看護師の求人・転職情報はマイナビ看護師日本最大級の看護師転職サービス

看護師の職場カルテは実際に働く看護師さんや、
職場の声をご紹介する転職応援マガジンです。

1979年に開院した津田沼中央総合病院は、長く地域に親しまれ、2019年で40周年を迎える病院です。病床は314床。救急から急性期において高度医療を提供するほか、回復期リハビリ病棟や退院支援も充実するケアミックス型の病院で、地域医療の拠点となっています。看護師は基本的に本人が希望する部署に配属され、ほかの看護分野に興味が湧いたら異動もスムーズです。教育体制も整っており、中途入職者には一人ひとりのスキルや経験を把握したうえで教育。経験の浅い方は一対一の支援者がフォローするほか、チームナーシングを通して育てていきます。お休みは月10日が確保され、有休もしっかり。時短勤務や院内保育園が完備されているので、子育て中の看護師も多く活躍しています。キャリアパスも管理者から認定看護師などのスペシャリストまで、多彩に広がっています。

医療法人社団愛友会 津田沼中央総合病院
記事一覧

クリックして記事カテゴリーを絞り込み

件 / 3の記事を表示しています

もっと見る

キャリアアドバイザー
おすすめポイント

キャリアアドバイザー画像

津田沼中央総合病院では、看護師が働きやすく、成長につながる環境づくりに力を入れています。その象徴が看護部のために設けられたキャリア支援センターです。会議の場として活用されるだけでなく、情報収集や勉強、また今後のキャリア形成や働き方の相談も気軽にできる看護師のためのスペースです。中途入職者に関しては一人ひとりに合わせた教育を行うほか、中途入職者を支援する教育委員会活動も展開。年に一回は中途入職者同士の茶話会を開いており、他部署の方とも交流を深めたり悩みを共有できます。また、どの病棟や外来もスタッフ同士の声かけが活発なのでコミュニケーションが良好。職場の人間関係で悩むことがないから離職率も低く、ベテラン看護師が多いのが特色です。若手看護師も増えており、仲間ができやすい職場です。

医療法人社団愛友会 津田沼中央総合病院

医療法人社団愛友会 津田沼中央総合病院

設立
1979年12月
所在地
千葉県習志野市谷津1-9-17
企業の特色
■病床数
314床【一般7対1 152床/ハイケアユニット1 8床/障害者10対1 46床/回復期リハビリ病棟1 58床(4西)/回復期リハビリ病棟1 50床(4東)】
■診療科目
外科/内科/消化器科/循環器科/整形外科/脳神経外科/小児科/血管外科/婦人科/皮膚科/泌尿器科/眼科/透析科/リウマチ科/リハビリテーション科/麻酔科/放射線科/病理診断科/人間ドック・各種健康診断/訪問看護/医療福祉総合相談
全文表示する

医療法人社団愛友会 津田沼中央総合病院についてはこちらから

近くの都道府県で探す

その他の都道府県から探す