サイト内の現在位置

看護師の職場カルテ

気になる職場の声をお届け

京都府

日本郵政株式会社 京都逓信病院

京都逓信病院は大正時代に逓信省(現・日本郵政)の職員とその家族のための病院として開設されました。1981年からは一般診療を開始し、地域の中核病院として急性期から慢性期までの医療を提供しています。専門外来として、睡眠時無呼吸症候群の検査・治療、人工内耳聴覚言語センターを設置しており人工内耳手術後のリハビリを行っています。さらに各種肛門疾患に対しての治療や創傷治療にも特化しています。看護部の理念は、「専門職として地域・技術・感性・創造性を活かし、全ての人々にあたたかい看護を提供します」を掲げ、患者さまとの関わりを大切にし、日々看護を行っています。そしてワークライフバランスにも取り組んでおり長く働き続けられる職場ということも魅力です。

個々が成長できる支援体制を整えています
風通しが良く、チームワークの良さも自慢です

プリセプターが個々の経験やペースに合わせ入職者をフォローします
入職者にどのような教育を行っていますか。

【森下】新卒者はもちろん既卒者にもプリセプターをつけフォローをしています。一人ひとりのスキルやペースに合わせてオーダーメイドの教育を行っています。
【一筆】入職者には約1年間プリセプターをつけています。プリセプターとシフトが合わない日は副看護師長や看護師長がフォローしています。e-ラーニングによる自己学習支援もあります。

仕事のやりがいについて教えてください。

【宮本】私がこの仕事に就いて、患者さまと接することで自分が励まされている、と強く思います。
【一筆】私たちの仕事は患者さまとの関わりのなかで喜びややりがいを感じるもの。心に寄り添うことが大切になってきます。
【宮本】患者さまに安心感を提供できる看護師になれるように、技術面・精神面ともに成長していきたいと思っています。
【森下】当院は退院支援にも力を入れていきます。患者さまが在宅に帰られた後の生活まで見据えて看護を行うためには、必然的に、患者さま自身や生活背景について深く理解をすることになります。住み慣れた場所でその人らしく暮らすことができるよう力になりたい、患者さまのこころに寄り添った看護をしたいと思う方は、やりがいを感じながら楽しんで仕事をしていただけると思います。

「学生時代に当院に実習に行った同級生から、皆さん優しく雰囲気が良かったと聞き、興味を持ち応募しました。実際に働いてみて、親身にフォローしていただけるので入職をして本当に良かったと思っています」と宮本さん。
職員同士のコミュニケーションが良く取れていて、風通しの良い職場です
どのような職場の雰囲気ですか。

【宮本】プリセプターの方だけではなく、誰もが親身になって相談に乗ってくれる環境なので、本当にありがたいです。
【一筆】職員同士のコミュニケーションは良く取れていると思います。大きな規模の病院ではないので、職員同士の顔と名前も分かり、距離が近いです。また、季節ごとに院内イベントを開催しており、クリスマスにはロビーコンサートを開催しました。看護師だけでなく、ドクター、コメディカル、事務員など有志が集まり、ハンドベルやピアノ、バイオリンなどを練習し演奏をしました。患者さまと一緒に歌ったり、手拍子をしたりして楽しい時間を一緒に過ごせるので、毎年楽しみなイベントです。
【森下】チームワークを大切にし、お互いに協力し合える風土は当院の魅力だと思います。たとえば、朝のカンファレンスでは、患者さまにどのようなケアやプランが必要か、新人もベテランも関係なく話し合える場となっています。これからもチームワークを大切にし、お互いを刺激し合い成長できる職場環境にしていきたいです。

看護部研修は、看護管理・コミュニケーション・接遇などをテーマに企画・実施をしています。救急トレーニング・医療安全・院内感染防止対策などをテーマに全職員研修も実施しており、質の高い看護ケアの提供をできる人材育成を目指しています(写真は研修風景)

患者さまやご家族はもちろん
地域の方々とのふれあいを大切にしています

患者さま・ご家族と看護計画を共有し、共に同じ目標を目指しています
京都逓信病院で行っている看護について教えてください。

患者さまとの関わりを大切にしており、その看護部の姿勢を象徴しているのが、当院で取り入れている患者参画型看護計画です。病棟では、看護師や患者さま・ご家族が書き込めるノートを、同じ目標を目指すツールとして用いており、患者さま一人ひとりの気持ちを大切にしながら看護を提供しています。院内では交換ノートと呼んでいます。看護師が看護計画と併せて、患者さまの入院生活の様子を記載をすると、ご家族から「入院して間もないので、どのように過ごしているかがわかり安心しました。」という声をいただいたこともあります。また、患者さま・ご家族から、医療者側へ直接言いにくいことや心配事、ご要望、ご家族ならではの気づき等を記載していただくこともあり、患者さま、ご家族、医療者間で情報共有し、その内容を看護計画に加えたこともありました。また、薬剤師や管理栄養士も記載しており、患者さま・ご家族と繋がるコミュニケーションの手段として活用しています。

「患者さまと深く関われるのも当院の魅力です。」と病棟スタッフの皆さま。助け合い、協力し合える人間関係の良さ、有給休暇の取得のしやすさなど、働きやすい環境のもと、看護に専念することができる。
地域の方々の健康増進に関わる機会を持てることも、刺激とやりがいに
地域住民とのつながりについて教えてください。

