広く貢献。回復期医療にも積極的に取り組んでいます。 2005年9月には365日リハビリテーションを開始しました。回復リハビリテーションとプライマリーケア、入院から居宅まで一貫した治療・看護を行っています。
全文表示する

医療法人財団医道会 十条武田リハビリテーション病院についてはこちらから

医療法人財団医道会 十条武田リハビリテーション病院の
その他の記事