地域貢献の一環として、祇園祭や学区内の運動会へ救護班として参加し、体調を崩された方や怪我をされた方の手当をしています。当院で治療をしていた患者さまと出会うこともあり、元気な姿を見ると嬉しくなります。学区内の文化祭には医師と訪問し、健康相談や骨密度測定を行ったことも。中学生や高校生の職業体験も受け入れています。院内では七夕やクリスマスなど季節のイベントを開催しています。地域住民の方と接し、身近な存在として当院を知ってもらえることは、私にとっても大きなやりがいになっています。

他職種と連携して糖尿病教室を開催されているそうですね。

医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士などと連携し、患者さま・ご家族を対象に糖尿病教室を月1回、食事療法、日常生活、運動療法などのテーマで開催しています。また当院で治療中の患者さまには、グループランチ(外来集団栄養指導)も行っており糖尿病専門医と一緒に食事をしながら食事療法について学べる会や、ゆうゆう会という糖尿病患者の会もあります。

「外来は病院の顔ということを意識し、患者さまに気持ちよく安心してご利用いただけるように、笑顔で丁寧な対応を心がけています。」と外来スタッフの皆さま。

育児支援制度が整っており
長期的に勤務ができる職場環境です

子育てに理解のある職場環境で、育児支援制度も充実しています
どのような子育て支援制度が役に立っていますか。

【西】私は現在、2歳の子供を保育園に預けて仕事をしています。最大2時間の育児部分休業制度があり利用をしています。当院は変則三交替のため、夜勤免除制度を利用せずに働くこともできます。13時10分まで半日勤務をしてから深夜入りをするので、しっかりと自分の時間が取れます。夕飯の支度や、翌日の授業の時間割の準備など、子どもと共に過ごす時間が持てるので、夜勤があっても育児と両立できるのが当院の変則三交替のメリットだと思います。

子育てに理解がある職場なのですね。

【吉崎】私は子どもが3人いて、一番下の子は小学生にあがります。出産後に引っ越しをして通勤に1時間以上かかるようになったのですが、転職は考えませんでした。手厚い育児支援制度だけではなく、人間関係に恵まれており、職場で仕事と育児を両立されている方たちを見てきていたので、通勤に時間がかかっても京都逓信病院で働きたいと思いました。実際に、子どもが突然熱を出した時に、保育園から迎えに来てくださいと連絡が来ても、職場の皆さんは「迎えに行ってあげてね!」と快く業務を引き受けてもらい送り出してくれます。

「私の母も看護師で、夜勤で母がいない日に寂しい思いをしていた記憶があります。今は育児部分休業制度を使い、子どもと過ごす時間を確保できています。子育てに理解のある職場でありがたいです」と西さん。
認定看護師資格取得など、専門職としてのキャリアアップを支援します
認定看護師取得のための支援制度があるんですね。

【森下】院内と本社で選考の上、選ばれると認定看護師取得のための支援を受けることができます。研修費など負担してもらえ、学習に専念できるので非常に魅力的な制度だと思います。
【亀山】私は当院に就職してから認知症ケア専門士の資格を取得しました。シフト希望は毎月5日まで出せるので、有給休暇を利用して研修に参加することができました。周りも理解があり、協力的なので嬉しいです。資格取得のための勉強をすると、ケアの根拠が明確になるので、以前より自信を持って患者さまに接することができるようになりました。資格取得後や研修後は、学んだことを院内で共有する伝達講習を行い、皆で知識を高められるようにしています。

どのような人材を求めていますか。

【森下】「患者さまの気持ちに寄り添った看護をしたい方」に来ていただきたいです。当院は、開業医と大規模病院の橋渡し的な役目をしている病院です。当院の規模は大きくはありませんが、混合病棟の為、複数の科目の経験を積むことができますし、学びたいと意欲的な方を支援する体制も取っています。そして、結婚・出産後も働いている看護師が多いので、是非長期的に働きながら自身のキャリア形成をしていただけたらと思います。

「他の病院を経験してきたスタッフが多く、いろんな情報が吸収できるのも当院の魅力です」と話す亀山さん。

今回の取材を通して感じたのは、京都逓信病院の看護師の皆さまが「職場に愛着を持ち仕事をしている」ということです。そして看護師の皆さまの笑顔が印象的で、明るく風通しの良い職場だと感じました。患者さま・ご家族と共に同じ目標を目指すために取り入れている交換ノート形式の看護計画、そして、術前術後のプレパレーションにも取り組んでおり、患者さまの心に寄り添った看護を提供されていらっしゃいます。また、入職者にもプリセプターをつけ、個々のペースに合わせた教育プランを立てているので安心です。年間休日は124日と多く、福利厚生、子育て支援制度、認定看護師取得の為の支援制度などが整っており、看護師として成長しながら結婚後も長期的に働ける病院です。電子カルテ導入済みで、交通アクセスが良いのも魅力です。

日本郵政株式会社 京都逓信病院

設立 1923年11月
所在地 〒604-8798 京都市中京区六角通新町西入西六角町109
病床数 99床
企業の特色 ・利用者中心の医療を目指し、患者さまの権利を尊重した診療体制による医療と看護を提供します。
・信頼される質の高い医療を目指し、医療の意識・技術の研鑚、医の倫理の高揚、チーム医療を推進します。
・地域及び職域の中核医療機関として、地域の医療機関及び関連諸機関と連携を密にし、健全な経営に努めます。
・社員一人一人が常に研鑚し、利用者の健康の保持及び生活の向上に貢献し自らの成長と利用者の満足に喜びを感じられる医療環境をつくります。